恋愛経験豊富な年上女性に聞きたい、恋愛初心者に向けたアドバイス

恋活

f:id:mozzarellatan:20170708082721p:plain

恋愛経験の有無に関係なく、意中の女性にアピールするというのはそう簡単なことではありません。いくら外見がよくても自分中心の性格である男性はモテませんし、内面がよくても外見がだらしなければ女性は見向きもしません。人間誰しも欠点がありますが、それを補うように外見も内面も磨いて日々生活をしています。

[スポンサーリンク]


そんな中でも恋愛経験があまりないという男性にとっては一体どうすればいいのか、何から改善させていき、何から学んでいけばいいのかと右も左も分からない状態に陥ってしまっている人も少なくはありません。しかしそう難しく考える必要はありません。いくつかのポイントを抑える事によって、女性から認めてもらえる男性へと変わることができるのです。

まずは鏡を見てみる事

「人間は中身が大事」とよく耳にしますが、もちろんそれは間違いではありません。しかし、外見のだらしなさがその人の内面を表しているというのもまた正論なのです。ここで言う外見というのは顔のパーツなどから捉えられるかっこよさではなく、服装であったり髪型などの身だしなみのことを言います。まずは鏡で自分自身を確認してみます。

どんなに顔のパーツがととのっていたとしても、寝癖のある髪型だったり、ヒゲをそっていないようなだらしない格好で外を出歩いていては年齢に関係なく女性はガッカリしてしまいます。家の中であればリラックスすることを重視した格好をしてもかまいませんが、他者がいる場所に赴く場合には最低限の身だしなみをととのえることができるようにしましょう。そのため出かける前には必ず鏡で自分をチェックするという癖をつけることが大切です。

女性に頼りすぎない

例えば女性とデートをする際、どこに行きたいのか、何を食べたいのかなど女性の要望を頼りにしすぎるのは逆効果です。自分中心で物事を考える女性であれば非常に心地よいのかもしれませんが、優柔不断でなかなか自分では決められないという女性や、男性にリードしてほしいと思う女性も少なくはありません。

f:id:mozzarellatan:20170709165207j:plain

これは年上だろうと年下だろうと関係ありません。特に年上女性が相手であればつい女性に頼ってしまいがちですが、年齢を重視する仕事上の関係とは違い、恋愛においては男女共に対等な関係なので、なんでも女性に頼ってしまうというのはNGです。恋愛経験が豊富ではないなりにどうすれば相手が喜んでくれるのかというプランを事前にねっておき、相手の要望を聞きながらも自分からも提案することができるよう対策をしっかり立てておきましょう。

お金を出せばいいというものではない

学生時代とは違い、大人の恋愛というのは結婚を意識している場合が多い傾向にあります。ただ好きか嫌いかで相手を判断するのではなく、結婚したら将来を共にすることができるか、金銭感覚などの価値観が合うかどうかというのを見ている女性はたくさんいます。デートだからとつい財布の紐を緩めてしまうようでは「お金にだらしないのではないか」という不安を与えてしまう可能性があります。

[スポンサーリンク]


男性としてはカッコよくきめたいこともあり高級なレストランに連れていったり、プレゼントを用意したりしたいものですが、これは特別な日だけにしましょう。普段は堅実なお金の使い方をすることによって女性も安心することができます。なんでもお金を出せばよいというものではないということを覚えておきましょう。

連絡はマメにする

会えない時間にもメールや電話でつながっていたいという女性はたくさんいます。それは好意を寄せている相手だからこそです。甘えていたいという欲求から連絡を求めているのに、男性があまり返してくれないとなると女性はガッカリしてしまいます。それを防ぐためにも男性はマメに連絡をするように心がけましょう。

f:id:mozzarellatan:20170710020452j:plain

数分おきに連絡をする必要はありませんが、女性から連絡がきたらきちんと返してあげたり、たまには自分からも連絡をとってみたりと会えない時間もコミュニケーションをとることで女性は居場所をつくることができるのです。

将来を考えていることもにおわせる

ただお互いのことが好きだから付き合うというのは若者の考え方です。大人になれば将来のことも考える必要があります。いくら相手のことが好きでも、結婚する気も子どもをつくる気もないという男性と交際するというのは、女性にとっては無駄な時間なのです。つまり好きかどうかだけではなく、将来を考えられる人かどうかも交際条件になってくるのです。

そのため男性は将来のことをきちんと考えているというアピールをする必要があります。例えば「いずれ子どもができたらこんな所に遊びに行きたい」や「こんな所にマイホームを建てるのが夢なんだ」など、将来への期待を高めることで女性も想像しやすくなります。

恋愛というのは外見がよければいい、また内面がよければいいというような単純なものではありません。自分を磨くことが大切だとは言いますが、その磨き方を間違えれば何の意味もないのに等しいのです。女性が何を求めているのかを考えることによって、必然的に自分を向上させることができるのです。

[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました