生まれて初めてパーマをかけました。縮れ麺みたいになりました。


f:id:mozzarellatan:20170816032404p:plain


私の髪の毛は直毛ではありませんし、激しいくせ毛というわけでもありません。ですが生え際がうねったり頭頂部にボリュームが出ないという欠点があります。そのためにボリュームを出したいと考えて短いヘアスタイルにすると、生え際のくせが酷くなってしまいだらしない髪型になってしまいます。ですが反対に髪の毛を長めのヘアスタイルにすると頭頂部はぺったんこになってしまい、さらにだらしない印象になってしまうのです。


[スポンサーリンク]


今までは通っている美容師さんと相談しながら適度な状態のヘアスタイルを維持していたのですが、いつも同じヘアスタイルだと飽きてしまいました。しかも何だか一昔前に流行したヘアスタイルをまだ維持しているみたいで恥ずかしさもあったのです。


新しい美容室に行くことに


そこで勇気を出していつもとは違う美容室に行ってみることに決めました。しかも雑誌などで有名なヘアスタイリストのいる美容室を選びました。もちろん人気の美容室なのですぐに予約を取ることも出来ず、予約の日になった頃にはだいぶ髪の毛も伸びていました。


初めての美容室は緊張しましたが、わくわくする気持ちも大きかったです。私は初めての来店ということで指名することもできず、若い男性の美容師さんが担当になりました。なんだかその時は急に不安というか、胸がざわつく感覚がありました。もちろんおしゃれなイケメンではあったのですが、それが逆に私の羞恥心や劣等感を高めていました。


f:id:mozzarellatan:20170816032431p:plain


それでもここまで来てしまったので、髪の毛は彼に託すしかありません。とりあえず生え際のくせやボリュームが出ない髪の説明をしてから、どういったヘアスタイルにするか相談していきました。


パーマを勧められて


その時の髪の毛の長さは耳よりも下で私の中では長めの状態でした。それを見た美容師さんは「パーマをかけて髪のボリュームも出してみたらどうですか?」と提案してくれました。今までパーマをかけるなんて発想は私には無かったため、その提案には一瞬思考回路がフリーズしましたが、その直後に似合わないだろうという不安が襲いました。


私が「似合わなかったら怖い。」と伝えると、美容師さんは「長さは後からでも調節できますし、すぐに伸びるから大丈夫だと思いますよ。」とどんどん私の背中を押してきます。そんな状態に私もどんどん好奇心と希望が湧いてきてしまい、生まれて初めてのパーマをかけることに決めたのです。


[スポンサーリンク]


パーマをかけることを決めてからは準備が着々を行われ、もう一人女性の美容師さんが登場して2人体勢で私の髪の毛にロッドを巻き付けていきました。嗅いだことのない薬剤のにおいと左右から髪の毛を引っ張られる中で私はどうしようもない不安に襲われていました。もちろん美容師さんはその間もたわいもない話を投げかけてくるのですが、内容が頭に入ってこない状況でした。


イケメン美容師とかわいい女性美容師にかこまれる空間自体も私には異世界のように感じられました。20分ほどでロッドの巻き付けが終了し、そこから髪の毛を温める機械が頭上に設置され15分ほど待ちました。その間は雑誌を読んだりコーヒーを飲んだりと、自分がおしゃれ空間を満喫しているようで恥ずかしくなりました。


そして次は髪に巻き付けたロッドを外し、薬剤を洗い流します。この時担当がなぜか先ほどのかわいい女性美容師さんに変わり、洗面台に寝ている時は緊張で心臓が張り裂けそうでした。女性に髪の毛を洗ってもらうのも生まれて初めてだったので、頭皮に体の感覚がすべて集中してしまいどうにかなってしまいそうでした。


でもよく考えると子供の頃は母親に髪を洗ってもらっていたので、生まれて初めてではないなぁとくだらないことを考えながらその場をなんとか切り抜けました。


f:id:mozzarellatan:20170816032459p:plain


爆発に巻き込まれた人の頭みたいに


洗髪が終了して頭にタオルが巻かれた状態で、先ほどの鏡の前に戻りました。すると最初のイケメン美容師さんに担当がチェンジとなり、なんだか急にほっとしました。そしてタオルが外され髪の毛とご対面となるのですが、さほど大きくない目が全開となる光景が目の前にはありました。私の髪の毛は縮れ麺のようになり、まさに爆発に巻き込まれた人の頭のようになっていたのです。


もっとゆるやかなウエーブのパーマになると言われていたのに、どうしてこんな状態になったのか私には理解できませんでした。すると美容師さんが「ボリュームが出ましたね。」と笑顔で言ってきたので、さすがにびっくりして「こんなに縮れるとは思いませんでした。」と言うと「私もこんな経験は初めてです。」と動揺していました。


どうも私の髪の毛は予想以上に弱く、薬剤が効きすぎてしまったのが原因のようでした。それでももうなってしまったものはしょうがないと気持ちを切り替え、長さを整えてもらい美容室を後にしました。



それから二か月間はその髪型で生活することになったのですが、意外にも朝のセットが楽になりメリットもありました。少し髪の毛が伸びてきた頃には程よいボリュームになり、周囲からも高評価だったので悪いことばかりでもなかったようです。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ