コールマン【タフドーム】、機能・種類・価格を検証してみよう!


コールマン【タフドーム】はどんなテントか?


コールマンのタフドームといえば、ファミリーキャンパーから絶大な人気を得ているテントです。日本のアウトドアシーンでもっとも知名度が高いコールマン。その特徴であるコストパフォーマンスの高さ、抜群の機能性、中でもテントは、タープ、シェードを含め、そのラインナップの充実さにおいて群を抜いているのではないでしょうか


さて、今回はそのコールマンのテントの中から、【タフドーム】について、特にファミリー向けの大型テントに注目し、検証してみたいと思います。




[スポンサーリンク]



タフドーム/3025


2016年に発売された、ファミリー&エントリー向けの最新モデルです。2017年には、「アシストクリップ」という、一人で簡単に設営できる新しい機能も加わり、より設営しやすくなりました。さらにサイズ展開も、「タフドーム/240」、「タフドーム/2725」など新たなラインナップも増えました。


f:id:mozzarellatan:20170630234223p:plain

〈スペック〉

◆定員: 4〜5人用

◆使用サイズ: 約300×250×175(h)cm

◆収納時サイズ: 約外径26×72cm

◆重量: 約10kg

◆付属品: ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

◆材質: フライ/75Dポリエステルタフタ(耐水圧: 約2000mm)防水、フロア/210Dポリエステルタフタ(耐水圧: 約2000mm)防水、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、ポール/(メイン)アルミ合金 約外径12.8mm (フロント)FRP合金 約外径12.7mm (リアバイザー)FRP合金 約外径8.5mm

◆仕様: 前室・後室、キャノピー、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き出し口、ランタンハンガー

◆価格: ¥34,344-

基本的に、スタンダードな自立式ドーム型テントです。ポールの通し方は、スリーブ形式と吊り下げ型の合体式になっています。

特徴としては、やはり高い天井です。175cmあるので、男性も直立して立てる高さです。さらに天井が高いということは、テント内の隅が立つので、デッドスペースがなくなり、さらに広く使えます。

前室も広く、キャノピーを広げると、さらに広くなります。


f:id:mozzarellatan:20170630234238p:plain

ベンチレーション(通気口)は、「サイクルベンチレーション」を採用しており、上下にあるため、暑い夏場などは風通しが良く、快適に過ごせます。

設営時間も、2回目からだと、一人でも20分程度でできるほどです。

この広さ、機能性の充実さから言って、かなりコストパフォーマンスの高い商品と言えるのではないでしょうか。

さらに、コールマンのタフドームには、「タフドーム/3025」「グラウンドシート」「インナーシート」の三点セットの展開もあり、こちらは、初心者が初めてテントを購入するにあたって、大変おすすめです。


f:id:mozzarellatan:20170630234253p:plain

タフドーム/3025 スタートパッケージ ¥42,984-

タフワイドドーム IV/300


コールマンには、こちら、さらに広い居住空間を展開しているタフドームもあります。


f:id:mozzarellatan:20170630234306p:plain

〈スペック〉

◆定員: 4〜6人用

◆使用サイズ: 約300×300×185(h)cm

◆収納時サイズ: 約外径25×75cm

◆重量: 10.6kg

◆材質: フライ/75Dポリエステルタフタ(耐水圧: 約2000mm)防水、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/210Dポリエステルタフタ(耐水圧: 約2000mm)防水、ポール/(メイン)アルミ合金 約外径14.5mm (フロント)FRP合金 約外径13mm (リアバイザー)FRP合金 約外径8.7mm (リッジ)FRP合金 約外径7mm

◆仕様: 前室、キャノピー、メッシュドア×2、ベンチレーション、コード引き込み口、ストームガード、ランタンハンガー、メッシュポケット

◆付属品: ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

◆価格: ¥39,744-


タフドームより、さらに高さが10cm高く、幅も50cm長くなり、空間が広くなりました。


タフドーム/240


[スポンサーリンク]



2人がゆったり快適に寝れるサイズです。設営も簡単です。コールマンの「タフドーム」の中では、一番小型のサイズです。


f:id:mozzarellatan:20170630234326p:plain

〈スペック〉

◆定員: 2〜3人用

◆使用サイズ: 約240×240×160(h)cm

◆収納時サイズ: 約外径20×72cm

◆重量: 7.5kg

◆材質: フライ/75Dポリエステルタフタ(耐水圧: 約2000mm)防水、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/210Dポリエステルタフタ(耐水圧: 約2000mm)防水、ポール/(メイン)アルミ合金 約外径12,8mm (フロント)FRP合金 約外径11mm (リアバイザー)FRP合金 約外径7.9mm 

◆仕様: 前室・後室、キャノピー、ベンチレーション、コード引き込み口、ストームガード、ランタンハンガー、メッシュポケット

◆付属品: ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

◆価格: ¥26,784-

タフドーム/2725


家族3人がゆったり寝れるサイズです。


f:id:mozzarellatan:20170630234339p:plain

〈スペック〉

◆定員: 3〜4人用

◆使用サイズ: 約270×250×170(h)cm

◆収納時サイズ: 約外径22×75cm

◆重量: 8.5kg

◆材質: フライ/75Dポリエステルタフタ(耐水圧: 約2000mm)防水、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/210Dポリエステルタフタ(耐水圧: 約2000mm)防水、ポール/(メイン)アルミ合金 約外径12,8mm (フロント)FRP合金 約外径11mm (リアバイザー)FRP合金 約外径7.9mm 

◆仕様: 前室・後室、キャノピー、メッシュポケット、ベンチレーション、コード引き込み口、ストームガード、ランタンハンガー

◆付属品: ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

◆価格: ¥30,024-


さらに、こちらのタイプにも三点セットの展開があり、初心者が初めてテントを購入するにあたって、大変おすすめです。


f:id:mozzarellatan:20170630234352p:plain

タフドーム/2725 スタートパッケージ ¥37,584-


まとめ


いかがでしたか?ニーズに合わせて様々な展開のある、コールマンの「タフドーム」。ファミリーキャンプにぜひおすすめですよ!
[スポンサーリンク]



ブログランキング・にほんブログ村へ