だからクリぼっち。モテ男はクリスマスの一ヶ月前から予定をたてる?


f:id:mozzarellatan:20170710025743j:plain



クリスマスといえば街は様々なイルミネーションなどで輝き、多くのカップルが楽しそうな顔をしながら歩いています。その中をクリぼっちな男たちが悲しそうに歩いていく、私もその中の一人です。ここ数年、デートのデの字も出てこないくらい私のクリスマスは女性と過ごすことなく終わっています。



[スポンサーリンク]



ひとりぼっちのクリスマス


私がひとりぼっちのクリスマスを過ごすようになったきっかけは長く付き合っていた彼女にフラれたところから始まりました。その元彼女である女性とクリスマスを過ごしていた頃は毎年12月になると予定などを立てたりするのを楽しみにしていました。そして当日も楽しいデートをすることができていました。その当時は周りの友人も彼氏・彼女がいて、誰かと一緒に過ごすというのが自分の中でも周りの友人たちにとっても当たり前でした。


しかしある年の夏頃から元彼との関係がうまくいかなくなり、ケンカやいざこざが続いていくうちに別れることになりました。別れた当初は仕方ないことだと割り切っていましたが、いざ12月になり周りを見渡してみると仲のいい友人は皆、彼氏彼女と過ごしており、自分だけが一人なんじゃないかととても孤独な気持ちになりました。


クリぼっちだって楽しめるんだ


しかしその年をきっかけにクリぼっちだって楽しめるんだと見返してやるという気持ちが生まれました。


f:id:mozzarellatan:20170710023238j:plain


そして次の年、案の定私はクリぼっちでした。しかしこの年は12月24日、25日と某アイドルのライブに友人と行き、騒ぎました。その友人も夏頃に彼女と別れ、クリぼっちという状況でした。某アイドルのライブはとても盛り上がり、彼女がいなくても楽しい時間を過ごすことができるんだなとその友人と話しながら謎の達成感に包まれていました。


そして次の年は彼女のいない地元の友人同士で集まり、飲み会を行いました。全員がクリスマスに一緒に過ごす相手がいないということで出てくる愚痴は皆同じ、共通の話題でかなり盛り上がり、会が終わる頃にはまた来年もこの会を開こうと全員が意気投合するくらいの盛り上がりでした。私自身、この会はとても楽しかったし何より誰かと盛り上がっていることでクリぼっちであるという現実を忘れられるような気がしていました。


男友達だけで過ごすと彼女ができない


しかしここで私は気づきました。12月24日、25日、女性と過ごす予定がない男というのは逆に男同士で集まってしまいがちです。そこで集まってしまうと別に彼女なんていなくてもいいんじゃないか、一人でも皆がいるからぼっちじゃないと思ってしまい、それをきっかけにクリスマスに女性とデートをしようという考えが薄れていき、モテない男へとなっていってしまうのでしょう。


[スポンサーリンク]



彼女がいない者同士お互いの気持ちは痛いほどわかりますし、それなら一致団結してぼっちを回避しようという考えになるのはとてもわかります。私自身もそうです。ですが周りから見れば12月25日、カップルが行き交う中、男の集団が歩いているなんてとてもダサいです。それでも私は自分たちが楽しければそれでいいんじゃないかと思います。周りに迷惑をかけずに予定のないぼっちたちが集まるのもそれはそれでロマンがあると思います。


このように思ってしまっているため私は毎年クリぼっちなのでしょう。モテようとする向上心やぼっちを回避したいと意欲がない故に、同じことを考えている者同士共に過ごしてしまうのだなと思いました。


モテる男はそれなりの努力をしている


まだ私自身20代前半とはいえ、今更わざわざ誰か女性を誘ってまで12月24日、25日の予定を埋めようなんて気も起こりません。モテる人というのは24日、25日に予定を入れるためにかなり前から女性と連絡を取ったり予約を取ったりとぼっちではないそれ相応の努力をしているのでしょう。


f:id:mozzarellatan:20170710025811j:plain


私は元彼女にフラれ、毎年12月24日、25日を彼女のいない友人たちと過ごすようになってから、女性と過ごすよりもこっちの方が楽しいと感じるようになってしまい、気づけばモテるための努力やぼっちを回避しようという意思がなくなっていました。モテない男というのはこのように彼女がいないことに開き直り、努力をしなくなることでモテなさに磨きがかかっていくのでしょう。


ですがモテないからといって何か損をすることがあるでしょうか。モテることに価値観を見出している人たちはぼっちに損を感じることはあるでしょう。しかしモテないことや12月にぼっちでいることが苦にならないほど楽しめる何かがあれば私はそれでいいと思います。周りから見たら諦めている人、悲しい人と思われるかもしれませんが私自身は諦めるどうこうという問題ではありませんし、特に悲しくもありません。


むしろそのようなときに友人たちと楽しく過ごせることに幸せを感じます。おそらく今年もなんの予定もなく終わるでしょう。カップルが街を歩き、楽しんでいても自分は自分なりの楽しみ方で過ごせればそれでOKです。彼女がいなくても最高の12月25日を過ごせればぼっちなど何も怖くはありません。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ