オタクでもモテたい!自分のスタイルを崩さずモテる方法。


f:id:mozzarellatan:20171023152458p:plain


街を歩いているとカップルばかりが目につきます。僕は24歳にもなるのに、彼女いない歴が年齢に比例しているというのが悲しい現実です。これも、自分の見た目とオタクな趣味が関係しているのかもしれません。学生時代から、女子たちには陰で「○○君ってオタクっぽくない。きもいよね」と言われていたこともありました。確かに「オタク=暗くて気持ち悪い」というイメージはあるかもしれません。


[スポンサーリンク]


オタクな趣味を卒業できない


学生時代にもてる男子の特徴と言えば、ノリが良くて見た目がかっこよく、尚且つ、スポーツや勉強もできる人でした。どれも中途半端な僕としては、自分に誇れるものは、好きな漫画やゲームに関して熱く語れるぐらいです。同性同士なら盛り上がれる話でも女子にとっては「わけわかんない」と言われそうなことばかりで、モテることとは程遠い半生でした。


モテるためには、オタクな趣味を卒業すべきだとはお思いつつも、これをやめてしまったら「生きている意味がなくなる」と感じ、どっちつかずのまま20代も半ばになってしまいました。「このままではいけない」と痛切に感じてきた僕は、一大決心をし、「絶対に彼女を作る」ことを目標にし、モテるためのノウハウを探すことにしました。「オタクのままモテたい」というずる賢い性格の僕がやってみた方法をいくつか紹介します。


見た目のスタイルを改善


まず、見た目のスタイルの改善から始めてみました。地味で暗いイメージを一新するために、勇気を出して訪れたのが都心の美容室です。「さわやかな青年に見られるようにイメージチェンジしたい」と希望を出してカットしてもらうことにしました。美容師の勧めで、黒髪もほんのりブラウン系にしたことで顔全体の印象も明るくなりました。


f:id:mozzarellatan:20171013160701p:plain


「これが自分なの?」と思うほどの変身ぶりでした。「いい感じに仕上げておきました」というチャラい系の美容師さんの言葉に納得ができるような感じです。何となく、ヘアスタイルを変えただけであか抜けない服装をしていても、少しだけ持てる男に近づいたような気がしました。


また、今まで、洗髪後にはドライヤーで乾かすこともなかったのですが、美容院でカットしてもらってからは、毎日、必ずドライヤーでしっかりと根元から髪を乾かし、出かけるときにはワックスなども使いヘアスタイルを整えました。まず、恋愛対象として見てもらうためにも、見た目の清潔感は女子の好印象を勝ち取ること間違いなしです。


ファッションを変える


次に試みたのはファッションを変えることです。女子が好きそうなちょい悪系か清潔感あふれる正統派系かどちらにするか迷ったのですが、僕自身が、おとなしい背k疎な感じの女子が好みなので、彼女たちが好きそうな「正統派男子」のファッションを目指しました。それまで、ファッションに全く無頓着だったので、正直なところ「何を着て良いのか」がさっぱりわかりませんでした。


[スポンサーリンク]



そこで、この点に関してもプロに任せることにしました。「ここはいいかもしれない」というセレクトショップに入り、優しそうな店員さんを見つけて上から下までコーディネートしてもらったのです。上下セットで2つ色違いで購入し、しばらくはこのパターンばかり着ることにしました。ファッションは自信がない時は特に、オーソドックスなスタイルが一番おすすめです。誰が着ても似合うような体のラインやカラーのものを選ぶのです。


今どきのヘアスタイルに、ダサくないファッションを手に入れた僕は、街を歩いていても今まで感じたことがなかった女子の好意的な視線を受けることができました。こうして、準備段階が整ったら次は実戦に入ります。


f:id:mozzarellatan:20171011030143p:plain


イベントやオフ会に参加


同じ漫画が好きな人のSNSコミュニティーに入り、イベントやオフ会などに一緒に参加するのです。趣味が同じなので、とにかく話題が尽きることがないのがポイントです。普通の出会いなら、緊張してしまい話すこともたどたどしくなってしまう僕ですが、オタクな趣味なら語りつくせないほどの情報を持っています。相手の女子が知りたいような情報を話すこともできるので、時には尊敬してもらえることもありました。


しかも、次回の約束が取り付けやすいのも魅力です。「次のオフ会には一緒に行かない?」と誘いやすいんです。相手も、二人っきりで会うわけでもないので「いいよ」と了承してくれることがほとんどです。こうして、何回かイベントやオフ会に参加しながら、相手との距離を詰めていきお付き合いにつなげました。付き合いたいからと言って焦らないことも大切です。


まとめ


こうしてお付き合いできた彼女ならお宅のママの僕を愛してくれるし、趣味が一緒なので話も合うし、いつも行動ができます。自分のスタイルや大切にしたいものを崩すことなく、女子にもてたいのなら見た目の改善は必須です。暗くてじめじめした感じの男子が話しかけてくるのと、清潔感あふれる明るい男性が話しかけるのでは相手の女性の対応が全然違います。友達から恋人になりたいのなら、相手から異性で見られる努力が必要だと思います。



www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ