恋愛を成功させる技術!簡単なコツで女性があなたを見る目が変わる


f:id:mozzarellatan:20170624010039p:plain


恋愛に技術なんて難しそう、と思っている人は多いと思います。でも、「あの人はモテるんだろう?特別にイケメンというわけでもなさそうだし、お金持ちってわけでもなさそう」・・・そのような人が、あなたの周りに一人はいるのではないでしょうか?もしかしたらその男性は、恋愛テクニックを駆使しているのかもしれません。


僕の会社の同僚にもいました。なぜか女子社員から好かれる人が・・・。特に面白い会話を提供するわけでもなさそうだし、もちろんイケメンというわけでもありません。僕は気になって、あるとき彼に聞いてみました。「モテていいなぁ。なんで人気が集中するの?ずるいよ(笑)」と冗談ぽく聞いたら、「俺だってモテない人生だったんだよ。でも、モテたくて勉強していろんな知識をつけたんだ。それを実践しているだけだよ」と。それはどんな知識?!と食い下がり、いろいろ聞き出してきました。




[スポンサーリンク]


あだ名や下の名前で呼ぶ


名前に関する技術です。簡単ですが、恋愛関係へ発展させるための第一歩、基本なことです。初対面や、よく知らない相手には「山田さん」といった感じで苗字にサンをつけて呼びがちですよね。けれどそれは「他人行儀」という言い方もできます。なので僕は、親しくしたい相手には、わざとあだ名や下の名前で呼ぶことを心がけています。


ぶっとんだあだ名をつける必要なんか全く無くて、例えば上記の「山田さん」だったら「山ちゃん」「山ちん」などが程ほどで良いでしょう。特に会社内だと、とんでもないあだ名で呼ぶわけにもいきません。なので苗字をちょいとイジったくらいのあだ名が適切なのです。


これには相手が「この人には、あだ名で呼ばれている。私に親近感を持ってくれているのかも」と良い期待を持つという効果があります。嫌いな人に対しては、あだ名さえ付けようと思わないですものね。そんな心理を巧みに突いているのです。


プライベートな場合では、下の名前で呼び捨てにすることも、「チャン」付けで呼ぶことだってOKです。「はなこ」と呼び捨てするのも良いし、「はなちゃん」と呼ぶのも良いでしょう。「私とこの人は、そういう仲になれているんだ」と、あなたに親近感を持つはずです。いつまでも苗字呼びのままでは「他人行儀」のままです。


ちょっとした変化をつけて「その他大勢と同じ」状態から脱却しましょう。簡単な技術で、効果は絶大です。その親近感は恋愛感情への第一歩なのです。


「ありがとう」の前置きとして感情の言葉も入れる


f:id:mozzarellatan:20170624010046p:plain


何かをしてくれたときに「ありがとう」、何かをいただいたときに「ありがとう」・・・「ありがとう」って、日本語の中で一番素敵な言葉だって、金八先生も言っていました。基本的な「ありがとう」「ごめんね」は人間関係の中でもとても重要なワードですよね。ですが、恋愛関係として一緒に居る時間・期間が長くなってくると、それさえ省略して言わなくなることは多々あります。


ただ「ありがとう」と伝えるのも良いのですが、「ありがとう」の前に感情を表す言葉を付け加える技術を身につけると、その言葉はさらに良い印象の響きになりますよ。


たとえばプレゼントをもらったときには「わぁ嬉しい!ありがとう」、遠いところから会いにきてくれたときには「大変だったでしょ?ありがとう」、代わりに運転してくれたときには「疲れているのに、ありがとう」・・・。もちろん「ありがとう」のみでも成り立つのですが、そこにプラスアルファをすることにより、さらに付加価値を付けることができるのです。


[スポンサーリンク]


待ち合わせが遅れそうなときには


f:id:mozzarellatan:20170624010053p:plain


待ち合わせをしていて、指定されている時間があるものの、どうしてもその時間に遅れてしまいそう・・・そういったことを誰しも何回かは経験をしていることでしょう。そんなときに使える技術です。うまく使えれば、恋愛テクニックとして、相手に怒られるどころかさらにあなたへの好感度を高めることができます。


やりかたはとっても簡単です。約束の時間は過ぎそうだけれど、待ち合わせ場所にはあと10分で着けるかも、と思ったときに相手にメールしておくのです。「ごめん、少し遅れます!あと20分あれば着けると思うんだけど・・・ごめんね、急いで向かっているから!」相手はあと20分、という言葉を信じてその時間まで近辺をブラブラしたり、あるいはその場でスマホゲームなどをしながらあなたを待つでしょう。


しかしあなたは、20分どころか10分で到着するのです。これにより相手の好感度が上がります。「えっ、20分かかるって言ってなかった?!」と驚くと思いますが、「急いで来たんだ!!待たせて本当にごめんね」と謝罪の言葉と共に、急いで向かっていたことをアピールしましょう。それにより「20分かかるところを10分で来られるくらいに急いで来てくれたんだ・・・なんていい人なんだろう」と女性からの好感度が一気に上がるのです。


ここでポイントなのですが、10分で到着できそうなところを「あと10分で着く」とそのまま言ってはいけません。10分のところを10分で着たところで別に普通のことですので、相手は感動どころか「全く・・・約束の時間を10分も過ぎて・・・」ともやもやしてしまうかもしれません。あえて遅い時間を言って、それよりも早い時間に着くことで、相手の好感度を上げることができる技術なのです。もちろんその「私のために急いでくれるなんて」という驚きは、恋愛へと発展する可能性さえありますよ。
www.momochakei.com
[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ