相方に腹立つ!喧嘩したときって、どう仲直りすれば良いの?


f:id:mozzarellatan:20171011023502p:plain


付き合っていれば、最愛のはずの相方に腹立つことってありますよね。人間と人間の付き合いですから、大なり小なりどうしてもイザコザはつきものです。けれど、「ふんっ!!」と喧嘩別れをしたままで、これから先どうしたら良いのか分からなくなることって、多いですよね。


[スポンサーリンク]



僕も、相方と初めて喧嘩をしたときは、「その後」の対応に困ったものです。相方に連絡をしてみようかなと思っても、「着信拒否されていたらどうしよう」と怖くて尻込みしてしまいました。そして、「いやそもそも、僕から謝るのおかしくない?勝手に喧嘩をふっかけてきたのは相方のほうだし!うーん、思い出したら腹立つ!」と仲直りをするタイミングさえよく分からなくなったのです。


喧嘩をしたけれど、このまま別れたいわけではない・・・なんとかヨリを戻したいのだけれどその手段が分からない・・・と頭を悩ませている男性って実は多いのではないでしょうか?「俺、悩んでまーす!」と公言しないだけで、ひそかに悩んでいる男性は僕だけではないはずです。


では、喧嘩をした相方との「今後の対応」について、僕なりに編み出したベストな策をお教えいたしますね。また、あなたが相方と笑って会える日常に戻れますように。


2~3日くらいは連絡をしないほうが良い


僕は相方と喧嘩をしたときに、焦ってすぐに連絡を入れようとしてしまいました。お互いに連絡をしないまま2日が経過した時点で、「2日も連絡をくれないなんて・・・!もしかしたら、僕との別れを考え始めていたらどうしよう。そうだとしたら、このまま連絡をしなかったら自然消滅になってしまう」と焦り、3日目に勇気を出して連絡をしたのです。


f:id:mozzarellatan:20171011023532p:plain


着信拒否はさせていませんでしたが、長いコールの後、相方の対応はぶっきらぼうでした。「まだ、あなたに腹立つのよ」感が半端無い口調でした。


結局その電話では特に仲直りすることもなく、そのまま不愉快な感じで終話をしました。僕は翌日に、会社の同僚女性に聞いてみたのです。「相方と喧嘩中で、今日が4日目なんだけど、昨日電話してみたらまだ不機嫌だった」と相談したところ、彼女からは意外な答えが返ってきました。


「喧嘩して4日目なら、女性はまだ不機嫌だよ!頑固な彼女さんであるなら尚更、不機嫌な態度を貫くと思うよ。なんていうか女性って、一旦怒ると、引くに引けなくなるんだよね。とっくに怒りなんか収まっているのに、コロッと笑顔に戻るのは何だか体裁が悪いから、不機嫌オーラを貫くの」と。


そしてこうもアドバイスしてくれました。「もし彼女に連絡を入れるとしたら、2週間くらい経過してからのほうがいいよ」と。理由を聞くと、「2週間という期間はカップルにとってはわりと長いから、そんな長い期間お互いに音信不通にしていることで、『不機嫌を貫くこと』よりも『相手が気にかかる』ほうが勝ってくるんだよね。だから、2週間くらい経過したあとに何気なく電話を1本入れてみたら、意外に普通に応対してくれるはずだよ」とのことでした。


[スポンサーリンク]



僕は実際に、それから2週間空けて相方にまた連絡を入れたら、「久しぶり~。元気~(^^)?」と普通の楽しげな口調に戻ってくれていました。2週間という期間を忍耐して、相方の笑顔を取り戻しましょう。


メールで、心が和むような写真を添付する


相方と元通りの良い関係に戻るには、電話だけでなくメールも効果的です。「でもメールなんて、怒っている相方に対してどんな内容の文章を送ればよいのか分からない」と困ると思うのですが、文章はあえて送らなくても良いのです。


「仲直りがしたい」という気持ちを表現するには、写真1枚で充分に効果があります。例えばインターネットで見つけた、男女が仲良く手を繋いでいる写真でも構いませんし、ハートマークのイラスト写真でも良いですし、綺麗な花束の写真だってOKです。


それを相方が拝見したら、怒りながらも、あなたのユニークなテクニックにきっと「・・・もうっ!」と懐柔されることでしょう。写真1枚で仲直りができるなんて、素敵ですよね。


f:id:mozzarellatan:20171011023608p:plain


思う存分に話し合う


極端な例ですが、「私のプリン食べた」「名前を書いてなかっただろ」のような些細な内容の喧嘩もあれば、どうしても許すことができない重大な内容の喧嘩もありますよね。


どうしても許すことができない内容であるなら、「どちらかが謝って、終了」では「とりあえず感」が否めません。そのときは場が収まって仲直りしたように見えても、根本的な解決をしていなければ後々また同じ問題が出てくる可能性があるのです。


「どうしてもこれは見過ごせない」と思うのならば、相方と思う存分に話し合いましょう。お互いに感情的にならずに、冷静に自分の意見を伝え合えば、相手の意外な考えや、その考えに至った背景まで見えてくるかもしれません。


まとめ


相方に腹立つときこそ、冷静に対応してくださいね。まだお互いに気持ちがホットな「喧嘩から2~3日間」は特に連絡を避けたほうが良いでしょう。時間を置けば、相方の腹立つ気持ちも次第に収まっていくことでしょう。喧嘩を通して、絆がさらに深まりさらに仲良くなることだってできるのです。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ