ボルトのチームメイト、ミツキは誰の子供?人造人間?その正体は?



水色の髪に水色の服。
木の葉隠れの里に転入してきた”ミツキ”と名乗る美少年。


f:id:mozzarellatan:20170617150847p:plain


(出典:アニメ ボルト第5話)


コノハマル班の一員(コノハマルを隊長として、ボルト、ミツキ、サラダが班員)として、ボルトと行動を共にしていきます。アニメでミツキが転入してきたのは第五話です。


ボルトが解けない難問を簡単に解いてしまったり、(勉強がダメダメだった父ナルトと比べて、以外にもボルトは勉強が得意)それまで忍術の成績クラス一だったイワベとの組み手では、イワベを圧倒するなど転入早々からボルトや他の生徒より頭一つ抜きんでた実力をみせつけます。


しかし、性格に少々難があり、人間的な道徳性がどことなく欠落しています。(大体、天才キャラはこんな感じの性格してると思うのは私だけでしょうか。)




[スポンサーリンク]



転入生ミツキの正体



前作ナルトファンが、本作ボルトを見るときの楽しみ方の一つとして、前作に登場したキャラたちと本作ボルトに登場するキャラたちの親子関係ではないでしょうか?ナルトとボルト、サスケとサラダ、シカマルとシカダイといったように、どのキャラが父か?母か?子か?と知るところが面白かったりしますよね?では、ミツキの親は誰なんでしょう?


結論から言いますと、ミツキの親は、かつて”伝説の三忍”と呼ばれた忍者の1人であり、木の葉隠れの里の破壊を一度は計画した”大蛇丸”である可能性が高いです。


f:id:mozzarellatan:20170617150912p:plain


大蛇丸(出典:アニメ ナルト疾風伝第42話)


f:id:mozzarellatan:20170617150925p:plain


伝説の三忍(上:大蛇丸、左下:5代目火影のツナデ、右下:ナルトの師匠である自来也)(出典:blogs.c.yimg.jp )


理由は以下3つです。


・音隠れの里から転入してきた点。(音隠れの里は大蛇丸が作った里)
・白蛇を出したり、手を自在に伸縮したりといった戦闘スタイルをとっている点。
・論理的で頭の回転が速く、天才的な点(大蛇丸は天才だと3代目火影にも認められた。)


ただ、大蛇丸父親だとしたら、母親は誰なんだ?ってことになりますが、やはりここは大蛇丸。研究目的でミツキを生み出したという線が有力でしょう。ミツキが人間的な考え方を少し失っているのは、”機械のように人工的に作られたということ”の表れかもしれません。しかし、ミツキのこの性格はボルトたち仲間と関わっていく内に、より人間的に温かみのある性格になっていくのは予想できます。


[スポンサーリンク]



ボルトの右眼とミツキ


ボルトしか見えない影(暴走する人間に対してボルトだけが見えるチャクラの影)の正体やボルトの右眼の事をミツキは何か知ってるような場面がしばしばあります。(「 なぜ彼だけが見えるのだろう? 」、「君には嫌われたくないからね」などといったミツキの言葉などから)


f:id:mozzarellatan:20170617150944p:plain


ボルトの右眼(出典:アニメ ボルト第1話)


あくまで推測の範囲ですが、ミツキはボルトの右眼に何か関係する目的で作られた存在なのかもしれません。私の個人的な予想では、ミツキの正体はザ・ラスト・ナルトザムービーの悪役で登場する転生眼をもったトネリ(六道仙人大筒木ハゴロモの弟である大筒木ハムラの子孫)と大蛇丸との細胞を掛け合わせて作られたクローンです。


f:id:mozzarellatan:20170617151006p:plain

トネリ(出典:劇場版アニメ ザ・ラスト・ナルトザムービー)


f:id:mozzarellatan:20170617151021p:plain


ミツキ(出典:アニメ ボルト第7話)


どことなく、トネリとミツキの見た目も似ていますし、トネリいたところが月であったことからも、ミツキという名前自体に何か関連性を感じずにはいられません。そして、ミツキがボルトの事を太陽と呼ぶように、ボルトが太陽。ミツキが月。という位置づけであるなら、本作ボルトではカギとなるキャラクターの一人であるのは間違いないです。


ミツキとボルトの関係性


転入初日から他の生徒にはあまり興味がなさそうなミツキですが、ボルトに対しては自分から積極的に近づいていきます。これは、やはりボルトに特別な力があることを何か知っているからだということは間違えなさそうです。。そして、ゆくゆくはボルトとミツキはサラダと一緒にコノハマル(ナルトの弟分)を隊長としたチームでで活動していくことになります。チームになるまでのストーリー、チーム結成後のストーリーのどちらも今後の展開が楽しみですね。
www.momochakei.com
www.momochakei.com
[スポンサーリンク]



ブログランキング・にほんブログ村へ