あなたは色彩センスありますか?色が分からない男はなぜかモテない


f:id:mozzarellatan:20170725031226p:plain


普段、あなたが洋服や小物、生活雑貨やインテリアを選ぶ際に何を意識しポイントにしているでしょうか。あなたが着ている洋服、選ぶ物のセンスは色彩センスにかかっていると言っても過言ではありません。




[スポンサーリンク]



まずファッションから見ていきましょう。例えば普段スーツを着ているとセンスが良く素敵に見えていた男性が私服姿になった途端にがっかりという話はよく聞きます。その理由はスーツは基本的に黒、紺、グレーといったベーシックカラーでかつ上下がセットアップになっているので、不要な物を入れる隙がなく、小物であるネクタイのカラーが適度なアクセントになりセンス良く見えやすいというわけです。


お洒落で自慢できる存在でいて欲しい


しかし私服になればその選択肢は広くなるため、途端に自分に何が似合うのかわからなくなってしまいます。選ぶアイテムによってどんな印象を与えるかの意識や、さらに組み合わせの相性も分かっていないと、場合によっては全体的にちぐはぐな組み合わせになってしまいます。スーツの時とは随分印象は代わってしまい、当然魅力的に見えずモテないという結果になります。


やはり女性は一緒にいる男性にはお洒落で自慢できる存在でいて欲しいですし、ともすれは色彩センスのいいお洒落な人は洗練されて仕事もできるというイメージにも直結します。逆にそれがない男性は実際にはいくら仕事ができるとしても、職場が同じでない限りそれが伝わることはありません。仕事ができる男性に見えるかどうかは女性にとってタイプに入るか入らないかを左右する大きなポイントです。


また女性が私服のを着ている男性が好みかどうか判断する時、洋服以外にも財布やベルト、靴といった小物の合わせの良し悪しについて見ているのが女性ならではの視点です。男性本人が選んで身につけているアイテム自体に期待ができない場合、女性は自分に対してのプレゼントにも期待できない、と結論づけます。


f:id:mozzarellatan:20170717185049p:plain


ファッションにおける色選び


ファッションにおける色選びについては、3つ以内に押さえるというのが原則です。例えばベースカラーとしてシャツは白、パンツは黒、アクセントとして小物は青などです。3つ以上の組み合わせはけんかしていまい、全体がバラバラでかつ落ち着きない幼い印象、場合によっては奇抜になってしまいます。ファッションアイテムを組み合わせる時には、使用する色の数について確認することは第一のポイントです。


逆に色が与えるイメージについて知識がなく色彩センスに自信のない人がよく陥ってしまう失敗は、全身を黒や紺で統一してしまうことです。そのようなファッションを選ぶ人は大抵似たタイプのアイテムしか持っておらず、毎回ワンパターンな組み合わせになります。


[スポンサーリンク]



外国人のように髪が明るい上でファッションをダークカラーで統一しているならばまだしも、日本人の髪は基本黒でさらに洋服まで黒にすることは一見無難ではありますが、面白みにかけてしまい季節によっては非常に重苦しく感じさせてしまいます。またトップスに黒を着ている場合は特に、堅苦しく開放感がない、つまり話しかけにくさを感じさせてしまいます。


パンツを黒などのダークカラーにした場合、上は寒色系であってもライトブルーにしたり、白、オレンジ、ピンクなどの暖色系を持ってくることで「開放感」を演出し明るく親しみを感じやすくさせる効果があります。


ベースは清潔感


モテる男性というのは決して顔のタイプや背の高さではなく、ファッションで言えばベースに清潔感が感じられるかどうかにかかっています。いくらポイントを抑えていても、グレー、茶といったくすんだ色を多用してしたり洋服にシワがあると、いくら清潔に選択したからと言って清潔感はでません。実際に清潔であるかどうかと「清潔感」が出せているかは異なるということです。


f:id:mozzarellatan:20170710020452j:plain


また、ファッション以外でモテるモテないを決定づけるのがインテリアです。女性が部屋に遊びに来た時には最初にまずそこにある家具や雑貨の組み合わせと全体から受けるイメージで居心地の良し悪しを判断します。インテリアから清潔感を感じられるかどうかもファッションと同様に当然気をつけるべきです。インテリアに使用するのに望ましいのは、ベージュやライトグレーといった柔らかいものです。


ベージュ、ライトグレーは部屋のインテリア以外にも女性と一緒に出かける飲食店の内装で使用されているとリラックスさせる効果があります。ベージュは取り入れやすいクッションやベッドカバー以外にも家具の木目や観葉植物といった自然の中にもあるため、合わせやすさの上に「安心感」を与えます。


一緒に過ごす空間の心地よさは一緒にいる人が居心地のいい人か否かに同調しますので、ここで間違ってもアクセント以外に全体を赤、黄、紫、または蛍光で散りばめられている部屋に仕上げないことです。目線が落ち着かず非常に居心地の悪さを感じさせることになってしまいます。


このように、あなたが囲まれている色彩に少し意識をすることで今日から変えられることがたくさんあります。「清潔感、開放感、安心感」を上手に演出し素敵なモテる男性を目指して下さい。


www.momochakei.com


[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ