怒りの沸点が低すぎていつもイライラしている男はもてない


f:id:mozzarellatan:20170924134012p:plain


大学生の頃に1度だけ女性と付き合った事があります。これまでずっとモテない人生を送っていましたが、何と彼女の方から告白してきてくれて付き合う事になったのです。ただ交際は長く続きませんでした。2ヶ月も経たない内に、「やっぱり性格が合わないと思う」とあっけなくふられてしまったのです。何となく腑に落ちなかったですが、女性から告白してもあったという経験があった事で、自分自身は勘違いしてしまったようです。


[スポンサーリンク]


中々彼女ができない


今すぐに彼女が出来なくても、いつか出来るはずと軽く考えていました。自分の職場は比較的女性の数も多く、職場でよく飲み会なども開催されていました。先輩、同期、そして後輩の女の子と特に苦手意識はなく、万遍なく会話をしていたと思います。また営業という仕事柄、取引先との付き合いも多かったです。


上司なども交えてですが、取引先の女性社員と食事に行ったり、お酒を飲みに行ったりする機会もあり、女性との出会いには困らない環境でした。ただこんな環境にいながらも、大学時代に1度出来たきり、全く彼女が出来ないのです。いつか出来るはずと深く考えていなかった私も、30歳を過ぎると、さすがに焦りを感じ始めました。職場の同期達が次々に結婚を決めていき、上司や先輩からは「いつ結婚するの?」と聞かれた事があります。


f:id:mozzarellatan:20170923164609p:plain


サークル仲間との飲み会で


プライドの高い私は、彼女が全く出来ないというような事を言えるはずもなく、いつも曖昧に返事を濁していました。そんな時、久しぶりに大学時代のサークル仲間と会う事になりました。例の昔の彼女も参加するとの事で、少しの不安と期待を抱きつつ、久々に気の合う仲間と会える事が楽しみで仕方なかったです。そして当日、久しぶりに会った友人達は雰囲気が随分変わっていました。


大学を卒業してから10年近くが経過している訳ですから、姿が変わるのは当然かもしれません。ただ見た目だけではなく、雰囲気が落ち着いているなと感じました。メールや電話で結婚の報告をしてきてくれた友人もいますが、私が知らない間に結婚して家庭を持っている友人もいました。学生時代、私の心の中で比較し、コイツには絶対に勝ってると思っていた友人が、結婚してきちんとした家庭を築いている事には驚かされました。


また例の彼女も、もう既に結婚しているようで、子供が二人いると報告されました。もちろん、まだ結婚していないメンバーもいますが、ほとんどは既婚者で、既婚者の余裕のようなものを感じさせられました。そして現在はまだ結婚をしていなくても、近々結婚を考えている、または仕事が落ち着いたらプロポーズすると予定を立てている人もおり、何だか自分だけが取り残されているような感じがしました。


[スポンサーリンク]


昔の彼女が別れた理由


みんなの話を聞きながら、自分でも知らない間に落ち込んでいったようです。私の浮かない顔をみて、すぐにフォローしてくれたのが、昔の彼女でした。付き合い始めた頃のような優しい笑顔を久しぶりに見て、また少しお酒も入っていた事もあり、つい自分の本音が出てしまいました。そして彼女と別れた後は、一度も付き合った事が無いとも告白しました。


きっと優しく慰めてもらえるはずと思いきや、彼女の口からは思いがけない言葉が出てきました。「そうだと思ったよ。出来る雰囲気が無いもの。」と言われ、思わず彼女の事を見つめてしまいました。彼女の話を聞いていると、彼女が交際2ヶ月にして、突然別れを切り出した理由がわかりました。最初はいいなと思っていたものの、付き合う事で幻滅する事が多かったようです。


最大の要因は、私の怒りの沸点が高く、いつもイライラしている事と言われました。彼女には直接怒った事はないですが、喫茶店やレストランに入って、少しでもお店側で手違いがあると、それにつけこむようにネチネチと嫌みを言う、イライラした様子で貧乏ゆすりをするといった行為が生理的に無理と感じたとの事でした。そして今も怒りの沸点が高いんじゃないの?と質問されました。


f:id:mozzarellatan:20170923162859p:plain


言われてみると、確かに私はよく、人から「イライラするなよ」と諭される事が多かったです。職場の上司や先輩は温厚な雰囲気の方が多かったので、それについて厳しく咎められる事は無かったのですが、私が怒りっぽいというのは周囲にはよく知られています。私自身は女の子と話すのが苦手ではないと思っていても、同期や後輩の女の子からは、苦手意識を持たれていたのかもしれません。


そして最後に「もう少し柔らかい雰囲気になったら、もっと気軽に女性にからも話しかけられるようになるよ」とアドバイスされました。いつもなら「余計なお世話だ」と余計な言葉を言ってしまいそうになりますが、元彼女からのアドバイスは素直に聞き入れました。彼女の言う個とは本当にその通りだと感じたからです。


まとめ


あれから半年、まだ彼女は出来ていませんが、自分でも意識してすぐにイライラが顔や行動に出ないように気をつけています。その成果が出てきたのか、以前よりも後輩の女の子から話しかけられる事が多くなったようにも感じます。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ