東芝とウェスタンデジタル(WD)の今までの関係と今後見通し


ウェスタンデジタル(WD)との関係


f:id:mozzarellatan:20170623234221p:plain


東芝とアメリカ・ウェスタンデジタル(WD)は、もう友好的な付き合いができなくなってしまいました。東芝は、アメリカ原子力子会ウェスチング・ハウスエレクトリックの破綻で生じた、損失を埋めようと携帯電話向け半導体で世界2位の東芝メモリの持ち株売却での悪化である。


協業体制にあるウェスタンデジタルは、東芝メモリの売却に反対をしている。合弁パートナーとしてウェスタン・デジタル社は独占交渉権を求めているが、東芝は、産業革新機構を軸にしたコンソーシアムに優先交渉権を与えてしまったからである。東芝は、合弁パートナーである、ウェスタンデジタル(WD)に対して、同事業の売却の妨害をしないように通告して、法的措置も辞さないとするWD社の主張をはねつけてしまいました。


東芝ウェスタンデジタルは、合弁契約に基づき、共同で半導体工場を運営しています。しかし関係者によると、独占交渉権を求めているウェスタンデジタル社の提案に乗ることの可能性は低いという。複数の提案の中で金額面でウェスタンデジタル(WD)の提示額が低いとのことである。東芝は、原子力子会社のウェスチングハウス・エレクトリックの経営破たんで初声下損失を埋めるために、メモリ偉業を売却するという方針をだした。東芝によるとアメリカ原発事業の現存処理は7130億円に上り、2017年3月気連結決算は、1兆円の赤字になる見通しとなっております。




[スポンサーリンク]



東芝ウェスタンデジタル(WD)の今後の見通し


f:id:mozzarellatan:20170623234235p:plain


東芝半導体売却を巡って、東芝と対立するウエスタンデジタル(WD)の訴訟リスクはまだ残ったままです。東芝半導体メモリ―事業の売却をめぐって、協業先のウエスタンデジタル(WD)は、アメリカカリフォルニア州の裁判所に売却差し止めの訴訟を起こしています。早ければ、7月中旬に売却停止の最低が下る恐れがあります。


半導体事業事業買収に意欲的だったアメリカブロードコムがこのウエスタンデジタルの訴訟を受けて買収意欲を現他愛させたと伝えられています。結果的に、東芝は、アメリカ投資ファンドベインキャピタルなどの日米韓連合を頼る形になった。


この連合に同業のハイニックスが入る事で独占禁止法当局の審査が長引く可能性もある。東芝とウエスタンでデジタルは、半導体でメモリ事業の売却を巡って1月から対立をしており。


エスタンデジタルは、5月に国際仲裁裁判所に仲裁を申し立ていた。産業産業革新機構が中心となるコンソーシアムに売却先が決まったが、売却手続きの着地がいまもって見通せない状況です。ウエスタンデジタルは、訴訟において「東芝半導体モリー事業を売却するのは契約違反で、契約違反を禁止する旨の差し止めによる救済を求めているもの」と声明を出してだしているこのような中、2017年5月31日付でフラッシュメモリ生産で提携するウェスタンデジタル(WD)との合弁会社から、生産設備関連の資産を東芝本体に移管したことがあきらかになった。東芝の進める東芝メモリの売却を差し止め用と方手的手段にでたウェスタンデジタルに対抗するための措置をとったのです。


2017年5月31日付でウエスタンデジタルに対して合弁会社の権益を東芝メモリから東芝本体に移したことを書簡で伝えるとともに、ウエスタンデジタルが売却を妨害していると非難しました。2017年3月末時点で5400億円の債務超過見通しの東芝は今年4月1日に同事業を分社化して東芝メモリを発足させました。


東芝本体が債務超過から脱却する為に東芝メモリの売却手続きを行い、産業再生機構が中心となあるコンソーシアムに売却が決定されました。ところが、同意なしの事業売却は合弁契約違反と協業先のウエスタンデジタルは主張し態度を効果、国際商業会議所の国際仲裁裁判所に売却の差し止めをもうしたえました。ウエスタンデジタルは、東芝が行ったメモリ事業の分社化の撤回も求めています。


これに対して東芝の網川社長は「合弁契約に抵触する事実はない」と反論をしておりました。メモリ事業売却手続きを継続する意向をしめしてました。今回の生産に関連する資産を移管して、合弁権益を東芝本体に戻したことについては、メモリー事業を分社化した4月1日以前の状況に戻したかたちでウエスタンデジタル側の国際仲裁裁判所での主張の無効を狙ったものとみえます。また今回の対応で「フラッシュメモリ生産への影響はない」とされています。


[スポンサーリンク]



今後のウエスタンデジタル(WD)の出方


f:id:mozzarellatan:20170623234250p:plain


経営再建中の東芝は、東芝メモリの売却先を日本再建機構やアメリカ投資ファンドベインキャピタル、韓国半導体大手のSKハイニックスなどからなる「日米韓連合」に優先交渉権を与えることを決定しました。これは、売却後も日本側が経営の主導権を握れるほかに独占禁止法の審査期間が短期間で済むことを見通してのことです。


平成29年末に債務超過の解消を目指す方針です。東芝は、6月28日の定時株主総会までに手続きを終えたい考えです。今後の焦点は、、東芝の協業相手で東芝メモリの他社への売却に反対するウエスタンデジタルの出方になります。産業革新機構に優先交渉権をあたえたが、売却中止を求めてのカリフォルニア裁判所へ提訴するなどの対立が続き協議が難航すれば、手続きが遅れる懸念が残ることになります。まだまだ懸念が山積みの東芝ですが、なんとか再建してほしいものです。
www.momochakei.com
[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ