意思をもっていない男は信用できない!イエスマンはモテません


f:id:mozzarellatan:20170831163408p:plain


僕はどちらかというと人の意見に左右されながら、今まで生活してきました。そのため「あなたには自分の考えは無いの?」と言われたり、「人の真似ばかりしていて楽しいの?」と聞かれることもありました。もちろん僕にだって自分の考え方はありますし、それを実現したい気持ちだって十分にあります。


ですがワガママに自分の意見ばかり押し通していたら、それはそれで怒られることになります。結局見た目の悪い僕はいつも誰かに従って生きることで、なんとかバランスを保っているのです。


[スポンサーリンク]


病院での出来事


先日僕は足の裏に鈍い痛みを感じたので確認してみると、中指の下あたりにコブのような腫れができていました。大きさは三センチ程度で、赤みや熱を持った感じも無くただ腫れているだけでした。何か悪い病気だったら大変だと思った僕はすぐに近くにある病院に行きました。診察を待っている間は「もし手術になってしまったらどうしよう。」とか「何か悪い病気の前兆だったどうしよう。」と不吉なことばかり考えていました。


しばらく待っていると看護師さんに呼ばれたので向かうと、診察の準備をすることになりました。足の裏の診察だったので靴と靴下を脱いで、ベッドの上で横になることになりました。担当の看護師さんは若くて美人だったので僕は足のにおいばかりが気になっていましたが、特に嫌そうな顔はされなかったのできっとセーフだったのでしょう。診察室の天井を見て待っていると、医師が診察に来ました。


f:id:mozzarellatan:20170825031043p:plain


僕は足の裏の腫れと歩いた時の痛みについて説明しましたが、医師は聞いているのか聞いていないのかわからない様子でカルテに何か記入していました。それから医師が僕の足の裏を観察して触ってすぐに「これは中に水のようなものが溜まってます。それを注射針を刺して抜くか、このまま体内に吸収されるまで待つかどちらかになります。」と言ったのです。


注射するか、放っておくか


僕は「これは病気ですか?放っておいてもいいのですか?」と質問すると、「別に放っておいても問題ありませんし、痛みが気になるなら注射針で治療しますよ。」と淡々と説明してきました。僕はどうしたらいいのかわからず困っていると、「少し考える時間をあげるので決まったら教えてください。」と言って医師は診察室から出ていってしまいました。


取り残された僕に美人な看護師さんは、「怖いですよね。大丈夫ですよ、ゆっくり考えてください。」と微笑みかけてくれました。これが白衣の天使だと思える姿でした。僕は看護師さんに「僕みたいな腫れができた人はみんなどちらの方法を選ぶのですか?」と聞いてみました。


[スポンサーリンク]


看護師さんの話によると腫れが体のできる場所にもよるが、大体が痛みがあるので注射による治療を選択する人が多いとのこと、また麻酔をするので痛みもないしすぐに治るとのことでした。


それでもどうするか決められないでいると看護師さんも面倒になってきたのか「本当に男の人なんですか?注射は痛いのは一瞬だけど、何もしなかったらしばらく歩く時痛いんですよ?私はどちらでも構いませんが、意志の弱い男は嫌われますよ。」と真顔で言ってきました。ここまで言われたら僕もやるしかありません。


注射をすることにしたが


決めてからはあっという間に準備され、足の裏に冷たい何かが塗られたと思ったらすぐに注射針を刺されていました。医師も看護師もそんなに痛くないって言ってましたけど、飛び跳ねそうなほど痛いです。時間にして数十秒だったかもしれませんが、僕にとっては数時間にも感じられました。ちょっと涙が出てしまっていたほどで、看護師さんは少し笑っていたようにも思えます。


僕の考えすぎかもしれませんが、本当にあの瞬間は彼らが鬼のように見えました。その後ガーゼを貼って治療は終了となり、歩いていいですと言われました。あんなに痛いことをされたのにすぐに歩いていいのかと不安になりましたが、一歩踏み出してまったく痛みが消えていることに気が付きました。


f:id:mozzarellatan:20170825023206p:plain


やっぱりちゃんと治療してよかったと思った瞬間です。診察室を出ようとした瞬間「またできたら来てくださいね。お大事に。」と言うので、「また出来る可能性があるんですか?」と尋ねると「ありますよ。」で終了です。詳しく聞くと何回も繰り返すなら切開して中の液体の溜まる袋を取り出しますとのことでした。


まとめ


今回思ったのは、その場の勢いではいはいと決断したイエスマンの僕が一番悪かったということです。ちゃんと話を聞いて冷静に判断すればよかったのに、周囲に流されてイエスマンになってしまった僕がいけなかったのです。結局その後も何度か同じ腫れができることになりましたが、僕は放置する道を選びました。最近では腫れることも無くなったので、治ったのだと思います。


でも思うのはあの時病院ですぐに痛い治療を選んでいたら、看護師さんは僕のことを認めてくれたのでしょうか。それだけは気がかりですが、彼女はあまり信用できる印象じゃなかったので諦めることにします。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ