縁の下の力持ちになったら、モテた上に恋人まで出来た件について


f:id:mozzarellatan:20171022030844p:plain


とにかく昔から目立たないタイプで、女子とまともに話をした経験もありません。中学、高校時代は女子と縁の無い学生生活でしたが、この頃は付き合っている人はそれほど多くなく、特に焦りは感じませんでした。大学に入ってからも性格は変わらず、相変わらず彼女は出来ませんが、友達に誘われたのがきっかけでテニスサークルに入り、少しは女の子と話す事に対して苦手意識は無くなりました。


[スポンサーリンク]


社会人になったら仕事が忙しくなった


普通に会話出来る女友達もでき、それなりに楽しく過ごせたように思います。社会人になってからは、自分のするべき仕事を覚えるのに必死でした。同期を含めて女性社員は多かったですが、この頃には仕事以外でまともに話をする事もありませんでした。学生時代に仲の良かった女の子達より、もっと洗練されてオシャレな雰囲気の女性が多かったので、心のどこかで「自分が話しかけるのは申し訳ない」と思ってしまったのかもしれません。


仕事は忙しく毎日残業してから帰宅しているので、たまに学生時代の友達がコンパに誘ってくれる事もありましたが、時間が合わずいつも断っていました。そんな風な生活をしていると、女性との出会いは職場以外全く無いという状態になりましたが、20代前半の間は、彼女が欲しいという願望はあまりありませんでした。そんな私も30歳目前になった時に「このままではいけない」と気づかされました。


親友の結婚式で


親友の結婚式に呼ばれたのがきっかけですが、同じようにモテない人生を歩んでいた親友に可愛い奥さんが出来た事に少しジェラシーを感じてしまいました。さらに仲の良かった女の子は既に結婚し、子供も出産していたのですが、子連れで結婚式に参列していました。子供の姿を見ていると本当に可愛らしく、結婚式の間もずっとその子供に話しかけてしまいましたが、帰る頃にはすっかり懐いてもらいました。


f:id:mozzarellatan:20171013164925p:plain


そんな様子を見て友達が「子供って可愛いでしょう?早く結婚しなよ。」と言葉をかけてきました。確かに子供は可愛く、男の自分にとっては結婚しないと得られない存在です。結婚式に参列した仲間達は自分ともう一人を除いて、いつの間にか既婚者になっており、みんな幸せな家庭を築いていました。


仲間だと思っていた人達が、自分よりどんどん大人に、自分の手に届かないような存在になっていくように感じ、思わず彼女に自分の本音を漏らしてしまいました。これまでの人生で彼女が出来た事がない事実、女性と付き合いたい願望はあるものの自分に自信がなくて積極的になれない事、どのようにしたら彼女が出来るのかといった事を全て吐き出すと、彼女からは意外な言葉を言われました。


「そのままでいいと思うよ。無理に自分を変えなくても、あなたの事がタイプっていう女性が出てくると思うよ。」と言われたのです。正直なところ、約30年間、女性に対して何のアプローチをする事もなく過ごしていたので、今後の人生で女性とのご縁に巡り合えるのかわかりません。その上、自分を変えなくても良いと言われ、「いや、このままでは絶対に結婚出来ないよ」と返してしまいました。


[スポンサーリンク]



ただ彼女が言うには、「女性は穏やかでいわゆる普通の男性を旦那さんにしたいと思っている」との事でした。私の場合は容姿は普通、平均的な学歴を持っていて平均的な年収があり、また穏やかな性格なので絶対にモテるタイプだと断言されてしまいました。「本当?」と困惑しながらも、そのように言われると悪い気はしません。これまで一切モテた事も、彼女が出来た事もありませんが、急に自分に自信が持てるようになりました。


彼女を作ろう


それからは自分の意識を変え、彼女を作ろうと前向きに考えるようになりました。彼女から一つアドバイスされたのが、もっと優しさをアピールした方が良いという事です。優しさも押しつけがましいのはNGとの事で、女性の気持ちがよくわからない私にとっては難しい問題でしたが、とりあえず人が嫌がる事を進んで取り組む、縁の下の力持ち的な存在になろうと思いました。


f:id:mozzarellatan:20171012021816p:plain


その後は本来の仕事以外の雑務にも積極的に手助けするようになりました。例えば蛍光灯が切れた時、本来なら総務の方へ連絡を入れて交換してもらうのを待つのですが、こういったケースでは自分が取り換えるように申し出ました。もちろん自分の仕事は後回しになりますが、他の人のためにしてあげる事で、とても感謝されたり、喜ばれたりする事は嬉しく感じられました。


最初は「自分がやりましょうか?」といった感じでオドオドしながら声かけをしていましたが、何度もやっていく内にスマートに声をかけられるようになりました。それが功を奏したのか、女性陣の中で私は話がしやすい、頼れる男へと変わっていったようです。先輩からも同期からも後輩からも気軽に話しかけられるようになり、私も特に構える事なく、普通に会話が楽しめるようになりました。さらに嬉しい事に、同時期に3人の女性から告白されました。


まとめ


まさに自分の人生の中で最大にモテた経験です。結局、以前から少し好意を持っていた後輩と付き合う事になったのですが、彼女が出来た事でさらに仕事にも精が出るようになりました。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ