ホロ酔いの女の子ってなんとかなりそう。ベロ酔いだと逆に無理。


f:id:mozzarellatan:20170725022902p:plain


とにかく自分に自信がなく、好きな子が出来ても、なかなか勇気を出してアプローチ出来ませんでした。大学に入る頃まではまともに話をした事も無かったと思います。大学に入ってからはサークルなどに入って、少しずつ話せるようになりました。免疫がついてきたなと感じていましたが、自分のタイプの子には恥ずかしくてまだ会話をする時は照れてしまうような状態でした。


[スポンサーリンク]


最大のチャンス到来


社会人として働くようになってからは、学生の頃より飲みにいく回数も増えていきました。最初は上司に無理やり飲まされているような感じで、自分が一番に潰れていたと思います。でもそんな上司に叩き込まれたおかげで、どんどんお酒にも強くなっていきました。そして自分がお酒に強くなった事で、飲み会の場でも冷静に周りの状況を見られるようになりました。そして私にとって最大のチャンスが到来しました。


友達に誘ってもらった合コンで、思わず一目惚れしてしまうようなタイプの女の子が来てくれたのです。周りの友達に比べて容姿は劣り、また話もあまり上手ではない私はなかなか彼女にアピール出来ませんでした。それでも自分がお酒に強い、みんなが酔っぱらった時にチャンスがあると目論んでいました。


コンパが始まって1時間も過ぎると、みんなどんどん良い感じで酔っぱらっていき、意中の相手も顔が真っ赤になっていました。素面の状態では積極的に話しかけられないものの、自分も多少お酒が入り、相手も酔っぱらっている状態なら何故か堂々と話しかけられる事が出来ます。


そこで勝手に席替えタイムを提案し、彼女の横の席に座りに行きました。最初の頃より彼女も陽気になっており、私にもいろいろ興味を持ってくれたようです。私についていろいろ質問してきてくれたり、また私の話を楽しそうに聞いてくれたり、良い雰囲気で会話をする事が出来ました。



f:id:mozzarellatan:20170725021815p:plain


ところが急に彼女は立ち上がり、トイレへ向かったと思うと、そこからはなかなか出てこなくなったのです。友達が様子を見に行ったところ、ベロベロに酔っぱらっている状態で、座る事も出来なくなっていたようです。結局彼女は友達に連れて帰られ、コンパもそのままお開きとなってしまいました。


良い雰囲気で彼女と話をしていただけに、かなり勿体ない気持ちになり、後日、友達を通じて彼女に連絡をしてもらったのですが、彼女は酔っぱらっていたのでその日の事は全く覚えていないとの事でした。


酔っぱらった女子にアプローチ


それ以降も私は懲りずに、ベロベロに酔っぱらった女の子のにアプローチをしていきました。ただ酔っぱらったからといって、みんなが気持ち良く私と話をしてくれた訳ではありません。酔いがまわった事で何の遠慮もなく、ズバズバと私に指摘してくる人もいました。あなたはモテなさそう、男性としての魅力が感じられないと言われた時は、コンパの途中でも帰りたくなりました。


また前回の彼女のように、途中で気分が悪くなって戻ってこないパターンもよくありました。ベロベロに酔っぱらった女の子なら何とかなりそうと考えていましたが、実際は全く成功しませんでした。


[スポンサーリンク]


ホロ酔い気味の女子にアプローチ


そこで今度はホロ酔い気味の女の子にターゲットを絞りました。少し意識はある状態なので、自分を受け入れてくれるだろうかという不安はありましたが、意外と自然に会話に入る事が出来ました。相手が自分の事に興味を持ってくれると思うと嬉しくなり、これまで全くモテなかった等、自虐的に話をしてしまう事もありました。


そんな時、相手から笑われるのかと思いきや、モテないようには見えない、もっと自信を持って良いと思うよと言われました。ホロ酔い状態の女の子から説教されてしまう状況でしたが、そのように言ってもらうとやはり嬉しかったです。その事があって、自分はモテないけれど、モテないオーラを出さないでおこうと決めました。相変わらず素面ではまともに話しかけられませんでしたが、少しお酒が入ると積極的に話しかけられるようになりました。


f:id:mozzarellatan:20170804031950p:plain


ついに自分にも彼女が


相手に良い印象を与えられるよう、なるべく楽しい話をするようにしたと思います。するとある時、コンパの最中にある女の子から「これから一緒に抜け出そう」と言われたのです。口説くつもりが口説かれるような状態で面食らってしまいましたが、彼女は本気で私を誘ってきてくれました。


私にとっては初めての経験でドキドキしてしまいましたが、彼女に導かれるようにコンパを抜け出し、その後は二人っきりで飲みに行きました。お互いにお酒は強いので、最後までベロベロになる事はなく、きちんと会話は成り立っていました。実は彼女は私を最初に見た時から好みだと感じてくれていたようで、ずっと私に話しかけられるのを待ってくれていました。


ずっと自分に自信が無い人生を歩んできましたが、ようやく私にも人生初の彼女が出来ました。これも少しお酒の力を借りて、勢いで突き進んだ結果ですが、30歳を前にして、ようやく可愛い彼女を作る事が出来て満足しています。友達からも羨ましがられており、まさに人生最高のピークを迎えています。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ