恋人の顔から嘘を見抜け!うまくいかないのは相性が原因ではない?!


f:id:mozzarellatan:20170904024123p:plain


顔から嘘を見抜けること、ご存知でしたか?恋人となんだか最近うまくいかない・・・僕たちは相性が悪いのかな?と思っているあなた、それはもしかしたら「相性」が原因ではなくて、恋人の「嘘」が原因なのかもしれませんよ。


僕にもそんな経験があります。なんだかすれ違いが多く、一生懸命彼女に寄り添おうとしている僕の気持ちも空回りしている気がする・・・僕と彼女って、そもそもの相性が悪いのかな?・・・そんなことを考えてぐるぐると悩んでいる毎日でした。


[スポンサーリンク]



しかし、心理学の本を読んだり、テレビの特番などで相手の表情から嘘を見抜くコツを知ってからは、彼女の嘘が読み取れるようになったのです。そう、僕たちは「相性が悪い」のではなく、「彼女が嘘をついていた」ためにうまくいかなかったのです。顔から嘘を読み取るには、コツがあります。簡単なコツで、相手の深層心理まで分かるようになるのでぜひ活用してみてくださいね。


相手の視線の位置から嘘が読み取れる


僕たちには、決まった視線の位置があります。その視線の位置は、誰もが皆バラバラなのですが、個人個人で決まった視線の位置があるのです。


どういうことかというと、相手の顔を正面から見た状態で、相手の視線が「右上」「右下」「左上」「左下」の4つの区分けをします。その区分けで、嘘が分かるのです。


具体的な例を挙げましょう。例えば僕が恋人に「今朝は何を食べてきたの?」と質問をしたとします。そのとき彼女は、頑張って今朝食べたものを思い出そうとすることでしょう。「えーと、えーと・・・、あっそうだ、バターを塗った食パン!」などと答えてくれると思いますが、その「えーと、えーと・・・」と考え込んでいるときの彼女の視線が、どこにあるのかを見ておいてください。彼女を正面から見た場合に、右上?右下?左上?左下?


f:id:mozzarellatan:20170904024100p:plain


・・・たとえば上記の質問の際に、彼女の視線が「左上」に置かれていながら「えーと、えーと・・・」と言っていたとしましょう。視線の位置は、脳と直結しています。つまり、彼女にとっての「左上」は「実際に起こったことを思い返す場所」なのです。


別の機会に、また違う質問をしてみましょう。今度は「実際に起こってはいないこと」を聞いてみるのです。たとえば僕が以前に彼女に質問したことは「もし1億円が当選したら、何に使う?」でした。すると今度は彼女は、右下を見ながら「えーと、えーと・・・」と考え込みました。そして「えーと、えーと・・・、バリ島に旅行に行く!」と答えてくれました。


この質問と視線の位置から何が分かるのかというと、彼女にとっての「右下」は「実際に起こっていないことを想像して答える場所」、つまり「嘘のことを言う場所」なのです。


これを応用すると、簡単に嘘を見抜くことができます。「何で昨夜、連絡が取れなかったんだろう・・・まさか、浮気していた?」など気になることがあったら、聞いてみましょう。僕が以前に彼女に「昨日の夜、何をしていたの?」と聞いたとき、彼女は右下を見ながら「え?昨夜?えーと・・・家族と外食をしていたよ」と返してくれました。


しかし僕の彼女の例で言えば、もし答えるときに視線が「左上」にあればそれは本当のことを答えてくれたのでしょうけど、視線が「右下」にあったので、彼女の回答は疑わしいものです・・・。ぜひ、使いこなしてみてくださいね。


[スポンサーリンク]



笑うときに口元が左右非対称


本当に楽しいときって、大きな口で無邪気に笑いますよね。でも、愛想笑いや、本当は楽しくないのに楽しんでいるかのように笑うときって、必ず口元にそれが現れるのです。


例えばレストランなどで、彼女と正面から向き合う機会はたくさんあると思いますが、彼女の口元をチェックしてみてくださいね。あなたからの話に対して「あはは・・・」と言葉では言いながら口元は片方だけの口角が上がり、極端に言えばカタカナの「ノ」の字になっているかもしれません。


それは、厳しい話かもしれませんが「話が楽しくない」「ただ、付き合って笑ってあげているだけ」という心境の表れです。もっと単刀直入に言うと「あなたと一緒にいたくない」「早く帰りたい」などとも受け取れます。

f:id:mozzarellatan:20170904024036p:plain


目線が合わない


恋愛感情の冷め切った夫婦によく見られるのが、「お互いが視線を合わさずに会話する」ということです。好きな相手のことは、いつでも見ていたいし、顔を思い浮かべるだけで幸せな気分になれますよね。でも、話しているときに目線が合わないことが多いのであれば、彼女はあなたに何かしらのネガティブな感情を抱いている可能性があります。


例えば「一緒にいることが苦痛」「もう恋愛感情なんて冷めてしまった」「義務感や惰性で一緒にいるだけ」などが考えられるでしょう。


まとめ


例えば本当は相性が良いのに、どちらかが付き合いに対してネガティブな感情を抱いていれば、すれ違いや空回り感が生じやすくなります。それはつまり、先述のように「相性が悪いから」ではなく、「恋人が、この関係に対して何かしらの嘘をついているから」なのです。


恋人の顔から嘘は見抜けますので、相性が悪いから別れる!と即決せずに、今一度、相手の表情をチェックしてみてくださいね。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ