九州でおすすめ。初心者向け日帰り登山。あなたはどこに登りますか?


九州の山について


九州には、日帰り登山のできる山が数え切れないくらいあります。福岡県、大分県長崎県佐賀県熊本県、宮崎県、鹿児島県、7つの県から成る九州は、そのどの県にも、日帰りで楽しめる山がいくつもあります。さて、今回は手軽に登れる低山から、かなり難易度のある山まで、県別でいくつかご紹介したいと思います。




[スポンサーリンク]



福岡県の山


♦宝満山・・・福岡都市近郊でもっとも人気のある山です。標高829m。別名を三笠山、竈門山と言います。


f:id:mozzarellatan:20170624002345p:plain


ルートはいくつかありますが、基本的なものとしては、竈門神社をスタートして、一ノ鳥居→中宮跡→宝満山山頂→中宮跡→鳥追峠→愛岳山→竈門神社、というほぼピストンで、歩行時間約5時間(休憩含まず)、歩行距離約11km、となります。


古くから霊峰として崇められていた山で、歴史と深い関係のある遺跡が、多く残っています。中宮跡の手前に「百段ガンギ」と呼ばれる石の階段があり、こちらはかなりキツイと言われています。レベル的には中級者コースでしょうか。


英彦山・・・福岡県でも1,2を争う人気の山で、日本三大修験道場の山として知られる霊峰です。標高1199m.


f:id:mozzarellatan:20170624002357p:plain


コースはいくつかありますが、中級者向けコースの1つとしてご紹介するのは、「南岳コース」奉幣殿→四王寺の滝往復→大南神社→鬼杉→南岳→中岳のピストンルートです。歩行時間約4時間15分、歩行距離約10km、となります。


大分県の山


由布岳・・・九州の温泉地として名高い湯布院。そのシンボルとなるのが、由布岳です。湯布院盆地の北にある独立峰で、2つの峰が際立ったトロイデ型火山が作り上げた美しいシルエットが、広々とした牧歌的な草原とマッチして、なんとも言えない造形美を作り上げています。標高1584m。


f:id:mozzarellatan:20170624002411p:plain


正面登山口コースが一般的です。レベルとしては中級者コース。「正面登山口コース」正面登山口→合野越→マタエ→由布岳西峰のピストンルート。歩行時間約6時間、歩行距離約7.5km。


せっかくの九州日帰り登山なので、帰りは湯布院でゆっくりお湯に浸かって帰られてはいかがでしょうか。


祖母山・・・標高1756m。熊本県大分県、宮崎県の3県にまたがる祖母連山の主峰。たくましい山体と奥深い山林、見事なまでの岩峰、清冽な渓谷など、豊かな自然に満ち溢れています。


f:id:mozzarellatan:20170624002423p:plain


一般的な登山ルートは「宮原コース」。尾平登山口→吊橋→2合目→→宮原→祖母山、往復コース。歩行時間約9時間、歩行距離約10km.


一応中級者コースという括りですが、九州の日帰り登山の中ではは、体力もかなり必要ですし、歩行時間も長時間ですので、初心者だけでの登山は控え、経験者と行動を共にしたほうが安全です。また、途中、前ノ背、馬ノ背というやせ尾根があるので、安全確保で十分注意してください。


5月になると、アケボノツツジが満開になり、一帯の名所になっています。



[スポンサーリンク]



佐賀県の山


黒髪山・・・標高516m。低山ながら、鎖場や鉄ばしごがあるなどスリルある山です。


f:id:mozzarellatan:20170624002437p:plain


主なコースは、下宮→乳待坊展望台→見返峠→黒髪山→西光蜜寺→太鼓岩不動尊→カザハヤ峠→下宮。歩行時間3時間30分、歩行距離9km。


多良岳・・・佐賀県長崎県の県境に位置します。標高445m。秋になると、紅葉が素晴らしく、多くの登山客が訪れます。


f:id:mozzarellatan:20170624002449p:plain

コースとしては、中山キャンプ場→金泉寺分岐→多良岳、の往復コース。歩行時間3時間30分、歩行距離3.5km。


長崎県の山


f:id:mozzarellatan:20170624002501p:plain


普賢岳・・・標高1359.3km。平成3年の爆発における火砕流で、多くの人命が失われましたが、現在、噴火活動は収まり登山も可能となりました。


コースは、仁田峠→妙見展望台→妙見岳→国見岳→普賢岳→紅葉茶屋分岐→仁田峠。歩行時間3時間10分、歩行距離4.3km。


熊本県の山


♦市房山・・・標高947m。市房参道に1kmにわたって立ち並ぶ、杉の巨木は圧巻。荘厳な雰囲気に満ちています。


f:id:mozzarellatan:20170624002513p:plain

コースは、市房神社駐車場→市房神社→6合目馬の背→7合目→市房山、の往復コース。歩行時間5時間50分、歩行距離5.5km。


♦国見岳・・・標高1738.6m。体力的に結構ハードなので、心して挑戦してください。九州の日帰り登山では、難易度が高いレベルの山です。


f:id:mozzarellatan:20170624002524p:plain


コースは、ゲート→登山口→新登山口→尾根出合→展望台→1550稜→国見岳、の往復コースです。歩行時間6時間15分、歩行距離7.5km。


宮崎県の山


韓国岳・・・標高1700m。ここ数年、噴火が続いており、登山制限の実施・解除が繰り返されている韓国岳周辺ですが、山行きの前には、必ず情報収集が必要です。


f:id:mozzarellatan:20170624002540p:plain


霧島連山の最高峰。コースはいくつかありますが、入山規制などで変動しますので、ご注意ください。1つご紹介します。韓国岳登山口→分岐→5合目→韓国岳韓国岳避難小屋→分岐→えびのエコミュージアムセンター。歩行時間4時間、歩行距離6km。


春になると、ミヤマキリシマの群生が美しい花を咲かせます。


♦大崩山・・・標高1100m。初心者向けにご紹介していますが、経験を積み、ぜひこの大崩山に挑戦していただきたいです。かなり難易度の高い山ですので、熟練者と行かれるのが良いかと思います。九州の日帰り登山の中では最高レベルの難易度ではないでしょうか。


f:id:mozzarellatan:20170624002551p:plain

コース紹介は、あえて一番難易度の高いものをご紹介します。


登山口→大崩山荘→ワク塚分岐→袖ダキ展望所→上ワク塚基部→坊主尾根分岐→鹿川越→大崩山→鹿川越→坊主尾根分岐→小積ダキ→林道分岐→大崩山荘→登山口。無数のハシゴの連続、切れた足場もたくさんあるので、十分な装備も必要です。歩行時間9時間、歩行距離10km。


鹿児島県の山


開聞岳・・・標高924mながら、その美しい形は「さつま富士」と呼ばれ、地元の人々から愛されている山です。


f:id:mozzarellatan:20170624002608p:plain


コース紹介です。ふれあい公園→5合目→7合目→8合目→9号目→開聞岳、の往復コースです。歩行時間5時間、歩行距離7.7km。


まとめ


いかがでしたか。九州の日帰り登山。温泉も多いので、帰りは温泉でゆっくり体を癒すのもいいですね。


[スポンサーリンク]
www.momochakei.com



ブログランキング・にほんブログ村へ