恋人が欲しいのに、できない・・・。いえ、モテることは可能です!


f:id:mozzarellatan:20170825022545p:plain


恋人が欲しいけれど、「彼女いない歴=年齢」になっているから、もう一生彼女なんてできないままなんだろうな・・・。このように、恋愛に対してすでに諦めモードの男性は、世の中に多くいます。


しかし、諦めないで欲しいのです。今までのあなたを振り返り、見直し、新しく出発してみれば、また新たな道が開けるかもしれませんよ。「自分改革」「行動改革」は、いつからでも遅くないのです。どれも難しいことではありませんので、一緒に今すぐ始めましょう!


[スポンサーリンク]


自ら出会いのない環境のままでいる


中学校、高校はずっと男子校。そのまま卒業して就職したけれど、同僚は男ばかり。今はもう、そんな職場と家とを往復しているだけの毎日・・・。確かに、それでは彼女いない歴がだんだん更新されていくだけで彼女ができないのも無理ないですよね。


そんなときは、情報媒体を活用しましょう!スマホでもパソコンでも、今は不特定多数と交流が持てる時代です。僕なんかは、SNSを活用しています。例えば「今日の夕飯は、つくねで~す!」など、取るに足らない日記を毎日更新していますが、それでも「友人」が20人くらい毎日コメントをくれたりします。


そのうちのほとんどは、実際に会ったことはないものの、ネット上の付き合いがもう6~7年くらいになります。もう、「旧知の仲」といった感じで、会わずにいてもお互いのことがよく分かっています。


そして、その「友人」のうちの数人は、実際に会ったことがあります。「たまたまあなたの住んでいる近くに行く用事があるから、ついでに会おうよ」と相手から誘われることがほとんどです。もちろん女性と実際に会ったこともありますよ。それが、僕の今の彼女なのです。


f:id:mozzarellatan:20170825022608p:plain


またSNSサイトには、日記機能だけではなく、コミュニティ機能があることがほとんどです。趣味や嗜好ごとの掲示板が大量に乱立されているので、その中で好きなコミュニティサークルに加入することができるのです。僕は多くのコミュニティサークルに入っています。釣りが好きなので「釣り好き集まれ!」のようなサークルに加えて、「○○県で飲み会をしよう!」といったオフ会がメインのサークルにも入っています。


僕がコミュニティサークルへの加入をおすすめする理由は、「オフ会があるから」です。恋人が欲しいのであれば、このオフ会が便利なのです。同じコミュニティに入っているということは、ある程度趣味や嗜好が同じなわけで、話も合いやすいのです。もちろん、お互いに初対面同士、という状況ではありますが、共通の話題がすでにあるのですから、仲良くなれる可能性は高いのです。


ですので、恋人が欲しいあなたは、SNSや、SNS関連のサービスを活用することをおススメします!


[スポンサーリンク]


背筋を伸ばし、胸を張る


例えば、イケメンを想像してみましょう。想像上のものなので、どんなイケメンでも構いません。次に、そのイケメンが、猫背で、自分に自信がなく「どうせ俺なんて」が口癖で、いつもサンダルのかかとを引きずりながらヨタヨタと歩いている様子を想像してみましょう。あなたは、彼に魅力を感じますか?女性は、彼に魅力を感じると思いますか?


つまり、それの逆を意図的に実行しましょう。もしあなたが自分の外見に自信がなかったら、その自信のなさをそのまま態度に出すのではなく、あえて演技をして「常にシャンとしている自分」でいるのです。


例え自分の外見に自信がなくたって、あるいは性格に自信がなくたって、気の利いたことができないのであっても、胸を張って堂々としていて、ポジティブ発言ばかりして、さらにいつも笑顔でいるように心がければ、かなり違って見えるものですよ。そんなあなたに、魅力を感じる女性だって多いのです。


f:id:mozzarellatan:20170825022632p:plain


笑顔は人を引き寄せますし、堂々としている姿は女性にとって「頼れる男性」というイメージに直結します。恋人が欲しいのであれば、まずは堂々とした演技をしてみましょう!


イベントに繰り出す


これも、先述した「オフ会」と似ていますが、種類が違います。例えば夏祭り、音楽フェス、ハロウィンパーティーなど、世の中の様々な行事を活用するのです。いかにもナンパっぽく「へい、彼女」と言えというわけではなく、イベントでの様々なアクシデントを利用するのです。


例えば、人がギュウギュウであれば、肩がぶつかってしまうこともあるでしょう。「あっ、ごめんなさい」から始まる恋だって、ドラマの中だけの話ではありませんよ。あるいは「すみません、このカメラのシャッターを押してもらえますか?」とカメラを渡すことから、会話が発展していくかもしれません。イベントは、まさにチャンスの宝庫なのです。


まとめ


恋人が欲しいのにできない!と嘆いているだけで、空から好みの女の子が降ってくるわけもありませんよね。まずは行動、そして実行あるのみなのです。「自分は恋人ができない人間なんだ」と卑下せずに、今日から様々なことにチャレンジしてみて欲しいです!


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ