一連の不祥事が明らかになった東芝の社員の今後はどうなるの?


f:id:mozzarellatan:20170623230404p:plain


東芝の社員の今後


不正会計に加えて、アメリカの原発子会社の特別損失で債務超過になった今、東芝の社員はこの先いったいどうなるのでしょうか。


東芝は「緊急対策」として残業の割増賃金率の引き下げや、ボーナスの減額で、年収でいうと200万円が減額されたと言われています。右肩上がりの時代に東芝に入社した社員は、勝ち組中の勝ち組として、右肩上がりがずっと続くと思い、ボーナス払いなど最高レベルでローンを組んでしまっています。それが、残業代の減額、ボーナスカットなどで苦しい日々が続いているともいます。


東芝は巨額損失を返済するために、インフラやエネルギー事業、半導体事業を切り売りしようとしています。社員にとってみればばらばらになってしまうと感じてるでしょう。




[スポンサーリンク]



社員の待遇


東芝本社には、管理部門や研究開発部門しか残さず、社員の大半を新し子会社に転籍させようとします。待遇は当面の間は、変わらないと社員には説明があるが、親会社が変わりその後はどうなるかなどは、完全に不透明です。


分社の対象になるのは社会インフラ、エネルギー事業、半導体メモリを除く電子デバイス、情報システム事業など4部門です。


なぜ分社化しないといけないというと、建設業法では、4000万円以上の下請け契約を必要するん大規模工事を手掛けるには自己資本が4000万円の自己資本が必要になります。現在の債務超過の状況では条件を満たしていないからです。


主力事業である発電やビル設備など大規模工事に必要な特定建設業の許可を更新することができないからです。この許可が更新できなければ、1兆円規模の売り上げを失う恐れがあるほかに、東京電力福島第一原子力発電所で手掛ける、廃炉事業への影響も同じように懸念されます。このため事業主体を変えることにより受注制限を回避しようとの狙いがある。


社員の待遇には当面は変わらないといわれるが別会社になり待遇に差が出たり、リストラや買収によって待遇の変化する可能性は十分に起こりえます。


f:id:mozzarellatan:20170623230422p:plain


東芝の社員は、3万6601人いるといわれてます。東芝には3つの選択肢があるといわれてます。第一に倒産することです。会社更生法で倒産した場合、債務は放棄され、一般的に雇用と事業は免れます。次に政府系ファンドの産業新機構に支援を仰ぐ方法です。最後に半導体部門など名を残すために他の部門を切り売りすることです。どの選択肢についても社員に一層のリストラがせめられるでしょう。


東芝の社員は、2001年には、5万3000人いましたが白物家電やパソコン、テレビ事業などからリルトラをして、現在の人数になっております。東芝が倒産を選べば一定の歯止めがかけられます。


ただし、社員の給料の大幅ダウンは避けられません。現状827万円の平均給料が600万円台に落ち込むといわれてます。ただ、主力銀行は倒産だけは絶対にさせたくないという事情がああります。JAL倒産の時に5215億円もの債務放棄の痛い目にあったためです。それを避けようとしているのが銀行の思惑によって資産を切り売りしている現状です。


では次に産業新機構に助けを求める策はどうでしょう。政府系と言っても手放しで支援をしてくれる訳ではありません。ルネサンスエレクトロニクスの例を見てみると1万3108人いた社員が今や、2933人にまでへって、全体の8割、1万の社員が会社を去りました。シャープも事実上の国有化を嫌い台湾資本の方を選び今のところ残った社員は、雇用を維持されている。


最後に残る原発事業とインフラ事業なを残せるかというとそれは難しいという声も聞こえてきます。一番厳しい状況にいるのが東芝本体の社員より、全体で18万7809にいる子会社の社員がそうだ。2015年7月20日東芝の経営トップが関与した粉飾決済について、第三者委員会の報告書が指摘したのは、過去7年チャレンジや社員に対する会議におけるパワハラが指摘された。


[スポンサーリンク]



新卒採用


この問題を受け翌日に田中久雄社長が辞任した、その後室町社長は、7800人の人員削減をした。2017年4月入社の事務系、技術系の新卒社員の採用の中止なども発表された。


f:id:mozzarellatan:20170623230434p:plain


若い社員のモチベーションの低下があげられ、終身雇用が当たり前であった東芝の社員にも意識の変化があったようだ。20代30代の若い社員も変わらない社風などで嫌気がさし自ら退職する人が増えているそうです。現状に残るのは、愛社精神の強い、上昇志向のない50代以上だといわれてます。


現実の東芝の社内の雰囲気は、相当悪いといわれています。不正会計問題が発覚してからは細かい間違いなどでも叱責するとピリピリしているそうです。


また会社の風土としえは、別の意見を持っていても、上司がこれで行くと決めたら逆らえずそれでも自分の意見をいうとラインから外される現状があります。


これは、不正会計問題を調査した第三者委員会の「上司の意向に逆らうことができない企業風土が存在していた」という指摘と重なる所がある。


営業の方の意見としても、部門全体で見ると人柄のいい人が多いが出世するのはパワハラ的な人ばかりなどの声があります。少し前の東芝は、、日本の誇る優良企業でした。是非頑張って再建をしてほしいですね。
www.momochakei.com
[スポンサーリンク]



ブログランキング・にほんブログ村へ