登山で使える携帯式浄水器、種類・使い方・おすすめをご紹介!


登山に浄水器は必要か?

登山の行動で欠くことの出来ないことは、水分補給です。エネルギー補給も大事ですが、それ以前に大量に汗をかく登山において、水分補給を怠ると脱水症状になり、命の危険にも関わります。

日帰りの登山なら、だいたい決まった量の水分を想定して、前もって準備できますが、例えば水場の少ない山でのロングトレイルとなると、自然の水場が100%安全だとは言えません。


f:id:mozzarellatan:20170701001058p:plain


浄水器がなくても安心して水を摂取することは可能です。バーナーなどで水を煮沸消毒する考えもありますが、手間もかかるし、人間は喉が渇いているときは冷たい水を飲みたいと思うものです。浄水器があれば、短時間で冷たい安全な水を飲むことができるのです。


万が一のことを考え、携帯浄水器を使うことによってリスクを減らし、安心して山を楽しむことができるのではないでしょうか。


[スポンサーリンク]



自然水の危険性


人間の手が入っていない自然の綺麗な環境の水、危険な化学物質はないとしても、必ずしも安全だとは限りません。例えば、エキノコックスです。エキノコックスは、日本においてはおもに北海道に多く見られる寄生虫です。野生の世界は、食べる食べられるというサイクルで成り立っています。


エキノコックスに感染した野ネズミをキツネが食べると、腸内で寄生し成虫となり、その卵が糞便とともに外に排出されます。その卵が何らかのプロセスで人間の口に入ると、肝臓で幼虫となりエキノコックス症を引き起こします。潜伏期間は10年と大変長く、徐々に臓器を蝕んでいきます。


f:id:mozzarellatan:20170701001113p:plain

エキノコックスに汚染された川や湖の水を飲むことは大変危険です。北海道での登山では、水場で水を調達する場合、必ず携帯浄水器が必要です。


北海道以外の登山でも、水場で水を調達する場合、浄水器を持っていた方が無難です。野生動物の糞尿で汚染されている可能性もありますし、また人間の排泄物が水場の近くにある場合もあるからです。


様々な細菌による感染は、100%ないとは限りません。生水で下痢などになってしまうリスクを避けるため、浄水器は持っていた方が無難なのです。また、携帯浄水器は、災害時などでも大変役立つので、普段の生活で緊急用のグッズとして用意しておいてもいいでしょう。


おすすめの浄水器


【SAWYER ソーヤー ミニSP128】


f:id:mozzarellatan:20170701001124p:plain
f:id:mozzarellatan:20170701001132p:plain


〈スペック〉


◆内容: PointONEミニフィルター×1、0.5Lパウチ×1、ストロー×1、洗浄用注射器(針なし)、日本語説明書兼保証書

◆サイズ・重量: PointONEミニフィルター/約55g、全長/13.5cm、最大部分の直径/約3.5cm、0.5Lパウチ/約19g 約22.5cm×12.5cm(キャップ部分を除く)

◆フィルター素材: Hollow Fiber

◆フィルター孔サイズ/0.1ミクロン

◆ろ過能力: 38万リットル


大きな特徴は、軽量コンパクトという点です。また、その殺菌能力も大変高く、バクテリアや病原菌を除去する能力は、薬品を入れる以外では世界最高レベルです。


ボトルに組み込まれたフィルターとは異なり、容器から容器へ、浄水した水を移すことができるので、ボトルに水を入れて持ち運ぶことも可能です。それ以外にも様々な方法で浄水した水を飲むことができます。登山などで大変便利な携帯浄水器です。


【MSR ミニワークスEX】


f:id:mozzarellatan:20170701001151p:plain
f:id:mozzarellatan:20170701001201p:plain


〈スペック〉

◆サイズ: 19×7cm、重量: 456g

◆フィルター材質: セラミック

◆フィルター穴サイズ: 0.2ミクロン

◆流量: 1L/分、流量: 80-90ストローク/L

◆フィルターカートリッジの寿命: 2000L

◆現場でのクリーニングはOK

フィールドでのメンテナンスが工具無しでできます。フィルターにはセラミックが使用され、ポンピングによって水をろ過するシステムです。若干重さはありますが、キャンプや登山の縦走に最適な携帯浄水器です。

【MSR Autoflow Gravity Filter オートフローグラヴィティフィルター】


f:id:mozzarellatan:20170701001222p:plain


7月中頃発売予定


[スポンサーリンク]




〈スペック〉

◆サイズ: 21.6×38cm

◆重量: 300g

◆重量フィルター材質: 中空糸膜

◆フィルター穴サイズ: 0.2ミクロン

◆流量: 1.75L/分 ポンピング無し

◆フィルターカートリッジの寿命: 1500L

重力による自動落下式でポンピングの必要がありません。


【SuperDelios スーパーデリオス】


f:id:mozzarellatan:20170701001231p:plain
f:id:mozzarellatan:20170701001245p:plain


〈スペック〉

◆サイズ: 50×70×233cm

◆ 重量: 58g

◆流量: 300ml/約18秒

◆ろ過能力: 約200L、ドリップの場合 約1,000L

0.1ミクロンの中空糸膜フィルターと繊維状活性炭の二重構造です。特徴としては、携帯性に優れ、コンパクトということと、メンテナンスが楽、ということです。

【seychelle セイシェル サバイバルプラス携帯浄水ボトル】


f:id:mozzarellatan:20170701001302p:plain

〈スペック〉

◆サイズ: 22.8×80cm

◆重量: 128.6g

◆総ろ過容量: 380L

◆容量: 600ml

放射性物質セシウムも99.7%の割合で除去そます。

【Vestergaard ベスターガード Lifestraw Hollow Fiber】


f:id:mozzarellatan:20170701001319p:plain

〈スペック〉

◆サイズ: 23×2.6cm

◆重量: 135g

◆総ろ過容量: 1000L

◆ろ過素材: ポリサルフォン多孔質中空糸膜

水を吸い込めなくなったら使用不能です。ストロー式でコンパクト。大変軽量でコンパクトな携帯浄水器です。

まとめ

いかがでしたか?登山においては水場の水は、100%安全であるとは限りません。無防備に飲んでしまうと、命の危険にも晒されかねません。登山、急な災害時のために、携帯浄水器、常備しておくのをお勧めします。
[スポンサーリンク]



ブログランキング・にほんブログ村へ