女性から『誘い方が上手!』と褒められます!。私の誘い方教えます


f:id:mozzarellatan:20171006042958p:plain


女性はこだわりが強いと男の僕から見ても思います。ドラマやマンガのようにキザに誘ってみると「遊ぶつもりなのでは」と警戒されてしまいますし、慎重に誘うと「男らしくない」と思われます。ではどうしろと、と憤りすら感じてしまうものなのですが、僕なりにモテる男性たちから学んでみることにしました。


[スポンサーリンク]



モテる友人の話


僕の友人には1人モテる男がいます。ルックスがいいだけではなく性格も優しくて男の僕から見ても「これはモテる」と納得させられてしまいます。そんな彼には彼女がいません。なぜ彼女をつくらないのかと聞いたことがありますが、それは「まだ1人に絞りたくない」という贅沢な返答でした。ただ遊びたいだけかと最初は軽蔑の眼差しを送っていましたが、実はそうではなかったのです。


彼は1人の女性を大切にしたいという気持ちがあるからこそ、彼女選びに慎重になりすぎているのです。そのためたくさんの女性たちとデートを重ね、本当に自分が心から愛することができる相手かどうかという結論が出てから自分から告白をしたいということでした。


それを聞くとますますイケメンだなと感じました。そんな彼は毎日のように女性とデートをしていますが、それは女性から誘われることもあるけれどどちらかと言えば彼の方から誘っているということでした。どういう誘い方をすれば毎日女性とデートできるようになるのか、僕は教えてもらうことにしました。


f:id:mozzarellatan:20170929031609p:plain


警戒を与えないようにデートに誘う


まず大切なのは「最初から下心を出さない」ということでした。相手に気があるからデートに誘っているという姿勢を見せてしまうと「私にはすでに気になっている人がいるから、あなたは好みじゃないから」など様々な理由からデートを断られてしまう可能性があります。つまり相手はデートに誘われた段階で警戒をしているのです。


警戒する隙を与えないような誘い方が大切だということなのですが、具体的にはどうすればいいのか分かりませんでした。そこで成功率を上げるポイントを教えます。それは「共通の用事を見つける」ということです。例えば学校の帰り道に「ちょっとスーパーに寄らなきゃいけないからバイバイ」と言われてしまったら「僕も母親からおつかい頼まれてるから一緒に行こう」と誘うのです。


[スポンサーリンク]



これだけ聞けばデートには感じませんし、下心も感じません。しかし男性側からすればちょっとでも一緒にいたい口実になるのです。その他にも「テレビでやっていたスイーツがおいしそうで気になる」という発言があれば「僕もあれすごく気になってたんだよね」と話を合わせて一緒に行くよう仕向けるという方法もあります。つまり同じ理由やきっかけを作ることで自然とデートに誘いやすい空気にするのです。


実際に誘ってみた方法


これは実際に僕も使ってみた方法です。気になっている女の子が「この前新しいカフェがオープンしたらしい」と呟いたのを聞いた僕は「それ僕も気になってたんだ。近々行ってみたいと思ってるんだけどなかなかタイミングがなくて」というと彼女は嬉しそうに「私も一緒に行く人が見つからなくて、よかったら一緒に行かない?」と向こうから誘ってくれました。


自分が誘うというのも手ですが、理由をつけて相手に誘わせるというのも1つのテクニックだと感じました。その他にも「CMでやってる映画面白そう」という言葉を聞いて「あれすごく面白そうだよね。レンタルじゃなくて映画館に観に行きたいわ」と言ってさらっと誘ってみると映画デートをとりつけることに成功しました。僕は自分なりの誘い方がどんどん成功していくのを実感して、イケメンの友人に心底感謝をしました。


f:id:mozzarellatan:20170923163656p:plain


誘い上手かどうかというのは自分では分かりません。でも実践してみて思ったのは「女の子は男が誘いを切り出してくれるのを待っている」ということです。何気なく呟いた新しいお店の話題も「行ってみたいな」という願望が隠れていて、写真やテレビを見ておいしそうなスイーツがあると「おいしそうだな」の言葉の裏には「食べに行きたいな」という願望が隠れているということです。


そんな女心を男が汲み取ってあげることができるかどうかがモテるかモテないかを分けているのかもしれないと思ったのです。何度かデートを重ねていくと「いつも誘ってくれるから嬉しい」という言葉をもらいました。これで彼女が誘いを待っていたということを確信したのです。


まとめ


デートに誘いたいときになんて言えばいいのかということばかりにこだわっていたのですが、実はそうではなかったのです。大切なのは相手がどんな展開を望んでいるかを見極めることです。回数を重ねていく内に僕もなんとなくそれを理解することができるようになり、女の子とのデートもスムーズに予定を組むことができるようになりました。


今まで男としか遊ばなかった僕からすれば大きな進歩だと言えるでしょう。今ではデートの誘いも必要以上にかまえるのではなく、女友達と遊ぶような気軽な気持ちで誘うことができるようになりました。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ