セカンドバックを脇に挟み顔がテカテカしている男はもてない


f:id:mozzarellatan:20170909154317p:plain


現在35歳、実はこれまで彼女が出来た事がありません。さらに彼女どころか、まともに女性と話した経験も無いかもしれません。学生時代はアニメに没頭し、自分の周りもいわゆるオタク系の仲間でした。生身の女の子から相手にされるはずがないと思っていたので、アニメの中の女の子に恋をしているふりをして現実逃避していました。


[スポンサーリンク]


女性と話すのが苦手


社会人となってからはアニメの世界とはきっぱりと別れたのですが、相変わらず女性と話すのが苦手でした。母親のような年代の女性とは気さくに話せるのですが、自分と同年代の女性と話をする事が出来ないのです。もちろん女性が嫌いな訳ではありません。早く自分も一人前に彼女を作って、将来は結婚して幸せな家庭を築きたいという夢を持っていました。


30歳になる頃には、自分と同じモテない仲間だった友達も次々に彼女を作っていました。モテないのは友達も一緒と心のどこかで安心感を持っていたので、彼女が出来たという報告はかなり衝撃的でした。どのようにして彼女が出来たのか自分にも教えて欲しいという気持ちはありましたが、変なプライドが邪魔をして、「良かったね」など余裕のある発言をしていたと思います。でもこの頃から「早く彼女が欲しい」と焦り始めました。


f:id:mozzarellatan:20170904030054p:plain


仕事をしていると、無理をしてでも女性と話さなければいけません。さすがに何年も勤めていると、同年代の女性と話す事もいちいちドキドキしなくなりました。ただ私が出来るのは仕事の話だけで、女性と冗談を言い合える仲ではありません。そんな私の事を心配して、先輩達が女性社員に私の事を真面目な男だから結婚相手にオススメなどアピールしてくれましたが、女性陣は笑ってごまかすだけで、なかなか相手にされませんでした。


街コンに参加してみた


このままでは一生結婚が出来ないと思い、34歳にして初めて街コンに参加してみました。自分の事を知らない、先入観のない相手だったら、もしかすると良い出会いがあるかもしれないと思ったのです。ただ初めての街コンは私には敷居が高く感じられました。参加している男性も女性も、みんな話が上手で、どうして初対面の相手にこんなに流暢に話が出来るんだろうと戸惑いました。


[スポンサーリンク]


参加しているものの、自分の姿は他の人達には見えていないかのような存在感の薄さで、誰からも話しかけられず、誰にも話しかける事なく、一人でお酒を飲んでいたのですが、そんな私を見兼ねて一人の女性が話しかけてきてくれました。明らかに自分より年下とわかる女性で、年齢を聞いてみると10歳も年下という事が判明しました。


可愛らしくハキハキと話をする女性で、年齢は私の方が上ながら、彼女はタメ口、私は敬語で話をしていました。何となく彼女の雰囲気に慣れてきた頃、彼女から痛い所を突かれてしまいました。「彼女はいないでしょ」と言われたのです。ここで嘘をつく訳にもいかず、私が正直にこれまで彼女が出来た事がないと白状すると、彼女から強烈なダメ出しが始まりました。


f:id:mozzarellatan:20170904023453p:plain


セカンドバックを挟んでいる姿があり得ない


まずセカンドバックを脇に挟んでいる姿があり得ないと言われたのです。さらに顔がテカテカしていて、35歳よりも老けてみえると断言されてしまいました。確かに私はオシャレに関して無頓着だったと思います。セカンドバックは父親から譲り受けて、特に何の抵抗もなく使っていました。若い女性にダメ出しされた事で一気に目が覚めた気がします。


街コンの帰りには早速男性ファッション誌を購入し、35歳男性のオシャレなコーディネート術を勉強し始めました。また顔のテカテカを無くすために、こまめに顔の皮脂を拭き取るようにしています。現段階ではまだ彼女は出来ていませんが、職場の女性陣からは「最近雰囲気が変わりましたね」と言われました。自分の変化を女性が気づいてくれた事だけでも嬉しく、大きな一歩だと思っています。


www.momochakei.com



[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ