相方に恋心を持ってしまった!「友達」から「恋人」になるためのコツ


f:id:mozzarellatan:20171011024731p:plain


長年付き添ってきた、言わば幼馴染のような旧知の仲である相方に、恋心を持ってしまうことってありますよね。僕にも、そんな相手がいました。その子はまさに「相方」と呼ぶにふさわしいような女性で、まぁ今まで僕はその女性のことを、女性であるということさえ気にしていなかったのですが(笑)、とにかくひょんなことから恋心を自覚してしまったのです。



[スポンサーリンク]



しかし相方は、僕が恋心を持っていることなんて知りません。相変わらずバカ話ばかり吹っ掛けてきて、やたら強すぎるツッコミで僕をバシッと叩くその姿からは、やはり友達としてしか見られていないんだろうな、と感じていました。


長年連れ添ってきた相方に恋心を持ってしまったときって、辛いですよね。なにせ、相方は僕に対して、「友達」という固定観念を完全に付けてしまっている状態なのですから・・・。「とても仲の良い友達」と言えど、そこから「恋人」へと昇格するのは簡単なことではありません。「友達」と「恋人」との間には、まさに天と地ほどの隔たりがあるのです。


しかし、僕はそんな相方を、「彼女」にすることに成功しました!!僕が行ってきた数々の工夫と努力を、同じように悩む男性にもお伝えしたく、書かせていただきますね。


相方と会うときにお洒落をする


長年の仲で、相方に恋心を持つ日が来るなんて微塵も思っていなかったので、相方に会うときはいつも適当な格好をしていました。穴の開いたトレーナーに、10年以上は愛用しているヨレヨレのズボン・・・。着飾らず、気楽に会えるところが僕にとって居心地が良かったのです。


f:id:mozzarellatan:20171011024758p:plain


しかし、相方の「彼氏」へと昇格したいのであれば、180度の方向転換が必要になります!今度から、相方に会うときには目いっぱいのお洒落をしましょう。「今日、どうしたの?」と思わず聞かれてしまうくらいのお洒落っぷりが最適です。僕は、「今から超美人で有名な女優の○○さんとデート!」というくらいに意気込んだファッションを心がけるようにしました。もちろん、髪型も毛の1本1本の配置まで意識します。


その結果、最初は「今日どうしたの~(笑)?」とからかわれ気味ではあったものの、かっこいいファッションを毎回当たり前に着るようにしたら、「最近かっこいーじゃん♪」と褒めてくれるまでになったのです。


会う時間を、夕暮れどきを多くするように心がける


相方は親友であり、戦友であり、とにかく男友達と接するような感覚でいつも会っていました。なので、会う時間も、昼食後の13時とか14時とかがいつも多かったのですが、恋愛対象として意識してもらうべく、16時や17時の待ち合わせに変えるようにしました。


[スポンサーリンク]



例えば16時の待ち合わせであれば、待ち合わせのときもまだ空が明るいです。でも、1時間2時間・・・と一緒に過ごすにつれて、だんだんと薄暗くなってきて、なんだかムーディーな雰囲気を演出することができるのです。夕焼けと一緒にふたりで歩いているだけで、無意識下で恋愛感情を発生させる効果を期待しました。


その結果、夕暮れから薄暗くなってくると、相方のズバズバした物言いもツッコミも減っていき、なんだかしおらしく変わっていきました。僕のことを意識し出してくれていたのかもしれません。


小物などのプレゼントをあげてみる


相方に完全に友人としての感情しか持っていなかったときは、まさか相方にプレゼントを贈ったことなんてありませんでした。せいぜい、相方の誕生日にガチャポンのいらない景品を押し付けるくらいのものだったのですが(笑)、恋人になりたいのならやはりプレゼント作戦は効果的ですよ。


f:id:mozzarellatan:20171011024830p:plain


僕は、「こういうの、好きでしょ?買ってみた。もらって」と言いながら、相方が好みそうなスマホのアクセサリーをあげました。相方は、「うわぁ、かわいい!嬉しい、よく私の好みが分かったね、ありがとう」と素直に喜びながら、受け取ってくれました。


毎回毎回会うたびにプレゼント攻撃では、不審がられたりウザがられたりしてしまうかもしれませんが、月1くらいでちょっとしたものを贈って喜ばせてあげましょう。それは同時に、「あなたのことを、女性として見ていますよ」という相方へのアピールにもなりますよ。


しかし、注意していただきたいのが、「あくまで1,000円以内のものを」ということを意識してください。本気度を分かってもらうために3万円もするネックレスを・・・なんて、逆に受け取ってもらえないかもしれません。


まとめ


長年、ギャァギャァと騒がしく楽しめる間柄で、100%友達として扱ってきたはずなのに、そんな相手に恋心を自覚してしまうと途端にどうしていいかわからなくなりますよね。


つい何ヶ月か前に知り合った間柄ではないだけに、「友達」から「恋人」へのどんでん返しはなかなか難しそうに感じます。ですが、相方の喜びそうなことを積み重ねていけば、自然に男性としてあなたを意識してくれる日が来るはずです。もちろん、今日や明日すぐに、というわけにはいきませんが、地道に積み重ねていきましょう。そうすれば、相方への恋心を受け止めてもらえる日が来るはずですよ!


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ