彼女を大切にしたいあなたへ・・・長い付き合いのために必要な行動


f:id:mozzarellatan:20170624011627p:plain


彼女を大切にしたい!彼女にも「私、大切にされている」と感じてもらいたい・・・。でも、具体的にどうすれば良いの?僕はずっと分からずにいました。僕が、良かれと思ってやったことが、もしかしたら彼女にとっては迷惑になるかもしれないし・・・。彼女を大事にしたいけれど、どうすれば彼女にとっても心地よく感じてくれるのかが分からない・・・。延々と自問自答して、友人などにも相談したり色々聞いたりして、そこから分かったことをまとめました。同じように、彼女と長く付き合いたい男性の参考になればと思います。




[スポンサーリンク]




デート終わりは、背中が見えなくなるまで


長く付き合うと、色々なことがおざなりになってくることがあります。メールの頻度もだんだん少なくなり2~3日に1回が当たり前のようになり、「ありがとう」「ごめんね」もだんだん言わなくなってきたり・・・。その一つに、別れ際のおざなりがあります。


良くも悪くも「あれ」「それ」で通じ合う関係性へと変わっていったとしても、デートの去り際というのは非常に重要です。心理学的にも、「デートの始まりのときの感情」より「デートの終わりの感情」のほうが、バイバイした後に女性の心に強く跡を残すのです。つまり、「リバウンドを制するものは試合を制する」ではないですが、「デート終わりを制するものはデートを制する」のです。別れ際に女性が感じた気持ちがハッピーなものであればあるほど、デート全体が「ハッピーだったもの」として色を全体的に塗られていきます。


反対に、バイバイする間際に相手に対してイラッとすることがあったり、嫌なことがあったりすると、別れたあとにその感情が強く跡を引きます。従ってデート全体が「なんだか今日は楽しくなかったな」「なんかつまんないデートだったな」といった負の感情で色を塗られてしまうのです。


デートの終わり際、去り際というのは非常に重要です。そのときに感じた思いによって、デート全体の印象が左右されます。ぜひ、女性の背中が見えなくなるまで、しっかりと見送ってあげてください。「じゃぁね、バイバイ。俺こっちだから、じゃ」とあなたも同時に去っていくようではNGですよ。女性がもし振り返ったとしても、あなたが笑顔で手を振ってくれていたとしたら、その安心感は「守られている」という確かな愛情となってずっと残ることでしょう。


[スポンサーリンク]




会える時間が1分だけでも会いに来る


f:id:mozzarellatan:20170624011636p:plain


例えばお互いに学生だったら、お互いのバイトや授業の時間帯が合わず、なかなか会えない時期もあるでしょう。お互いに社会人でもそれは同じで、シフトや休日、他の用事の関係でなかなかお互いのスケジュールが合わない時期が続くことも珍しくありません。


「なかなか都合が合わないね」とデートの約束もできないまま、日にちが延々と経過していって、なんだか自然消滅気味・・・いや、もしや「忙しい」と言っているだけで浮気しているのでは?!・・・なんて、不要な妄想まで広がってしまいがちです。


そんなときこそ、ちょこっと会いに行きましょう。がっつりと丸1日のデートばかり想定しているから、都合が合わずに会えないのです。実は、女性はこうも思っています。「忙しい忙しいって言うけど・・・私のことが本当に好きなら一瞬くらい顔を見せるくらいできるじゃん」。だからこそ、会えない時期が続いたら、あえて一瞬だけ、会いに行きましょう。


事前アポもなく、突然インターホンを押して「少し時間が取れたから、会いに来たよ。ごめんね、すぐ帰らなきゃだけど、どうしても顔が見たくてさ」と言われたら女性はグッとハートをつかまれます。あるいは携帯に電話しても構いません。「今、家の前にいるんだけど。少しだけ出てこられない?ごめんね急に、どうしても会いたくなってさ」と伝えましょう。もちろんアポ無しなので、相手の諸々の都合で断られる場合もあるでしょう。


「え?!いや今家にいないんだよ!まだ職場から帰れなくて」とか「今おなか痛くて、トイレからずっと動けてないから無理」とか会うことにNGを喰らってしまうこともあると思います。ですが、それでも良いのです。『あなたに会いたくて、会いに来たという事実』があった、と相手が知ることが重要なのです。どんなに忙しくても、がっつりデートできる時間がなくても、一瞬だけでも顔を見に来てくれた・・・その事実は、女性に「大切にされている、愛されている」という安心感をしっかりと植え付けるのです。


友人や親に紹介する


f:id:mozzarellatan:20170624011648p:plain


「彼氏」「彼女」という2つの間柄だけで完結せずに、あなたの人脈の中での誰かに会わせて自分のことを紹介してくれる、というのは女性にとって大きな安心感となります。ぜひ、あなたの友人や親御さんに、胸を張って「彼女だよ」と紹介してあげてください。小声で自信なさそうに「か・・・彼女・・・。一応・・・」などと紹介されても、むしろ女性にとっては不信感が募って逆効果ですよ。ぜひ、あなたと彼女との間に、共通の人脈を多く作り上げていってくださいね。そこからまた二人の世界が広がることでしょう。
www.momochakei.com
www.momochakei.com
[スポンサーリンク]



ブログランキング・にほんブログ村へ