副業で「モテない男が書きそうなブログタイトル募集」を見つけた


f:id:mozzarellatan:20170819040258p:plain


冴えないサラリーマンの僕は毎日家と職場を行き来し、先輩のつまらない話に相槌をうったり、上司にぺこぺこと頭を下げ、仕事が終われば家に帰ってご飯を食べて寝るという単調な日々を送っていました。こんな何気ない毎日を送っている僕はこの世に生きている意味があるのだろうか、誰が僕を必要としているのだろうかとふと考えることがあります。


しかし考えたからといって答えが出るわけではなく、起きて仕事して帰って寝るというこの一連の流れは何年も崩されることはありませんでした。


[スポンサーリンク]


働くようになってから出不精に


たまに友達に遊びに誘われることもありましたが、この一連の生活リズムを崩すのが面倒になり、よっぽど乗り気にならない限りは行かない出不精になっていました。学生時代はもっと友達と遊ぶことに楽しさを見出していたし、それなりに女性にも興味を持っていたはずなのに、どうしてこんなにも変化してしまったのだろうと自分で自分が不思議で仕方がありません。そんな僕には当然彼女もいません。


世の男性たちはどうすれば女性にモテるのか一生懸命模索しています。筋トレをしてみたり、ヘアースタイルやファッショの流行を調べたり、趣味だと言えばカッコイイと思われそうなサーフィンやダーツを始めてみたり、本当に努力家ばかりだと僕は思います。きっとそうやって前向きに頑張っている男性だからこそ女性はその男性に魅力を感じるのだろうと思います。


何の努力もしない僕は、ルックスがどうという問題以前に「面白くない男性」になってしまっているから女性の眼中にもないのだなと思います。


f:id:mozzarellatan:20170814032423p:plain


副業をしてみることに


そんな僕が今やりがいを見出しているのは仕事でした。頑張れば評価してもらえることもあるし、お金がもらえれば食べたい物を食べたり、欲しい物を買ったりすることができます。自分のためだけにお金をまわすことができるのです。独身ってなんて素敵なんだろうと思いました。そしてお金を稼ぐことが楽しくなってきた僕は、本業とは別に副業をやってみることにしました。


インターネットで調べてみると、副業にもたくさんの種類があることが分かりました。しかし普段働いている僕にとっては内職をしたり、日雇いの仕事をするというのは難しかったので、自宅にいながら空いた時間にできるライティングの仕事をやってみることにしました。


別に作家やライターの経験があるわけではないので文章を書くことが得意というわけではありませんでしたが、長文を書かなければならないものから、レビューを書くなどの文字数が少なくて短時間で終わるものまで幅広い案件があったので、できるものから挑戦していけばいいかという気軽な気持ちで始めてみることにしたのです。まだライティングの仕事を初めて数日のこと、ある1つの案件が目に入りました。


[スポンサーリンク]


「モテない男が書きそうなブログタイトル募集」


一体この一文にはどのような意味が込められているのだろうと僕は不思議で仕方がありませんでした。モテない男というのは一言で表すことができません。


女性には興味があるものの、周りからいじられてしまうほどルックスがよくないからモテない男性なのか、ルックスが悪いわけではないけれど二次元ばかりに目がいって三次元に興味がないからモテない男性なのか、僕のように仕事人間になってしまってプライベートに時間をさくのが面倒だからモテないのか、どの視点もそれぞれ違いますし、モテないの意味も広すぎてよく分かりませんでした。


このブログの仕事に挑戦


どのようなタイプのモテない男性が書きそうなブログのことを指しているのか分かりませんでしたが、間違いなく僕のようなタイプも「モテない」の分類には入るだろうと思い、挑戦してみることにしました。


ブログを書くのではなくブログタイトルを考える仕事なので文字数も少ないし、それほど大変ではないだろうという気楽な気持ちがあったからです。しかし、取り組んでみると意外と難しいものでした。まずはブログの内容に合ったタイトルを考えなければならないのですが、そのブログが一体どのような視点で書いたモテない男性のものなのかが分からないので案が一向に思い浮かばなかったのです。


f:id:mozzarellatan:20170814032335p:plain


そうやって考えていくうちにまるで迷宮から抜け出せなくなってしまったかのような感覚に陥り、タイトルを考えるだけの仕事なのにまるで数千文字の大型案件に取り組んでいるような大変さを感じました。


何気なく読んでいる本やインターネットのコラム、ブログ、様々な文章がありますが、これを考えるのにどれだけの時間がかかっているのだろうと思うとライターという仕事はすごいなと思い知らされました。たった数文字のブログタイトルすら思い浮かばなかった僕にとっては、本当に尊敬に値するような仕事です。


モテない男という立場としては間違いなく僕はあてはまります。だから簡単に書けると思っていましたが、意外と簡単ではありませんでした。仕事の難易度は必ずしも文字数だけではないのだなということを取り組んでみて初めて知りました。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ