ブサメンだけど、男友達が多かったお陰で、女性からモテた件について


f:id:mozzarellatan:20171022024723p:plain


女性は当たり前だけど、カッコいい顔の男性が好きでありモテる要素の一つである。僕はどう見ても言わゆるブサメンであるが、女性にはモテないが男友達は多いのが救いだった。友達の中には、僕とは正反対でイケメンでスポーツ万能、女子からもモテの奴もいる。そいつは男の僕から見てもかっこよくいい奴で、女子からモテるのもよく分かるから羨ましくは思ったことがあるけれど、妬んが事は全くない。


[スポンサーリンク]


男友達が多いのが救い


他の友達も彼女がいいたりするけれど、彼女がいなくモテない俺の事を気遣ってか一緒に遊んでくれたり、女の子を誘って飲み会を開いてくれたりした。それはそれで、男女関係なくみんなでワイワイ騒いで遊んで、気晴らしして楽しかった。そんな男友達と遊んでいると、男友達の事を好きな女の子が友達である僕に相談してくる事もたびたびある。


飲み会で知り合って、気になる存在となり友達の事をあれこれ聞かれるケースは今までによくあった。彼女がいるのかから始まり、気になる異性がいるのか、好きな女性のタイプは、趣味など色々情報を提供する事になるわけだが、あまりに一生懸命な感じでひたむきな女の子の姿勢についつい応援したくなる自分がいます。


毎回友達の恋愛を応援したり、恋のキューピットばかりしている僕だけど、神様はそんな僕を見捨ててはいなかったようで、キューピットをしてきたおかげで、無事にカップルになれたことからか女の子たちからその友達に僕の評判がよく言われる事が多くなった。僕の友達もその女の子の前で、僕はいい奴だと話してくれ、女の子も念願のカップルになれたことからか信用ある人と今でも親しくしてくれる。


f:id:mozzarellatan:20171020030518p:plain


女の子の友達も増えてきた


もちろん異性としてではなく、友達としてだけど、それでも嬉しかった。そんなことを繰り返しているうちに女の子の友達がたくさん増え、ブサメンな僕だけど一緒にいて落ち着くという女の子の意見も増えてきた。正直、僕はイケメンではないから、今更カッコつける事もしない。でも、やっぱり男だから女の子からモテたい気持ちはある。そこで、自分は自分らしく女の子達と接する事を決めた。


僕に出来る事はなんでも一生懸命すること。例えそれが、自分が好きな女の子で、僕の友達を好きであっても彼女の気持ちを尊重して彼女に協力できることはすること。そんな気持ちが、なんとなく女の子に伝わるのか僕の事を最終的に好きになってくれる女の子があらわれた。最初はイケメンの僕の友達に興味があったのに、あれこれ相談してゆくうちに僕といる時間が楽しく癒されるようになってきたらしい。


[スポンサーリンク]


彼女ができた


そんなわけで、僕は彼女とお付き合いする事になりました。友達に報告したら、冷やかされたけどとても喜んでくれた。僕は恵まれている。なぜかというと僕の周りには男友達が多く、しかも僕とは違うイケメンで女の子からモテる友達。何でそんな奴らが、僕と仲良くしてくれるのかいまだに不思議だけど、奴らはお前がいい奴からだとしか言ってくれない。


それが具体的にどうなのか、茶化しているだけなのかもわからないけど、とてもありがたく思える。こんな男友達がいなかったら、僕は女の子と話をする機会や一緒に飲んだり遊んだりもする機会がないから。いつも奴らが色々企画してくれたことに単に参加するだけだから。彼女は大事な存在だと思って僕なりに大切にしている。外見でなく、僕の中身を見てくれたことが嬉しかったから。


f:id:mozzarellatan:20171019170231p:plain


彼女がかわいい事もあってか、それからというもの僕は以前よりもモテだした。彼女がいるという余裕があるからかもしれないけれど、奴らが企画する飲み会に参加しても女の子からそれとなく声をかけられることが多くなった。以前のような恋のキューピット役ではなく、僕に気がある感じで声をかけてくれることが。でも、僕には大切な彼女がいるので他のフリーの友達を進めるのである。


どの友達も彼氏にするにはいい奴ばかりだから。だから、もしブサメンで彼女なんかできないとふさぎ込んでいる人がいたら、とにかく人生を楽しめばいいと思う。楽しむにはまず同性の友達を大切にする事。一緒に楽しむ友達がいれば、彼女がいなくても楽しめる。楽しい事をしていれば、おのずとその楽しいオーラや笑顔に女の子たちも寄ってくると思いから。


まとめ


僕の場合は、本当に友達に救われた。類は友を呼ぶとはいうけれど、そうとも限らない。僕はかっこよくないけど、友達はカッコいい奴らばかりでいつも憧れてた。憧れの奴らが近くにいるのもいいもので、いろんな刺激をもらえる。できてるかどうかわからないけど、僕も彼らの役に立ちたい、一緒にいて楽しみたいと思う気持ちは変わらない。そういった事で、僕は良い経験をできたと思っている。


現にこんなにかわいい彼女ともお付き合いできてるし、彼女も俺の友達はかっこいいとは言うけれど、心は僕が一番男らしいと見てくれているから自信になる。男は顔のようで顔じゃない、心を見てくれる女性にあった時が本当の恋の始まりかもしれない。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ