東芝と日立製作所および三菱重工業、創業から原子力事業へ


f:id:mozzarellatan:20170708081333p:plain


http://www.toshiba.co.jp/about/press/2017_06/pr_j1501.htm


東芝日立製作所三菱重工業、創業の目的は違いますが、原子力事業に着手しています。




[スポンサーリンク]



三菱重工業の基本情報


f:id:mozzarellatan:20170708081347p:plain


http://www.mhi.co.jp/


三菱重工業の創業者は旧三菱財閥の祖である岩崎弥太郎氏です。明治維新の時に貿易商として財をなしました。戦後のGHQによる財閥解体などを経て、三井造船株式会社が設立され現在にいたります。現在でも、イージス艦等を設計製造しています。


三菱重工業原子力事業に参入したのは1933年4月です。「原子力発電技術については、米国で原子炉を開発したウエスティングハウス社と加圧水型原子炉に関する技術援助契約で1934年に締結。(『三菱重工業社史』より)」


日立製作所の基本情報」


株式会社 日立製作所(Hitachi,Ltd.)は1920年大正9年)2月1日に設立されました。創業は1910年(明治43年)で創業者は小平浪平サザエさんの父君の名前?)氏です。小平氏東京帝国大学工科大学電気工学科卒業です。


東芝が通信機器の発明から創業したのに対し、日立製作所はインフラ事業から始まりました。電気の日本全国への安定した供給を外国産ではなく日本産のインフラ設備で行うことを目指しました。


100年以上続く大企業が必ず直面している困難に震災と敗戦があります。第二次世界大戦GHQにより公職追放となった小平氏は、1949年に母校の東京大学で原子物理学の夏期講座を聴講されたそうです。1951年6月に追放解除となり、その年の7月に日立工場を訪れ、同年10月5日に77才で亡くなりました。


おそらく、この時点で小平創業社長は、これからの電力事業に原子力を考えていたのかもしれません。


f:id:mozzarellatan:20170708081405p:plain


http://www.hitachi.co.jp/about/publicity/index.html#hitachi_publicity


日立製作所の場合、どこまでが独自の技術なのかが資料より読み解けませんでしたが、原子力発電所の国産1号を建設しました。1号機は中国電力との協同であり、島根原子力発電所です。1967年(昭和42年)のことです。


石油という資源の代替としては、他にも太陽熱発電なども研究開発をしています。


現在の東芝日立製作所および三菱重工業の規模


東芝の資本金は2000億円(2016年7月31日現在)、従業員数36,601名、連結従業員数187,809名です。売上高は2兆8753億円、連結売上高は5兆4333億円です。(2016年3月31日現在)


日立製作所の資本金は458,790百万円、従業員数37,353名、連結従業員数335,244名です。(2016/03/31現在)
売上高は1兆9065億円、連結売上収益は9兆1622億円です。


三菱重工業の資料が手に入りませんでしたので省略します。


[スポンサーリンク]



そして、東芝日立製作所三菱重工業に期待すること。原子力発電所廃炉の問題へ


⦁E = mc2(イー・イコール・エム・シーじじょう、イー・イコール・エム・シー・スクエアド、⦁ 英: E equals m c squared)とは、エネルギー E = 質量 m × 光速度 c の2乗の物理学的関係式を指し、「質量とエネルギーの等価性」とその定量的関係を表している。
https://ja.wikipedia.org/wiki/E%3Dmc2


上から導き出せるのは 質量m=エネルギーE÷光速度cの2乗


神の数式(素粒子の数式)4式をそれぞれ代入し、雛型(公式)を作る。4式各々を基となった証明式を連ねて、一番基礎の数式の証明まで紐解いていく。その過程で何が見つかるのか。


物理の数式と数学の数式は、意味合いが少し違います。イコールの右と左が対称性を持つのが特徴の数学、一方、物理は非対称性でも構わないのです。しかし、素粒子論の神の数式は物理学を基に組み立てられた数式に、数学者が手を加えた感覚の数式です。つまり、核分裂を止めるには、反対の核融合をすればよい。核分裂放射性物質を出しながら原子核素粒子になります。素粒子原子核に戻せばよい。今現在、無理です。


しかし、別に放射能が出なければ良いわけです。放射能汚染水を電気分解すると、どうなるのか。水を酸素と水素に分解する、その時、放射能はどうなっているのか。


化学反応では、吸熱反応と発熱反応があります。エネルギーを取り入れ違う物質になるのか、エネルギーを外に出して違う物質になるのか。
ここで、放射能汚染水を電気分解する時(海水注入で何もなかったと判断。ナトリウムを電気分解のために混ぜても大丈夫と判断。)放射能が吸収されて水が酸素と水素という違う物質になったのなら、仮説は成り立つ可能性が出てきます。


放射能には遺伝子を変えてしまうくらいの不思議な特性を持ちます。つまり、物質が変化する時に効力をあたえるのではないでしょうか。


宇宙を構成する質量のない体積のみの物質。言い換えるなら、因果律です。


例えるのなら、白玉団子が3つ入ったお汁粉の液体部分である。糊、接着材。白玉団子を3つ囲んでお汁粉を形成し、白玉団子が各々白玉と呼ばれるために、液体部分が自分から白玉団子を手放す、離れる、まとわりつくのをやめる。その1個1個の白玉団子も放射能という糊で囲まれて物質となっているのです。


アインシュタインの数式に神の数式を代入する。ポアンカレ予想の証明のように1枚で書けた物が、それです。フェルマーの最終定理の証明のように数千枚の紙が必要となる作業でしょう。


結論は、溶解した放射性物質に何かを混ぜる。危険すぎますので、確信ができるまでトライしないでください。ニホニウム、千葉沖のレアメタルなど。尊敬するマダム=キュリーは夜中砕いた岩石の中から光を放つラジウムを確認しました。つまり、岩石のなかでは安定していたのです。放射性物質の原石の周りにあった鉱物とかが有力候補です。


半減期放射能を出しながら物質が変化するのではないのかもしれません。その反対かもしれません。


おわりに一言!


福島第一原発の亡くなられた所長さんは、「被爆ではない!」と言い切り亡くなりました。3.11で被災した女性が、「空襲でも焼け野原から立ち上がった、震災からも立ち上がる」とインタビューに答えていました。片方は命を無くし、片方は生活を無くしました。


福島第一原発の電気供給先は東京千代田区をはじめとする関東一円です。あなたなら、何ができますか?今、現在、そこで何ができますか。あなたの持っているもので、できることは案外多いのですよ。

[スポンサーリンク]



ブログランキング・にほんブログ村へ