ムチムチの太ももよりもムチムチのふくらはぎの方が興奮します。


f:id:mozzarellatan:20170829025640p:plain


男性に性癖やフェチは多岐にわたります。例えば、多くの男性が好きだと言っている「胸」「おしり」ならば簡単に共感を得ることもできるでしょうし、「足」だったとしても共感を得ることはそれほど難しくはないでしょう。「ムチムチとした太ももを見ると性的興奮を感じてしまってどうしようもない」という男性は多いのですが、個人的にはふくらはぎのほうが魅力的に映るのは変なのでしょうか。


[スポンサーリンク]


性的興奮の箇所は人それぞれ


「胸好き」「お尻好き」「足好き」「腕好き」「血管好き」「お腹好き」「おへそ好き」など、異性のどの部分に対して強く性的興奮を覚えるのかは人それぞれ違っています。多くの人が共感できる部位というものはあるにしても、細かな内容まですべてがまったく同じになることはそう多くはありません。たとえば、同じ「胸好き」という男性だったとしても、大きい胸が好きな人もいれば小さい胸が好きな人もいます。


ということは、「足好き」という中には太ももに魅力を感じる人もいれば、私のようにふくらはぎに魅力を感じる人がいても何らおかしなことはないと思いますが、いかんせん友人などにそのことを話すと「共感できない」と言われてしまいます。この部位が好きになったのは最近ということではなく、物心がついたころには女性を見るときにまずここから見てしまっていました。


f:id:mozzarellatan:20170825030415p:plain


足、顔、胸、お腹そして全身という風に視線が動くため、女性からは良く「舐めまわされるようだ」と言われてしまいます。もっとも、可能なのであればそうしたいという願望があるのは事実で、それに近い視線の動きをしていることは自覚しています。目の前に女性がいれば全身を隈なく見たいという欲求が生まれて何の不思議があるのか分かりませんが、けっして良いことではないのだろうということもすでに学びました。


「足が好き」という男性のタイプは


「足が好き」という男性のタイプとして、部位によって興味の対象が異なる場合はもちろんですが、同じ部位でも他の部位が好きだという人たちよりも個人のこだわりが強いように感じます。たとえば、むっちりとした感じが好きな人もいればほっそりとした感じが好きな人もいます。また、どちらかに偏っているものを良しとしない人もいて、その加減も独自の基準を採用しているので非常に難解です。


たとえば、グラビアアイドルなどの写真を並べて「どれが好みか」という質問を投げかけたとすれば、選択肢が限定されるためにいくつかのタイプに分類することができるかもしれません。ただ、一つの選択肢(写真)を選んだ人たちの中でも「理想的だ」と感じている人もいれば、「この中ではこれ」という程度に妥協策として選択している人もいます。


[スポンサーリンク]


フェチの本当の意味


また、おおむね満足できている人たちを集めてみても、「もう少しこの部分が太い方が良い」「細い方が良い」「丸みがある方が良い」「角ばっているところが好き」などさまざまな注文が出てくるものです。これはいわゆる「フェチ」に該当するこだわりなのでしょうが、世の中のほとんどの人はフェチの意味をはき違えて認識しているのが問題です。


本来の意味でいうフェチとは、端的に言って「性的興奮を覚えるかどうか」がポイントになります。私の場合ならばふくらはぎを見るだけで勃起してしまうのですが、胸を見て「いいね」と感じるもののそれ以上の感覚を覚えないのであればフェチとは言えません。もっとも、胸やお尻ならばセックスシンボルにもなり得るので性的興奮を感じることが多いでしょうが、太ももを見るだけで性的欲求が高まってしまうかどうかが問題です。


もしも、女性と積極的にスキンシップをとることが造作もなく感じられる人だったとして、いわゆる「イケメン」なら話は別です。最悪でも「フツメン」以上のルックスを持っていて人付き合いが苦手でない人ならば、一人や二人の恋愛経験、性交体験があっても不思議ではありません。


f:id:mozzarellatan:20170812020459p:plain


個人的に童貞ではないものの、自分が理想的だと感じている人と関係を持つことは不可能であろうと思える人にとっては、常に欲求不満の状態だと言っても過言ではありません。


理想が分からないうちは選択が難しい


理想的かそうでないかに関係なく、数多くの経験があれば「こういうのも良いかもしれない」と幅を広げていくことができるのかもしれませんが、それはあくまでも「一度は理想に近いものを経験しているから」でしょう。理想がどの程度の印象を与えてくれるのかを分かっているからこそ現実的な比較や好みの変更が可能になるのであって、理想がどの程度のものかわからないうちはそれ以外を選択することは難しいです。


たとえば電車でミニスカートをはいている女性が足を組んでいたとしたら見たくなってしまうのは男性の性でしょうが、多くの人が視線を向け宇野は太もも、または三角ゾーンです。しかし、そんな状況だとしてもふくらはぎに目が行ってしまうので、ミニスカートであるかどうかは何も問題ではありません。足首から少し上がみえてさえいれば良いだけなので、世の女性のほとんどは性的興奮を刺激してくれます。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ