恋愛アニメ好きの僕が、リアルな彼女を作る方法とそのメリット


f:id:mozzarellatan:20170708082735p:plain


人間関係が苦手な僕


人はひとりでは生きていけません。どんなに対人恐怖症の人であったり、人間関係を煩わしく思う人であっても間接的にでも自分以外の何かに関わっていなければ心が落ち着きません。


たとえば彼女なんていらないと強がっている人で、部屋に引きこもり、インターネットばかりをやっているという状況は、傍目に見て孤独に生きているように思います。しかし、一方ではインターネットというバーチャルな世界で、多くの人とつながっているともいえるのです。




[スポンサーリンク]


誰もがやっているソーシャルネットワークでのやりとりは人間関係以外のなにものでもありません。あるいはそのたぐいのサービスは一切利用せず、個人でできるゲームやアニメばかりを見ているという人もいるでしょう。


しかし、アニメやゲームというのもよく考えてみれば「人」が作ったものです。誰かが不特定多数の誰かの心理を理解し、その不足した欲望や満ち足りない心を満足させるために、作られるものです。


自分は誰とも人間関係を築けないと悩んでいる人でも、心を動かされる作品に出会ったことがあるならば、それだけで本来、コミュニケーション能力は充分にあるといえます。クリエーターはそういう人の心を読んで作品を制作するわけですから、心は通っているというわけです。


恋愛アニメの彼女


さて、以上のようなコンプレックスを抱える人の中で、異性関係に消極的なタイプはとくに恋愛アニメ好きの人に多く見受けられます。アニメの世界と現実の世界は異なります。頭の中の理想のハードルが二次元の世界に傾いてしまうと、なかなか現実世界でリアルな彼女を作ることができません。リアルな恋愛を成就させるためには脳のマインドセットを変えてしまう必要があります。


f:id:mozzarellatan:20170630235005p:plain


まず、現実と二次元の世界を繋いでしまっているパイプは断ち切ってしまうことが大切です。これは一見、大変なことのように感じられますが誰もが簡単にやっていることです。アニメに限らず多くの人が趣味というものをもっています。映画が好きな人だったり、読書が好きな人だったり様々です。


たとえば天体観測を趣味としている人がいたとしましょう。広大な宇宙に幻想やロマンを描きます。しかし、その人は宇宙に対する興味と恋愛を結びつけるでしょうか。哲学的な思想で何らかの共通点を見出す人はいるかもしれませんが、それもあくまで趣味の範疇であって、好きになった相手に宇宙の何かを求めることはありえません。


歴史好きの人がいて、江戸時代の日本に大変な興味を持っていたとします。多くの文献に囲まれて、過去の歴史を調べるだけで時間が経つのも忘れてしまうような歴史好きです。しかし、その人が誰かに恋をしたとき、相手に江戸時代の何かを求めるでしょうか。そんなことをしていては現代の世で生きていけません。


このように多くの人がごく普通に自分の好きなものと現実を切り離して誰かと出会い、恋愛をしているのです。もちろん共通の趣味ということで話があったり、意気投合するということはあるかもしれませんが、世の中には外見も内面もすべてが全くの正反対のタイプであるにも関わらず、健全な付き合いをつづけているカップルもいます。


共通の部分というのは、自分が好きなもの以外のところであっても何ら弊害はありません。いくらでも相手の懐に飛び込む要素はあるわけです。


以上のように考えれば、自分が恋愛アニメ好きということがなんら現実の出会いにおいて支障をきたすものではないということが分かります。唯一そうさせているのが自分自身の受け取り方です。二次元の世界はあくまでも、宇宙や歴史という目の前にはないファンタジーに思いを馳せるようなことだと割り切れば良いのです。


[スポンサーリンク]


リアルな彼女のメリット


それができるようになったら次に、現実の方が秀でているところを探すようにしましょう。自分の好きな世界のことをわざわざ嫌いになる必要はありません。しかし、現実的に考えてリアルな彼女ができたほうがたくさんのメリットがあるということも認識しておく必要があります。


まず、二次元の世界は肌身に触れることができません。リアルな彼女は会話で心を通わせ、スキンシップでより深い関係を築くことができます。二次元のキャラクターを隣に連れていろいろなところに行くことはできません。ぬいぐるみか何かを連れて歩くことはできるかもしれませんが、見た景色や食べたもの、その場の感想を聞くことはできません。


f:id:mozzarellatan:20170708082748p:plain


悩みを抱えたり、落ち込んだりしたとき、リアルな彼女だったら支えになってくれるかもしれません。逆に自分が相談役になることもあるでしょう。その際は自分自身が生きていることの意味を実感できるに違いありません。幸い、女の子がどんな言葉に弱いかは、普通の人よりも二次元の世界で学んでいるという可能性もあります。


このようにして、自分の好きなものと現実世界を切り分けて、後者の方のメリットを考えることにより積極的になることができます。後は自分の気持ちを伝える勇気と、振られても落ちこまない覚悟を持てば、数を打てば当たるの理論で、比較的すぐに彼女はできるようになります。

www.momochakei.com

[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ