車中でつまらない話を念仏のように延々と続ける男はもてない


f:id:mozzarellatan:20170908163128p:plain


ルックスが悪くても話が面白い人はもてると聞いたことがあります。また車を持っている男性が減ってきているので、車を所持してドライブを趣味にしている男性も人気があると知りました。この2つの情報をもとに、私は女性に効果的にアプローチする作戦を考えたのです。作戦といっても少しも複雑ではありません。女性をドライブに誘って、車中で興味深いを話をするだけです。


[スポンサーリンク]



運転中は女性に話すことができる


私はあまり人と話すのが得意ではありません。特に異性を目の前にすると、何も話せなくなることがよくありました。しかし運転中は、前を向いていられるので女性を見ずに済みます。そのため運転しながらであれば、いつもよりは話せると考えました。私は知識が豊富なので興味深いを話をすることができるはずです。


そういう自信があったので、この作戦はきっと成功するという予感があったことを覚えています。ドライブしているだけで女性は気分が良くなり、そこに私の話が加われば失敗するわけがないと感じたのです。


f:id:mozzarellatan:20170904030125p:plain


しかし、それは大きな過ちであったと後から分かりました。今は女性はそれほど単純ではないと分かっています。女性と接した経験が少ない当時の私には、そんな簡単なことも分からなかったのです。当時の私には気になっている女性がいました。私は勇気を出して何とかその女性をドライブに誘ったのですが、何度か断られて非常に悲しかった記憶があります。


それでも諦めずに誘い続けて、半年後に何とかドライブに連れていくことに成功しました。そのときの私は有頂天で車中でさっそく話を始めました。女性が喜びそうな話を半年の間にしっかり準備していたのです。そのため失敗するなんて微塵も感じていませんでした。


ドライブ中に意中の女性と話したが・・


私が最初に話したのは女性の社会進出についてです。社会がどのように変化していくのか私の見解を延々と語り続けました。女性にとって明るい未来が待っていると認識させて、明るい気分になってもらうのが狙いです。最初のうちは女性は私のほうを向いて聞いていました。しかし途中から顔を窓のほうに向けて、聞いているのか分からなくなったのです。


[スポンサーリンク]



少し不安になりましたが、海岸沿いを走っていたので海を見たいのだろうと解釈しました。海の景色と話を同時に堪能して満足していると考え、私は次の話を始めたのです。次に選んだ話題は、女性の肌と遺伝子の関係についてです。遺伝子を解析することで肌トラブルの回避に役立つという話を延々と述べました。


私の口は絶好調で、これまで異性の前で上手く話せなかったのが嘘のようです。その後も次々と女性が興味を持ちそうな話を続けました。女性に好印象を与えたことを確信していた私は、しばらく経った後に大きなショックを受けることになります。その女性がイヤホンをしてスマートフォンで動画を見始めたのです。


女性がスマホの動画を見始めて


明らかに私の話を聞きたくないという意思表示でした。私は混乱してしまい、どうすれば良いのか分かりません。自分の作戦が失敗することは全く想定していなかったので当然です。私は作戦を変更するような柔軟性を持ち合わせていません。そんな私にできることは一つだけでした。そのまま延々と事前に考えてきた話を述べ続けたのです。


f:id:mozzarellatan:20170904025411p:plain


女性が動画を見ているので、邪魔にならないように声を小さくしました。非常に情けないですが、念仏を唱えるように話し続けることしかできません。そこから女性を自宅に送り届けるまで30分以上小声で話し続けました。女性はお礼をいうこともなく自宅に戻っていったのですが、その後ろ姿をはっきりと覚えています。


それ以降、その女性に話しかける勇気は出ませんでした。私の話は女性にとって、つまらない話だったのでしょう。そんな話を延々と続ける男性はもてなくて当然だと今は分かります。


www.momochakei.com



[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ