音感センスのない男は正直モテない。カラオケで歌声を磨く方法とは


f:id:mozzarellatan:20170721162845p:plain


音感センスは持って生まれた才能が大きく影響するため、優れている人もいればそうではない人もいます。そしてカラオケの際の歌声もそれによって左右されますが、音感センスが良くない男性は女性からの人気も得難いと言えるでしょう。しかしながらある程度は磨きをかけることもできますので、今は下手でも努力次第で改善できることもあるのです。



[スポンサーリンク]


その方法として、まずウォーミングアップをしっかりと行うのが基本です。例えばスポーツをする時にも準備運動なしに力を発揮することはできませんが、カラオケもそれと同様のことが言えます。筋肉をリラックスさせることで歌声にも影響しますので、まずは調子を整える工夫が大切なのです。


リップロール


そこで実践したいのがリップロールです。これは唇を合わせた状態で息を吐いて唇を振動させるというものですが、効果的に筋肉のウォーミングアップを図ることができます。


リップロールを行う際には様々な音程を出してみると効果的です。音程を高く出したり低くしたりすることをはじめ、地声や裏声といった出し方もしてみることで筋肉を万遍なく上手に使えるようになります。そしてできるだけ長く続けるようにすることで安定感も生まれるようになり、キーも一定に出しやすくなるはずです。音程のバラつきが改善されるだけで聞こえ方は違ってきますので、安定感を意識しながら行うと良いでしょう。


f:id:mozzarellatan:20170717191406p:plain


腹式呼吸


腹式呼吸をマスターすることも大切です。歌があまり上手くない人の場合、胸式呼吸になっていることがままありますが、胸式呼吸は喉に力が入ってしまうという問題があるのです。喉が緊張して硬くなれば通る発声をすることができず、詰まったように感じさせる歌声になってしまいます。


一方の腹式呼吸の場合は喉をリラックスさせることができますので、余計な負荷がかかっていない透き通るような声を出すことが可能です。これをマスターしない限りは上達させることは難しく、反対にしっかりとマスターできればそれだけで聞き心地の良い発声ができるようになるのです。


ただ、腹式呼吸はやろうと思ってもすぐには実践できないことが多いです。胸式呼吸に慣れてしまっていますので、お腹を意識しても胸で呼吸をすることに戻ってしまいがちです。


[スポンサーリンク]


自然に腹式呼吸ができるようになるには、ある程度の練習が必要になります。そのためまずは腹式呼吸を自然に行いやすい仰向けの状態で練習を行い、その次に立って練習をする、そして今度は歌いながら意識をするといった段階的な練習を行うと良いでしょう。慣れてしまえば自然にできるようになるため、特別に意識せずともお腹から声を出せるようになるのです。


母音への意識


母音への意識を高めてみるのも上達法の一つです。母音とは「あいうえお」を指すものであり、言葉を話す時にも自然にこれらの音が出ています。そして母音というのは音と音を繋ぐ働きがありますので、意識してみることによって安定感を持たせることができるのです。


なお、母音を意識しないと、平べったい軽い歌声に聞こえてしまいますから、聞き手にもあまり上手いと感じさせることができず、また、気持ちもこもっていないように聞こえてしまいます。


母音を意識するにはまずゆっくりと発声をしてみることが大切です。普段は意識しない母音の存在を、いきなり意識してみるのは難しいものですから、少しずつ慣れていくようにしましょう。練習を重ねることで発声の仕方も変化して自然に母音を意識できるようになっていきます。


f:id:mozzarellatan:20170717185049p:plain


素の音感センスを鍛えるにはこういった上達法がありますが、その他にも使えるテクニックもあります。


キーを下げる


一つに原曲のキーを下げてしまうことです。そもそもの下手に聞こえてしまう理由はキーが上手く取れていないことが原因になっていることが多いです。そして無理に合わないキーにトライをすると付いていけていない様子になってしまい、聞き苦しく感じさせてしまうことがあります。


キーを下げて自分に合ったランクにすることでナチュラルに発声ができるようになりますので、無理のない自然なカラオケを聞かせることができるのです。たったそれだけでも聞き手からすると、感じ方が違ってくるものですから、手っ取り早く上手く聞かせることができることでしょう。


マイクの持ち方


マイクの持ち方にもポイントがあります。良くないのがマイクを縦に持って横から音を拾わせるようになっている状態です。カラオケでは単一指向性マイクが使われていることが多いですが、これは一つの方向からの音に対して集音するタイプです。そしてマイクのてっぺんとなる部分から音を拾うため、縦に持ってしまうと音を拾いにくくなるのです。必然的に発声にも安定を欠いた状態に聞こえやすく、声量も弱く感じさせる原因になってしまいます。


カラオケでは安定感と一定の声量があった方が上手く聞かせることができるため、マイクの持ち方も意識してみることが大切なのです。そのためマイクは地面に対して水平の形になるように持つのが良いと言えるでしょう。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ