屋久島トレッキング。一度は行ってみたいスポットをご紹介!


自然の宝庫「屋久島」



屋久島は、トレッキングの経験のある人なら一度は訪れてみたい場所です。1993年に世界遺産に登録されてからは、訪れる観光客も急激に増え、今や一大観光スポットになりました。


f:id:mozzarellatan:20170630203450p:plain


地元の人たちによる自然保護のおかげで、観光名所であるにもかかわらず、いつまでも豊かな自然を楽しむことができます。屋久島は鹿児島県の南に位置する、面積504.29㎢、周囲130kmの島です。ほぼ全域が山であり、洋上アルプスとも呼ばれています。中でも中央部に位置する宮之浦岳は標高1,936mで、九州地方最高峰の山であり、「日本百名山」の1つに数えられています。




[スポンサーリンク]



また、屋久島は雨の多い島でもあります。海からの湿った風が山にぶつかり、大量の雨を降らせます。年間降水量は、平地で4,500mm、山間部だと8,000〜12,000mmに達し、「月に35日雨が降る」と言われるほどです。自然豊かな屋久島。植物相も多彩で、ほぼ亜熱帯に属する地域ながら、亜熱帯から亜寒帯までの多様な植物相が確認されています。


宮之浦岳を筆頭に、モッチョム岳、愛子岳、永田岳、栗生岳、太忠岳、黒味岳、などトレッキングを楽しめる山も数多くあり、山だけでなく、白谷雲水峡や縄文杉など、奥深い神秘の観光スポットが随所にあります。


f:id:mozzarellatan:20170630203513p:plain


今回は、主にトレッキングに目を向け、「縄文杉コース」と「白谷雲水峡コース」をご案内したいと思います。


日帰り「縄文杉」コース


屋久島トレッキングコースの中で一番の人気スポットです。樹齢2,700年とも、4,000年とも言われている「縄文杉」を訪れるコースです。人気のスポットではありますが、歩行時間が約8時間から10時間、往復22km以上あるので、決して楽とは言えません。


普段、トレッキングや運動習慣のない人だと、かなり過酷ではないかと思います。十分な時間的余裕を取り、体力的な準備をして挑むのが賢明です。出発のスタートは「荒川登山口」からとなります。長い道のりのスタート口です。トイレの数が少ないのでここで一度済ませておくのが賢明でしょう。


f:id:mozzarellatan:20170630203529p:plain

しばらく長いトロッコ道が続きます。岩肌のみずみずしい苔や植物、木々の間から望むアイコ岳を眺めながら、1時間半ほどで「白谷雲水峡」に抜ける古道、「楠川分かれ」にたどり着きます。そこからすぐの場所に「小杉谷山荘跡」があります。現在はバイオトイレが設置されているので、ここでトイレを済ませましょう。


途中、仁王杉と出会います。樹高22.8mの大杉。壮観です。そこからさらに約1時間、長かったトロッコ道がようやく終わり、ここから本格的なトレッキングが始まります。「大株歩道入口」です。


翁杉、ウィルソン株(中は空洞になっており、入って空を仰ぐと、ハート型が。人気のスポットです)、大王杉、夫婦杉、子宝杉、など、多くの巨木の杉が随所にみられます。


f:id:mozzarellatan:20170630203545p:plain

ウィルソン株から約2時間、縄文杉と対面できるデッキへと上がる階段が見えてきます。以前は縄文杉も間近で見ることも、触ることもできましたが、現在は根っこが人々の足で踏みつけられたりするため、デッキからのみの鑑賞となっています。


f:id:mozzarellatan:20170630203555p:plain


帰りは来た道を戻って帰ります。シーズン中は、登山道も混雑します。自分のペースで歩けない場合も多いので、時間配分をしっかり考えて行動しましょう。


[スポンサーリンク]



白谷雲水峡


宮崎駿監督の「もののけ姫」のモデルとなった場所で有名です。歩行時間約5時間、歩行距離約5.4km。半日コースなので、前日に縄文杉のトレッキングを楽しみ、2日目白谷雲水峡コース、という人も多いです。


トレッキングは、もちろん晴天が望ましいですが、豪雨でない限り、ここ白谷雲水峡は、雨の日にこそ訪れたい場所です。小雨の中、生き生きとした苔に触れ、幻想的な雰囲気を味わうのが醍醐味なのです。スタートは「白谷雲水峡入口」です。トイレもあるので済ませておきましょう。


まず、入り口で協力金を払いましょう。これは屋久島の自然保護のための募金です。しばらく歩くと、「白たえの滝」、「飛流おとし」、2つの滝が見えます。さらに進み、沢にかかる吊り橋(さつき吊橋)を渡り、ここで道が二手に分かれます。


左手の「楠川歩道」は沢沿いのゆるやかな道、右手の「原生林歩道」は、見どころの屋久杉が随所で見られますが、少し険しいコースです。ここは、自分の体力と相談して決めましょう。


1時間ほどで、2つのコースの合流地点に到着します。三差路道標のある地点です。しばらく行くと、根の近くをくぐることのできる木があります。「くぐり杉」です。そこからすぐの場所に、「白谷小屋」があります。トイレ、水場があるので済ませておきましょう。


先へ進むと、七本杉があり、森林もさらに深くなり、神秘的に見えて来ます。小雨だと、苔の美しさも際立ち、さらに静けさと雨の音で、太古の世界へ迷い込んだような錯覚に陥ります。しばらく行くと「苔の森」に辿り着きます。「もののけ姫」のモデルとなった場所です。ベンチもあるので、ゆっくり眺めましょう。


f:id:mozzarellatan:20170630203614p:plain


さらに行くと、辻峠に到着します。左手に入り、斜面を登り切れば、「太鼓岩」に出ます。大きな一枚岩で、見晴らしが良く、奥岳と呼ばれる山々が見渡せます。帰りは、ピストンで来た道を戻ります。


まとめ


いかがだったでしょうか?もし、初めて屋久島に行かれるのであれば、このトレッキングコース、「縄文杉」「白谷雲水峡」がベストですよ!
www.momochakei.com
www.momochakei.com
[スポンサーリンク]



ブログランキング・にほんブログ村へ