生活態度がだらしなく、全体的になんだか湿っぽい男はもてない


f:id:mozzarellatan:20171006052054p:plain


もうすぐ30代に入るにも関わらず、私はこれまで一度も女性とお付き合いした事がありませんでした。自分では人並みのお給料をもらい、人から優しい性格と言われる事もあるので、結婚相手としてそれほど劣っているとは思いません。ちなみに職場は男女の割合が半々といったところで、結婚相手の対象となるような女性社員もたくさんいました。特に女性に対して苦手意識を持っていた訳ではないので、それなりに会話はしていたと思います。


[スポンサーリンク]



プライベートな話では盛り上がらない


ただそれは仕事上の会話で、プライベートな話を女性達と盛り上がるといった事はありませんでした。一時は女性と交際する事を諦めた事がありますが、自分が仲良くしていた友達が次々に結婚を決めて行った事に焦り始めました。


「結婚した自由ではなくなる」「女に振り回される人生は嫌だ」などと理由をつけて、モテない事に対して傷を舐め合った仲間達があっさりと裏切り、いとも簡単に結婚した事には驚きましたが、同時に何ともいえない悔しさも感じました。友達から「お前も早く彼女を探せよ」と上から目線でアドバイスされ、ようやく女性に対して、もっと真剣にアプローチしていこうと決めたのです。


久しぶりに合コンに参加してみた


そこでこれまでは面倒だからと断っていた合コンにも参加しようと思い、同僚や後輩に必死に頼んでみました。有難い事に合コン好きの同僚が多く、その後は何度か誘ってもらう事が出来ました。私にとっては久しぶりの合コンで、いつになく張り切っていたと思います。ただ合コンでは毎回、調子が良いのは始めだけなのです。


f:id:mozzarellatan:20170923162239p:plain


最初は私の事についても興味深くいろいろ質問してくれていた女性も、いつの間にか私の傍を離れ、他の男性の元へ行ってしまうのです。不思議なのは、女性達が私との会話はすぐに終わってしまうのに、他の男性となら、いつまでも盛り上がって話をしている事です。自分の話はそんなに楽しくないのだろうか?それとも生理的に受け付けない何かがあるのだろうか?と合コンに参加する度に自信を無くしていきました。


大学時代の仲間と再会


一生懸命に彼女を探そうと意気込んでいた思いはすっかり消えてしまい、再び、ただひらすら自宅と職場の往復を繰り返すだけの毎日になりました。何も楽しくないと悶々とした生活を送っている中、久しぶりに大学時代の仲間達を会う事になりました。20代前半の頃は、何か理由をつけてはよく飲み会をしていたものですが、年齢を重ねるごとに合う機会が減っていってました。


[スポンサーリンク]



しばらく会わない間に、結婚した人もいれば、子供がすでに2人も生まれた人もいます。昔と全く現状が変わらず、特に未だに彼女も出来ていない私は自分の事を報告するのが恥ずかしく、参加するの事に少し気が引けていましたが、結局はみんなに会いたいという気持ちが強くなり、待ち合わせ場所に向かいました。久々に会った仲間達はそれなりに年齢を重ねているように感じました。


特に学生時代はイケメンとモテモテだった男が、すっかり中年太りをしている事に驚きましたが、「奥さんの手料理が美味しくて」とのろける様子をみると、少し羨ましくも思いました。私に対するみんなの評価は「変わっていない」というものでした。そして「この中で一番若く見える」と言われ、妙に嬉しくも感じました。


久々に自分の事を褒められ、またお酒が入った事で気分が良くなったのか、私は仲間の一人に自分の現在の状況について話を始めました。私の人生の中で、唯一といっても良いほど気の合う女友達です。大学を卒業してからもずっと付き合いは続いていましたが、彼女が結婚したのをきっかけに、個人的にやり取りをする事は無くなっていました。


f:id:mozzarellatan:20170921160303p:plain


女友達に湿っぽいといわれショック


最初は静かに私の話を聞いていた彼女ですが、全ての話を終えると、「やっぱりね」と言われたのです。そして彼女は堰を切ったように私に説教を始めたのです。「まずあなたの生活態度を見直そうよ。そして全体的に湿っぽい会話はやめよう」と言われたのですが、しばらくはこれが自分に対する言葉なのか飲みこめずにいました。彼女が言うには、学生時代から私のだらしない生活態度が気になっていたようです。


確かに歯磨きや顔を洗わずに出かけたり、アイロンをかけずにシワシワのシャツを着ていたり、忘れ物が多かったりするので、彼女の意見は納得です。そしてショックだったのが湿っぽいと言われてしまった事です。でもこれは長年のクセで、いつも自分の事を卑下して会話をしていたように思います。


自分を卑下して話をした方が友達に突っ込まれて話が盛り上がる事も多く、自分の中では会話を円滑に進めるための楽な方法だと考えていたのです。でもそれによっていつも考え方が後ろ向きになってしまいました。「どうせ自分なんか」といった気持ちが、会話の端々に現れるようになっていました。そして彼女から、自信が無くても自信があるフリをして生活しなさいよと叱咤激励されました。


まとめ


確かに、モテる男性は自信に満ち溢れているという事はわかります。すぐに自分が変われるかはわかりませんが、女性が嫌うだらしない生活態度、湿っぽい会話は止めようと決めました。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ