心が狭く、おおらかではない僕が、彼女が欲しい時にする必要な事


f:id:mozzarellatan:20170709153510j:plain


おおらかさは大事だが・・


良好な人間関係を築くためには心の広さやおおらかさが必要だといわれています。人は誰ひとりとして同じ人間はいません。生まれ育った場所も家庭環境も、教育方針も異なった中でそれぞれが成長し、様々な出会いと別れを繰り返します。


だからこそ、自分との違いや価値観を認めるおおらかさを持ってこそ、人間関係を広げることができるというわけです。しかし、たくさんの価値観があると認めることは同時に自分の生き方を否定することにつながる場合があり、状況やタイミングによっては他人に怒りを覚えたり、我慢ができない状況に陥ることがあります。




[スポンサーリンク]


そのように、なかなか他人に心を開くことができず、ついつい怒りっぽくなってしまう心が狭い僕が、どうすればかわいい彼女とお付き合いすることができるのか、必要なことを順番に紹介していきます。


頼れる男性に惚れやすい


心が狭いというのは一般的にマイナスのイメージで受け取られてしまいます。しかし、一方では自分自身の意見をはっきり表現することができるということでもあります。女性はとくに頼れる男性に惚れやすいものです。自分の代わりに心のなかで思っていることを代弁してくれる男性というのは高評価のようです。


つまり、怒りの矛先が彼女自身に向くのではなく、ふたりの間で賛同できるものを強くアピールできるというように変えることができれば、良好な関係を築くひとつの要素にもなりえるというわけです。


女性というのは良くも悪くも自分自身を大切にする生き物です。これは男性と女性の深い歴史を分析すれば本能的なものだと分かります。狩りを主な生業としていた昔、男性は外でチームと協力して仕事をしなければなりませんでした。よって、より広い情報が必要だったのです。


f:id:mozzarellatan:20170709153614j:plain


一方女性は、家族と自分たちの縄張りを守ることを役目とされていました。よって、狭いコミュニティのなかで最良の判断を下すことが大切だったのです。もちろん時代の流れによって男性と女性の価値観は変わっています。それぞれの思いや考え方で自由に生きる人生こそ素晴らしいものです。


しかし、女性は子どもを妊るために自分自身を美しく見せなければならないという本能が根付いています。それが男性から見ると自己中心的な物事の考え方に捉えられる場合がありますが、一方で女性であることに忠実であるということになります。かわいい彼女を手に入れるためには女性ならではの価値観をしっかり理解しておいて、その部分において心の狭さが顕著になってしまわないように注意をする必要があります。


[スポンサーリンク]


読書がオススメ


自分自身の心が狭いという自覚は、ある意味では対策を前もってとることができるということです。最も性質の悪いパターンは、自身がおおらかでなく怒りっぽいことに気づいていない人の場合です。そういう人は場所や状況を選ばずに他人や周囲に迷惑をかけてしまい、誰からも嫌われてしまいます。自覚があるという時点で謙虚になることもできますし、気をつけようという自制心を働かせることもできます。


自分自身の心との葛藤に勝つためのおすすめの方法は読書です。ジャンルはとくに問いません。人間関係を築くための方法を説いたビジネス書のようなものでも良いですし、単純に小説でもかまいません。小説であるならば女性作家の恋愛小説を選ぶと良いでしょう。


そこには様々な女性の価値観や思考パターンが描かれています。活字が苦手な人は漫画や映画でもかまいません。たくさんの作品に触れれば触れるほど、自分自身の価値観の許容範囲が広くなっていきます。


f:id:mozzarellatan:20170709153925j:plain


また、単純におもしろい作品というのは夢中になれる楽しい時間になりますし、その内容をきっかけに彼女との会話を広げる要素にもなります。作品の感想を話し合えば、相手の考え方がわかります。


自分たちに関することであれば互いに遠慮が生じてしまいますが、作品の中のフィクションの登場人物についてであれば、正直な感想を言い合っても、誰かを傷つけることにはなりません。架空のものの話でコミュニケーションを取っていくことで、自然にお互いの心が打ち解けていきます。


欠点を長所に変える


欠点というのは人によっては個性として長所にもなりえます。一見おおらかな人というのは実際には内心怒りを抱いていて、それを表に出せないだけなのかもしれないのです。控えめな性格の女性は、物事をはっきりいえる男性に魅力を覚えることが多いです。


性格のまったく正反対のカップルというのがたくさん存在するのも紛れもない事実ですから、決して諦める必要はありません。自分の心の狭さがいったいどういうものなのかを自己分析しながら、どう考えても改善しなければならないというところは努力し、相手に好かれているところであれば必要以上に自分の性格を卑下することはありません。


ありきたりな言葉ですがいちばん大切なのはやっぱり愛です。性格の違いがあっても、かわいい彼女をどんなときでも守りたいという強い思いがあれば、その男らしさに惚れてくれるかわいい彼女に出会える可能性は上がります。

www.momochakei.com

[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ