男子校だけど、彼女が欲しい!男子しかいない環境で彼女を作るには?


f:id:mozzarellatan:20170812030418p:plain


男子校だと、彼女が欲しいという願いは叶わないのでしょうか?右を見ても左を見ても男子ばかり・・・確かにそんな環境では、そもそも女子との出会いがないですよね。でも、周囲にいませんか?「彼女アリ」の同級生が。


「どうやって彼女を作ったの?」と聞きたくても、なんだか聞きにくいですよね。男子校にいながら「彼女アリ」の状態になるには、どのように行動すれば良いのでしょうか?


[スポンサーリンク]


最もポピュラーな方法「合コン」


男子高校生にとって、女子との出会いの方法として最もポピュラーなものが「合コン」になります。中学時代の同級生のツテから、「クラスの女子、3人紹介できるよ~。でもこちらは男2人しかいなくてさ、あと1人いれば合コンできるから参加して欲しいんだけど、どう?」などと合コンのお誘いが来ることもありますし、あるいは自分から「合コンしてくれそうな女子いない?」と積極的に「合コンを開催してくれアピール」をしても良いでしょう。


そして合コンでは、目当ての女子を1人に絞りましょう。たとえ女子参加者が3人で、3人とも可愛くて1人に絞れない!という場合でも、です。なぜなら、女子は男性の行動をよく見ています。見ていないようで見ているのが、女子なのです。女子は総合的な状況判断で、あなたが「自分だけを好いていてくれるっぽい」のか、それとも「なんだか女子全員と仲良くしているみたい」なのかを判断します。


f:id:mozzarellatan:20170812030444p:plain


「自分だけにアピールしてくれる」と判断していたら女子自身も安心できますが、「なんだかあの人、順番に全員の女子の隣の席に座っていき、お互いのスマホを見せ合っている・・・??」なんて状況に気付いたら、「全員の子と連絡先を交換しているんだな」と、遊び人のレッテルを貼られかねません。


また、合コン終了後の「女子会」で、「○○くんと連絡先を交換したんだ♪」という報告会になったときに、「あ、私も○○くんと交換した」「私もよ」などの状況になったら、誰がそんな、全員と連絡先を交換したような男性と今後仲を深めていきたいと思うでしょうか。


女子は「特別感」が好きなのです。女子は、記念日やイベントにこだわりがちな傾向がありますが、その理由のひとつがこの「特別感」です。「いつもと違う」「他の子とは違う」「自分だけ」という、いわゆる「お姫様願望」が幼いころから根付いているのでしょう。ですので、「女子みんなと仲良くしている男性」というのは恋愛対象外となってしまいます。なんなら嫌悪感さえ抱かれかねません。


[スポンサーリンク]


ですので合コンなど、「一度に複数の女子と出会う状況」のときは、できるだけ早い段階で、1人に絞りましょう。そうすれば最初から最後まで1人だけに専念することができますので、意中の女子からの好感度が上がることでしょう。


友人女性からの紹介


これも、ツテを頼る方法です。中学時代の同級生女子に、連絡を取ってみましょう。できれば、女子高に通っている子がおすすめです。女子高ということは、あなたと同じに「周囲がすべて同性で、出会いがなく悩んでいる」という可能性が高いのです。つまり、女子高に通っている昔の友人に聞けば、思わぬ良い出会いを連れてきてくれるかもしれませんよ。


「誰か彼氏を探してるような子、周りにいない?彼女が欲しいんだよねー、でも俺男子校だからさ」など冗談交じりに相談をすれば、「同じグループの子が、彼氏欲しいって口癖のように言ってるよ(笑)。紹介しようか?」など提案をしてくれるかもしれません。


部活での出会い


「部活といっても、男子校なんだから部活も男しかいないよ!」とお思いのことでしょう。しかし、部活を通じたイベントで、出会いの機会はきちんとあるのです。例えば僕は、高校時代は吹奏楽部に入部していました。部員全体で、他校の演奏会を聞きに行くこともあったし、そこで部員同士の交流を深める機会もありました。


f:id:mozzarellatan:20170812030510p:plain


また自分たちの演奏会を、他校の吹奏楽部が見に来てくれたこともあります。もちろん、演奏会終了後に交流会もありました。そこで仲良くなった他校女子もいますよ。


男子校だからといって閉塞的にならず、部活にイベントに、あるいは文化祭などで他校女子が訪れる機会を狙っても良いでしょう。しっかりと機会を探せば、いくらでもあるのです。そんなチャンスを、ぜひ逃さずに有効活用してくださいね。


まとめ


男子校って、どうしても「寝ても醒めても男しかいない」と思いがちです。ですが、本当にそうなのでしょうか?100%まったくスキがないわけでもないのです。誰かのツテを頼ったり、あるいは自分から積極的に「誰か紹介して」とアピールしたり。あるいは文化祭などのイベント、部活での交流会など、チャンスは多々あるのです。


時折訪れるチャンスを、ぜひ生かしてくださいね。そうすれば、「彼女が欲しいー!でも男子校だから無理じゃん!」と嘆いている他の同級生に、大きく差をつけることができますよ。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ