キャバクラに行ってもキャバ嬢も寄ってきません。1人で飲んでました


f:id:mozzarellatan:20170819034238p:plain


先日、とても悲しい体験をしました。僕は20代半ばの社会人3年目です。しがない3流大学を卒業して、しがない会社に就職して現在に至ります。見た目も冴えなくて、中学時代、高校ともに共学だったのですが、地味な男だけグループに常に所属し、男女入り混じった華やかなグループを遠巻きに見ながら、同じような地味な男子たちとつるみ、それはそれで楽しかったのですが傍から見たら地味な青春時代を過ごしました。



[スポンサーリンク]


大学に入ってからはあるアイドルに目覚め、バイトと少しの勉強、それにアイドルライブに明け暮れる日々で、これまた女子と交わることのない大学生活を送りました。共学で男女比は男6女4という恵まれた環境だったにも関わらず、です。


そんな僕は社会人になっても地味な生活を送っています。彼女ができることもなく、学生時代ほど時間がないのでアイドルのライブに行かれる機会も減り、それに伴い興味も薄れてきてしまいました。日々の仕事以外は家で1人ゲームをしたり、たまに学生時代の友人と飲みに行ったり、そんな生活です。


初めてのキャバクラ


でも、先日はじめての体験をしました。職場の先輩がキャバクラに連れて行ってくれたのです。それまであまり職場の人たちとプライベートで飲みに行ったりすることはなかったのですが、今年は例年に比べると少しだけ夏のボーナスがアップしたということで、部署の先輩がボーナス記念にとキャバクラに誘ってくれました。


f:id:mozzarellatan:20170812030418p:plain


でも、僕はこれまでの人生でそんな華やかな場に行ったことはなかったですし、綺麗な女性を前にすると緊張してしまうので自分とは別世界だと思い、行きたいとも思ったことはありませんでした。でも、その先輩は常連らしく、行き慣れている風だったので、そういう人に連れて行ってもらえると思うと急に現実味が増し、興味がむくむくと湧き上がっていきました。


そしていざ、先輩の行きつけのお店に行きました。キラキラとしたゴージャスな内装に、普段なら決して関わることがないような華やかで綺麗な女性たちがニコニコと笑顔で挨拶してくれます。先輩は常連なのでママさん直々に挨拶に来てくれて優越感を覚えると共に、知らない世界を垣間見て興奮してしまいました。


[スポンサーリンク]


胸の谷間もあらわなドレスを着たキャバ嬢たちが僕たちの席に座ってくれて、あれこれと興味深げに話しかけてくれます。女性からこんなに話しかけられたのは初めてで、しかもこちらの話すことにいちいちハイテンションに反応してくれて、人生初で女性から「面白い」と言われました。それはそれは夢のような時間で、高いお金を払ってでも通いたくなる世の男たちの気持ちが分かった瞬間でした。


30分が経過すると・・


でも、それは初めの30分だけでした。僕がキャバクラ初心者だったので初めのうちは先輩が一緒のテーブルで、僕と先輩とキャバ嬢数人で話していましたが、僕がキャバ嬢とさしで話している頃合いを見て先輩は隣のテーブルに移ってしまいました。


ハイペースでお酒を飲んでいたこともあり、酔いがまわってくるとお目当てのキャバ嬢と2人で話したいと気が変わったようで、隣のテーブルで二人でイチャイチャし始めました。(といってもお触りとかそういうのではなく、気心知れた常連とお気に入りキャバ嬢が親し気に話していただけですが)


先輩は僕と同じくしがない会社の社員ですが、実家がお金持ちのボンボンらしく、暇つぶしに働いているというような人です。給料はお小遣いなので大好きなキャバクラに毎月大枚をはたいているらしく、お店としても大事なお客さんのようでした。


f:id:mozzarellatan:20170804033400p:plain


でも、僕はその先輩に連れてこられたしがない後輩で、何人かの子と自己紹介のような会話をしましたが、その中から安月給で1人暮らしをしている貧乏社員とバレたのだと思います。見た目もさえないですし、話も面白くなく、上客になる見込みもないということで、途中から隣に誰も座ってくれなくなりました。


お金を払って楽しい時間を買うべくキャバクラでまさかのポツン状態です。邪推かもしれませんが、先輩が僕のことをママに何か言ったのかもしれません。多分もう来ないだろうし、誰も相手したくないなら放っておいていいよ、などと。


先輩の引き立て役


先輩も僕がポツン状態なのは目に入っていると思うのですが、ガン無視でお気に入りの嬢と相変わらずイチャついています。どうにも辛くなって、入店から1時間もしないでお店を出てしまいました。初回だったのでリーズナブルな料金だったのが不幸中の幸いです。といっても、お金を払ってちやほやしてもらえる場でも一人ポツンと相手にされない自分って何なんだろうと思ってしまいました。


先輩もなぜ自分を連れて行ったのかと不思議でしたが、引き立て役だったのだなと思います。お気に入りの子に自分を良く見てもらいたいから、冴えない見た目の自分を連れて行ったのかな、と。


どうせお金を払うのなら、みじめな思いをしない分、アイドルの方がキャバクラよりも全然良いと実感した夜でした。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ