筋トレしてマッチョなのにキモい理由を女性達に聞いてみた。


f:id:mozzarellatan:20171013160701p:plain


筋肉モリモリで男らしい体は私の憧れでした。元々がひょろっとした体型でしたから弱々しい体がコンプレックスで、体を鍛えてマッチョになろうと以前から思っていました。そして体を鍛えれば女性にもモテるという下心も持っていましたから、一石二鳥で鍛えない理由がないと考えていたのです。


[スポンサーリンク]



マッチョになってもなぜかモテない


努力の甲斐もあってマッチョな体を手に入れることができました。体型は見違えるように変わっていますので、自分自身でも魅力的に感じますし、鍛えて正解という思いで満たされていました。ところが女性ウケに関しては予想とは違っていて戸惑っています。もっとモテることをイメージしていたのですが、しかし現実にはモテるどころかキモいと感じられてしまう始末です。


この自慢の筋肉の一体どこが良くないのかと、合コンなどで出会った人たちに聞いてみたことがあります。すると色々な意見を貰うことになったのです。特に印象的な意見に感じているのが、そもそものムキムキな肉体が気持ち悪いというものです。これは特にショックな意見でした。女性はマッチョが好きだと思っていたために頑張れたところもあるものの、ところが根本的にそれを否定するような意見が意外とあってビックリしています。


どうやら鍛えられている体は好きという人もいるのですが、ただムキムキな体ですと話が違ってくるようです。いわゆる細マッチョは好きではあるものの、ゴリゴリのマッチョは苦手とする人が少なくないです。そして私はゴリゴリの体の方ですから人気どころか引かれてしまいます。狙っていた女性からも気持ち悪いという意見を貰ったこともあり、その時は本当に悲しかったです。


f:id:mozzarellatan:20171011023608p:plain


顔立ちがマッチョに合っていない


顔にあまり合っていないという意見も衝撃的でした。ただ少し納得ができる部分もあります。確かに私はマッチョが似合う顔立ちではないです。どちらかと言えばひょろっとした体型が似合う顔ですから、肉体をお披露目すると驚かれます。そこでギャップを感じてもらえるのが個人的に快感で、脱いだら凄いということでモテるというイメージを持っていました。


でも実際はそうではなく、顔に似合わない筋肉と言われてしまう始末です。顔立ちのことを言われたらどうしようもないですし、結局は顔が大事なのかと現実を突き付けられた心境でした。


ピチピチのシャツも受けが悪い


ピチピチのシャツを着ているのもどうやらウケが良くないようです。筋トレをしている人なら分かると思いますが、鍛えているとボディラインを出したくなるものではないでしょうか。タイトなシャツを着ると腕周りや胸筋などの隆起が目立ちますので、気分良く感じられます。別に人に見て欲しいわけではないと思っているのですが、でも心の奥底ではやっぱり見てもらいたいという気持ちがあるのかもしれません。


[スポンサーリンク]



それゆえに洋服を選ぶ時にも無意識にタイトなデザインの物を購入してしまいます。以前はシャツがはちきれんばかりのファッションですと人気があると思っていましたが、どうやらそうしたファッションもあまり好きではない人もいるようです。


ナルシストみたいで気持ち悪い


中にはナルシシストのようで嫌という意見を持つ人もいました。確かに筋肉があると披露したくなる気持ちもあり、洋服選びにもその気持ちが出てしまうわけですが、そのような目で見てくる人もいるのだなと勉強になった心境でもありました。


この点に関しては納得してしまうところもあります。筋トレをすると自分の体のことが好きになりますので、自ずとファッションにも気持ちが表れます。ですからナルシシストと言われれば否定ができないところもあるのですが、ただ女性はそういった男が好きではないようで少し悲しく思うところです。


しかしながら自分としても見せたい欲求もありますので、結局はタイトな服装になるわけですが、そうした強固な姿勢も敬遠されるところなのかもしれません。


f:id:mozzarellatan:20171011023502p:plain


筋肉バカな印象も持たれているようです。要は筋肉のことばかりを考えているところが気持ち悪いという意見なのですが、そのように言われてしまう心当たりがあるのが辛いところです。筋肉を大事に思う気持ちがありますので、普段から自分の体をチェックして、しっかりと筋肉が起きているか気になります。


自然と腕や体などに力を入れてみて確認したり、食事の時にも筋肉の栄養になりそうかどうかを軸に考えることもあります。常に何かしらの形で筋肉のことを考えるわけですが、そういったところが筋肉バカと評されてしまうようです。


まとめ


筋肉のことばかり考えるのは自分でも気付いていました。1日の中の大半に筋トレのことで頭を一杯にすることもありますから、自分でも意識し過ぎていると思ったことが何度もあるのです。ただそれでもついつい考えてしまいますので、自分自身でも筋肉バカと感じていました。ですから人からすれば気持ち悪いと思われてしまうのも納得ができるところもあるのです。でもいざそのように言われるとやはりへこみます。


こんな風に色々な意見があってキモいなどとも言われてしまう始末ですが、だからといって筋トレをしないわけにもいきません。ですから理解のある人との出会いがあることを期待していますし、きっと世の中には分かってくれる女性もいるはずです。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ