女性に好かれる男になる!心掛けることは何?気をつけることは何?

自分の「好き」と相手の「好き」は違うかも


f:id:mozzarellatan:20170617150443p:plain


女性に好かれるためには、コツがあります。自分は良いと思っていることでも、相手からしてみれば「NG!」と一蹴されてしまうことさえよくあります。気になる女性を振り向かせようとして努力しても、結果としてそれが相手にとって的を得ていなければ何の意味もないのです。


僕にはとても好きだった女性がいて、自分なりにアピールしようと頑張っていたつもりだったのですが、なぜかむしろ避けられるようになってしまいました。その悲しみと後悔から、女性について勉強と研究を重ねました。女性にとって好感を持たれる、あるいは嫌われる仕草や行動というのは、ある程度共通しています。そしてそれを知れば、あなたもモテ男子の仲間入りなのです。




[スポンサーリンク]


万人受けする服装を


f:id:mozzarellatan:20170617150454p:plain


僕は、個性的なファッションを好みます。ファッションとは、自分自身の内面を表現するものだと思っているので、個性的なファッションで「僕はこういう人間です!」とアピールしているつもりでした。ですが、そのような個性を追求したファッションは、女性からは「好き」「嫌い」にはっきり分かれます。そして、「嫌い」の女性の割合が圧倒的に高いのです。


僕が好きだった女性は、友人に「あの人、ファッションいつも奇抜だよね。あぁいう服装って、どこで買うんだろうね?隣とかに並んで歩きたくないな(笑)」と嘲笑していたようでした。それを人づてに聞き、とてもショックを受けました。僕は良かれと思ってしていたことだったのに、全くの逆効果だったのです。ファッションひとつ、されどファッションひとつです。女性のお気に召さなければ、「隣にすら並んでくれない」のです。そこで、僕は考え方を変えました。「僕がどうありたいか」ではなく「女性に好かれるためには」という、自分主体から相手主体への考え方に変えました。


その日のうちにすぐ、ファッション雑誌を買いに本屋に走りました。さらに、テレビをつけて芸能人の服装をチェックしたりしました。様々な試行錯誤を重ねた結果、知的なファッションが好まれるということに気付きました。清潔感があって、知的に見える・・・これこそが女性の心をつかむようです。


冷静に考えてみても、そうですよね。バカっぽい人より、知的な人のほうが良いのは明らかです。さらに髪型も気をつけました。今まで、前髪も眉毛が隠れるくらいに伸ばしていて、さらに後ろ髪も昔のキムタクくらいロング気味にしていたのですが、ばっさり切りました。おでこをハッキリ出して、さっぱりとした短髪に変えたのです。そうしたら、今まで話しかけてこなかった女性まで、話しかけてくれるようになりました。「変わったね。今のほうがいいよ」と嬉しい言葉をもらったりしました。女性に好かれるためには、外見も重要なのですね。イケメンかイケメンではないか、という意味ではなく、外見は人を判断するうえでとても重要な要素なのだと分かりました。


[スポンサーリンク]


誰も見ていないところでも気を抜かない


f:id:mozzarellatan:20170617150504p:plain


些細な仕草というのは、つい無意識にやってしまうものです。本人ですら、そのクセや仕草に気付かないものです。だからこそ、「無意識」って一番怖いんです。僕は花粉症がひどく、一年中なんだか鼻がむずむずするので、鼻を手の甲でゴシゴシしたり、鼻に指を突っ込んでほじるのがクセづいていました。自分でもこういうクセがあるとは認識していたのですが、いつのまにか自分でも気付かないうちにクセが出ていることを、家族からの指摘で気付かされたりしました。なので、僕は徹底的に直そうとしました。


女性の前で、自分でも知らないうちにそんな仕草をしていたら「不潔」「汚い」のレッテルを貼られてしまい好かれるどころではありません。なので、自分の行動ひとつひとつを、自分で監視するよう意識していきました。もちろん、四六時中自分のことを自分で気にするのはかなり疲れますが、クセを直すために努力する必要がありました。


さらに、男性であればある程度皆同じかと思いますが、食事の最中に普通にゲップをしたり、おならをしたり、髪をボリボリ掻いてニオイを嗅ぐクセもあったので、それも直すよう努力しました。家にひとりでいると、つい「誰も見ていないんだから家でくらいいいじゃん」と、気が緩んでまたクセが出てしまいそうになりますが、女性に好かれるためには、無意識下でも完全にクセが出ない、ということが重要だと思いました。


なので、誰も見ていない場所であっても、自分ひとりでくつろいでいるときであっても、絶対にクセが出ないよう、根本から徹底的に治すよう努力をしました。もちろん、今日気をつけて明日からまったくクセが出ない、というわけにはいきません。長い目で見て、長期戦になることも覚悟しながら、本気で直す覚悟と努力が必要なのです。しかし、努力に結果は絶対についてきます。僕に話しかけてくれる女性も増えました。また家族に聞いてみても、無意識でクセが出ないことも確認できました。女性に本当に好かれるためには、外見のみではなく内面も変えていかなければいけないのです。まさに努力あるのみ、なのです。
www.momochakei.com
[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ