小さい声でぼそぼそ話し、何を言っているか分からない男はもてない


f:id:mozzarellatan:20170921145307p:plain


小さい声でぼそぼそと話す男性がいます。ただ小さい声だけでは飽き足らず、相手に何を言っているか一切伝わらないこともあります。そのような男性は残念ながら好感がもたれず、女性にもモテません。それは何故なのでしょうか。


[スポンサーリンク]


言葉はコミュニケーションの一環


言葉とはコミュニケーションの一環です。一環とは言いましたがコミュニケーションツールとして言葉は9割を占めます。その言葉がぼそぼそと何を言っているのか分からないのであれば話す気は失せてしまいます。ただでさえ話題がなく何を話しているか分からない男性はモテないのに、これではそれ以前の問題です。


また会話の際のイライラさせる一つとして聞き返させるような会話です。ぼそぼそとした話し方ではどうしても聞き取れず、聞き返さざるを得ません。話し手としても伝わらないもどかしさと、聞き手としても聞き返すことによる聞いてないと受け取られる罪悪感が相対し、良い会話とは言えません。俗に言う会話のドッジボールです。1回で聞き取れる会話ならこのようなことは起きません。


声が小さい男の特徴


また声が小さい男性の特徴として、自分に自信がない、もしくは会話に自信がないということが挙げられます。女性は男性に楽しませてもらいたい、と思っていることが多いです。それは行動であれ話術であれ手段は問わないですが、会話は初歩の初歩です。


f:id:mozzarellatan:20170917131927p:plain


これがクリアできないようでは女性から好感をもたれるはずがありません。自分に心の余裕があり、楽しませてくれる男性が所謂モテる男性です。心の余裕無しに精一杯の話しをしている男性は女性のことを考えていないモテない男性の典型例です。


では伝わる話し方をするメリットは何でしょうか。例えば会話だけではなく、飲食店での注文や企業の面接を想像してみたらわかります。注文の際に小さな伝わらない声で店員に聞き返される話し方と、物怖じせずハキハキと注文をするのとではどちらが良いかは明白です。企業の面接でもハキハキと話していれば印象は良いし、好感触です。ハッキリと喋ることは女性にモテるモテないの問題ではなく、日常生活に限りなく必要不可欠なスキルなのです。


[スポンサーリンク]


小さな声を克服するには


では声が小さくなってしまうのを克服するにはどうしたら良いのでしょうか。声が小さい、会話が苦手な男性は前述した通り自分に自信がない典型ですが、会話に不慣れというのも挙げられます。会話の機会を増やし、人と話すことに慣れていきましょう。もしそれすらもハードルが高ければ、自室の鏡と話す練習をすると良いです。


相対している場面が簡単に想像できますし、何より1人で練習ができます。会話が苦手な男性は是非とも改善するためにこの方法を行っていった方が良いです。そして更なる改善方法としては、カラオケボックスに行くことです。


日常的に声を出す機会が少なければ声が小さくなるのも頷けます。カラオケボックスに言って大きな声で歌うことにより、腹から声が出て声量が上がります。勿論会話の声の音量にはある程度限度がありますが、小さくて聞き取りづらいよりかはこの訓練を行った方が得策です。また1人でカラオケボックス、所謂ヒトカラは入店時にかなり緊張するものです。この緊張を乗り越えられれば、会話にも心配はいりません。


身近な人と会話をする


最後に身近な人ととにかく会話することです。親族や身近な友人など、話しやすい相手は様々いるはずです。その相手と会話を交わし、トークスキルを磨いていくのです。会話は重ねれば重ねるほどノウハウがわかってきます。相手が面白いと感じる話し方、共感していると受け取られる所作、喜怒哀楽を表現する声色など、得られるものがかなりあります。1人で練習を重ねた後は、実践あるのみという理由です。


f:id:mozzarellatan:20170913025254p:plain


女性にモテないという男性は多くいます。人間は外見が9割とよく言われますが、内面も磨かないことにはその外見は輝きません。外見が良くないからモテない、というのは大きな間違いです。相手を楽しませることのできる適切な声色で表現力の高いトークスキルをもっていれば女性にモテるのは難しいことではありません。


女性が寄り付かないのは自分のトークスキルではないかとまず疑い、そして向上させていきましょう。いくら外見を磨いても、内面が伴っていなかったらその関係はすぐに破綻してしまうのです。


まとめ


昨今独り身の女性が増えてきています。婚活ブーム等はこの背景からきているのです。つまり誰にでもチャンスはあります。そのチャンスをみすみす捨てる手はありません。ぼそぼそとした喋り方をし、何を言っているか伝わらないのでは論外になってしまいます。小さな声より大きい声、これは確実です。モテないと嘆いている時間は無駄です。まずは内面を磨くことを念頭に置き、そして会話術を身につけましょう。


モテるというのは天性のものではなく、自分でチャンスを掴むものなのです。今すぐに小さい声で話すことから脱却し、ハッキリと話す自分をイメージしながら、素敵な相手を見つけられるよう行動しましょう。

www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ