賭け事やギャンブルをする男性はモテない確率が高いらしい。


f:id:mozzarellatan:20171022034355p:plain


昔からギャンブルや賭け事が好きで、大学生の頃から時給の高いアルバイトをしてましたが、週末にパチンコやパチスロや競馬や競艇などのギャンブルをして、ほとんど勝てずにお金をすってしまい貧乏学生をやってました。大学時代に私に好意を持ってくれていた女友達から、「なんでそんなに一杯バイトで稼いでるのに、着てる服がボロボロなの?」と質問されて、正直に競馬で負けてすっからかんだと答えて軽蔑されました。


[スポンサーリンク]


競馬がやめられない


競馬をやっている事を話してからその女友達の態度が一変して、話を掛けても返事もしてくれなくなりました。このままじゃ女の子にモテないし彼女も一生出来ないと思って、何回も競馬に行くのをやめようとしましたが、やめてから2週間もすると競馬が気になりだして、いつの間にか馬券を買い始めるという悪循環を繰り返してました。


そんな私も、大学3年の就職活動が始まってからは、就職活動と大学の進級試験が忙しくて、ギャンブルをする時間と暇が無くなり止める事ができました。就職活動を一生懸命にやったおかげで、超一流の会社の内定をもらう事が出来ました。友人から内定中も大企業の場合は、素行調査を続けていると聞いていたので、駅前にあるパチンコ屋を見て、少し打って行きたいなと思う気持ちを殺して我慢し続けました。


何とか大学4年の本採用が決まるまで我慢し続けて無事に就職が決まりました。社会人になってからも、仕事が忙しくてギャンブルの事を忘れてガムシャラに働いてましたが、少しぐらいいいだろうと軽い気持ちで、久しぶりにパチンコをやったら大勝して、その快感が忘れられずに賭け事を始めてしまいました。


f:id:mozzarellatan:20171012020755p:plain


賭け事をしていたら貯金が0円に


大学生時代と違って、独身で全くお金を使わなかったので、社会人になってから1千万円ぐらい通帳に貯まっていた安心感から、負けてもまだまだ金があるという安心感から、毎週20万円ぐらい負け続けて、1年もしない内に貯金が0になりました。その時に賭け事はやめようと思いましたが、給料日に入金があるとまたお金を賭けるという悪循環が始まりました。


そのおかげで、折角給料のいい一流企業に勤めていても、ほとんどお金が無くて、私服は学生時代のボロ服を着てました。そんなある日、合コン好きの同僚からメンバー合わせで合コンに誘われました。彼女も欲しいと思っていたので、合コンに参加してみると、すごい可愛い女の子がに出会いました。


大学時代に合コンをやっても、全く相手にされませんでしたが、一流企業に勤めているというだけで、相手の女性が興味を示してくれて、こちらから聞いてもいないのにメールの書かれたメモをその女性から渡されました。これまでの人生で、女性の方から声を掛けられた事が無かったので、心の中でモテ期到来と叫びガッツポーズをしました。


[スポンサーリンク]


女性と付き合うことになった


彼女とメールのやり取りを繰り返しているうちに、仲が良くなって行きデートをした時に告白して付き合い始めました。映画館や都会でのデートの時は、仕事で着ているスーツでデートすれば良かったので問題はありませんでした。彼女に今度はアウトドアキャンプでデートしようと誘われた時には、私服もボロボロだったので焦りました。


彼女と付き合い始めた後も、競馬や、競艇や、パチンコや、パチスロを続けていたため、お金が無くてアウトドア用品を買う事が出来ず、友人から借りてなんとかデート当日を乗り切りました。バレンタインデーで、彼女からチョコと高級腕時計をもらったので、ホワイトデーのお返しもそこそこの物をあげないとだめだと思って財布を開けたら1万円しかありませんでした。


これじゃ買えないと思った時に、始めに浮かんだのが、競馬で万馬券を当てれば彼女にブランド物のバックをあげられると思って、競馬場でなけなしの1万円を賭けました。そんな都合のよく当たるわけもなく、競馬で負けてしまって1万円をすってしまいました。仕方なく、消費者金融に行って50万円をカードローンで借りて、彼女にブランド品のバックを買ってあげて、デートも乗り切りました。


f:id:mozzarellatan:20171011030143p:plain


ギャンブルを辞めようとしたが辞められず


彼女とはすごく気が合って、このままならプロポーズをしたら結婚してくれるはずだと思って、ギャンブルを止めようと決心しました。彼女の誕生日が3カ月先なので、それまでにプロポーズをする時に渡す婚約指輪を買おうと思って、お金を貯め始めました。2か月ぐらい経ちましたが、婚約指輪を買う予定の金額の半分も貯まってなかったので、心の中で「競馬で万馬券を当てろ。」と悪魔の叫び声が聞こえて、気付いた時には馬券を買ってました。


結果として彼女の婚約指輪を買おうと貯めていたお金を全部すってしまいました。それでも絶対プロポーズしたかったので、また消費者金融のカードローンでお金を借りて婚約指輪を買ってプロポーズしました。彼女はプロポーズを受けてくれて、結婚が決まりました。


それで結婚が決まって浮かれていて、彼女とお酒を飲んでいる時に酔っ払って、ギャンブルで負けて消費者金融で借りたお金で婚約指輪を買った事や、賭け事の話を彼女に全部話してしまいました。その結果、彼女との結婚は破談しました。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ