Twitterで女の子フォローしたらブロックされちゃった!?


f:id:mozzarellatan:20170829030645p:plain


Twitterでフォローしていた人からある日、ブロックされるケースは少なくありません。ブロックの確認はちゃんとした方法がありますが、細かい作業をしなくてもブロックの確認はできます。それはブロックされるまでなかったイレギュラーが発生するからです。そのイレギュラーは大まかに6つに分けられ、ほとんどが相手の情報が画面に表示されない事に尽きます。


[スポンサーリンク]


発生するイレギュラー


まず1つ目のイレギュラーは相手のプロフィールが閲覧できなくなります。「閲覧ができない」と知らせる画面では「相手からブロックされている」というメッセージが表示されるため、ブロックの有無を確かめる事ができますが、相手をフォローしようとした際にもブロックされていたら「ブロックされているので」という同様のメッセージが表示され、拒絶されます。これが2つ目のイレギュラーです。


3つ目のイレギュラーは画像に写っているユーザーをタグ付けできなくなる事で、4つ目のイレギュラーはリストに追加できなくなります。以前からリストにあった場合、リストからブロックしたユーザーの名前が消え、改めてリストに入れようとしても「この操作は許可されていない可能性があります。ページを再読み込みしてお試しください。」というエラーを伝えるメッセージが表示されるだけです。


それから相手のリツイートやお気に入り登録を閲覧できなくなります。これが5つ目のイレギュラーです。


f:id:mozzarellatan:20170819035317p:plain


現状、ブロックされたらブロックしたユーザーのリツイート、お気に入りの登録や閲覧は出来ません。元々リツイートしても「この操作は許可されていない可能性があります。ページを再読み込みしてお試しください。」というエラーを伝えるメッセージが表示されるのみです。お気に入りの登録は登録自体が出来なくなっていましたが、2016年6月に実施された仕様の変更により、さらに強固になりました。


そして6つ目のイレギュラーは相互にフォローしていた場合、その相互フォローが強制的に解除される事です。文字通り互いの関係が白紙になっているわけですが、解除される事によってブロックしたユーザーのツイートが自分のタイムラインに表示できなくなります。相手も同様です。それからダイレクトメッセージの送受信もブロックされたら、一切なくなります。以上がTwitterでブロックされた際のイレギュラーです。


ブロックされたらどうすれば?


ブロックされたら最後、相手側がブロックを解除しない限り、ブロックを受けたアカウントの持ち主は相手を知る事はできません。逆に言えば新しいアカウントをつくって再びフォローする事がブロックを受けた側の唯一の解決法と言えます。しかしその場合、障害になるのは自分自身です。


[スポンサーリンク]


正確に言えば自分の良心やプライドなどが「それでいいの」と訴えてきます。少なくとも自分はそうでした。自分は以前、Twitterで気になる女の子をフォローしたら突然ブロックされました。そのブロックはあまりにも自然かつ唐突だったので、とてもショックだった事をよく覚えています。


「何で」や「どうして」と思う気持ちはあったものの、直接会って尋ねる以外ブロックした理由を知る術はありません。そこは何とか受け入れられたものの、ブロックという現実は自分を自己嫌悪の渦に突き落としました。「やっぱり自分なんて」や「どうせ面白くない不細工だよ」など自分自身に対する不満を心の中で呟いていたものです。今でもモテない男ですが、当時を振り返ると我ながら傍にいたくない男と自分でも断言できます。


言い訳をするなら、気になる女の子が自分のツイートを許してくれた興奮が一気に突き落とされたからです。日頃女の子と恋愛をしてみたいと思っても、恋や女の子が怖い自分にとってネット上は女の子を知る唯一の場所であります。全員がありのままでない事は承知していますが、それでもアップされている情報を見て気になる女の子が出来てしまうのは仕方がありません。


f:id:mozzarellatan:20170816033934p:plain


ある本で「付き合ってもいないのに異性を好きになるのは憧れでしかない」という名言がありましたが、分かっていても「この子いいな」という気持ちは抑えられません。そういった感情もあってブロックされた後の自己嫌悪は凄まじかったです。


その勢いは自分を新しいアカウントをつくらせようとするほどでした。しかしいざ最終段階を実行しようとすると、先述したように自分の良心やプライドなどが「それでいいの」を抑えつけ、「スパムだと思ってブロックされたとしたら当然じゃないか」と理性が冷静になるようにと語りかけてきました。おかげで暴走は免れましたが、自暴自棄になっている心とバランスを取ろうとする理性とのジレンマは飽きるまで長く続いたものです。


まとめ


その経験を踏まえるとTwitterでブロックされたら、割り切ってドライになるしかありません。たとえ未練があっても、それが自分自身のためになります。つまりブロックされたら潔く諦めるしかないという事です。



www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ