自分の話しかしないオレオレ君。流石にそれでは女性に嫌われます。


f:id:mozzarellatan:20170923162859p:plain


これまで、男はどんなときでも女性をリードするということをモットーに生きてきました。父親がいかにもな日本男児タイプであり母親をはじめとして家族をグイグイと引っ張っていく背中を見て育ったこともあり、男は父親のようにリードできなければと思っています。例えば食事に行くときはお店を率先して決めたり、何か物事を決めなければならないときはハッキリ意見を言うようにしていました。


[スポンサーリンク]


しかし、このような生き方がモテると思っていましたが、社会人になって出来た彼女に振られたときに自分のような態度を取る男はモテないと指摘されました。そこでようやく自身が考えるリードと行動にズレがあることに気付くことができたというわけです。自身の体験から自分の話ばかりする男は女性にとって面倒で厄介な存在、反対に頼りにならないということが分かりました。


大学時代の合コンの話


具体的に過去の自分の行動で駄目だったエピソードがいくつかあります。まずは大学時代に参加した合コンでの話です。そのときは初めての合コンということもありとても張り切っていました。たまたま隣に座った女の子がとてもタイプで何としても仲良くなりたいととにかく話を弾ませようとしました。


このときの失敗は、相手の女の子が趣味を教えてくれたらその趣味について掘り下げず、こちらの趣味は何々で最近は何々をしてという風に「俺は俺は」とこちらの話ばかり広げてしまったというものです。その後も女の子が話してくれたことに対して俺だったらこうした、俺はこんな風だったと所謂オレオレ君になってしまっていました。


その場ではいっぱい話してくれましたが、合コンが終わってから食事や遊びに誘ってものらりくらりとかわされてしまったという苦い思い出です。当時は気づくことができませんでしたが、この合コン以外も女の子が参加している飲み会や合コンのときは、ずっとオレオレ君になっていたことに後から気付きました。


f:id:mozzarellatan:20170921160942p:plain


オレオレな態度を取った失敗談


また、直接特定の女の子に対してオレオレ君になったわけではないですが、間接的にオレオレな態度を取ってしまい距離を置かれたという経験もあります。これは大学時代のゼミでの話です。所属していたゼミは男3人、女2人の合計5人という少人数なものでメンバーも先生も仲が良かったと言えます。


けれども、合宿を行ったり討論を行う際にみんなをリードしたいと思うあまり、オレオレな面が出てしまい他の人の意見を蔑ろにしてしまいました。合宿の場所選びや食事の内容をほぼひとりで決めてしまったり、討論のまとめを自身の主張に基づくものにしてしまったり、ひとつひとつを見ると些細なことかもしれませんが積み重なることによって周りと溝が出来ました。


特に女の子からは距離を置かれてしまい、ゼミが開始した当初は良く行っていた飲み会や遊びに誘っても来てくれなくなりました。当時は理由が分かりませんでしたが、同じゼミの男友達にこっそりと指摘されて自分が距離を置かれているのだと気づきました。


[スポンサーリンク]


付き合っていたころの失敗談


そして、付き合っていた彼女に対してもダメな態度を取ってしまったというエピソードがあります。その彼女とはお互いが社会人になったばかりに付き合い始めました。もちろん彼女のことは大切に思っていましたし、彼女もこちらに対して良くしてくれました。このときもやはり自分の話をすることが多かった気がしますが、彼女はとても聞き上手でいつも「うんうん」と笑顔で話を聞いてくれていました。


お互い仕事に少しずつ慣れてきたかなという頃、彼女が仕事についてとても悩んでいました。ある日、いつも笑顔で話を聞いてくれる彼女が真剣に仕事の悩みを打ち明けてくれたため、彼女の悩みを解決したいという一心で色々な話をしました。実際にどのようなことを言ったかというと、今働いている自身の職場はこうだからこうしたらいいのではないか、自身の先輩はこう言っていたなどと自身の経験ばかりでした。


f:id:mozzarellatan:20170921160303p:plain


そのしばらく後に彼女から別れを切り出されたときに、相談に乗ってくれてたときも彼女の事情や気持ちを考慮せず結局は自分の話をするだけだと言われました。彼女のためと思っていましたが、思いと行動が一致しておらず彼女に悲しい思いをさせただけでした。


まとめ


現在ではこれまでの態度を反省して、自身を中心とした考え方や話し方をやめなければと思っています。しかしながら、これまでずっと自然と行ってしまっていたことを変えることはなかなか困難です。そのため、できるだけ相手の話を聞くようにすると思っていても、つい口を挟んでしまうということが今でもあります。


指摘をしてくれた彼女と別れてから付き合っている人は居らず、たまに合コンに参加しますが、そこでもついつい主導権を握ろうとしてしまいます。そのせいか合コンはことごとく失敗に終わっており、女性関係も上手くいっていません。このような経験上、習慣になってしまっているオレオレはすぐに直すことがとても難しいです。モテないと感じる男の人で自身の話ばかりしがちな人は、そこにモテない理由がある可能性が高いです。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ