失恋から立ち直る方法!これを知れば落ち込みから這い上がれる


f:id:mozzarellatan:20170617142919p:plain


失恋から立ち直る方法は様々なものが存在します。失恋って、誰もが一度は経験する、避けようがない道ですよね。僕もそうでした。勇気を出して告白をしたけれど断られて、一週間くらいまともに眠れず、毎日泣いて暮らして、ご飯も喉を通らない日が続きました。また友人は、告白をする前でしたが意中の女性に付き合っている彼氏がいたと知り、やはり相当落ち込んでいました。失恋って、形は違えどいろいろあると思います。ですが、這い上がり方を知らなければ、いつまで経っても自分の中で時計の針が動き出さないのです。僕が経験し、実践してきたことをお伝えします。




[スポンサーリンク]


涙活をする


僕が一番おすすめしたいのは、この方法です。たとえば失恋をしたり悲しいときなど、無理に元気を出して頑張ろうとするのではなく、その悲しい思いを正面から受け止めて、気の済むまでどっぷり悲しみに浸ったほうが良いとテレビで学者が言っていました。「もともと悲しいのに、これ以上悲しみに浸ったら這い上がれない・・・」と心配されるかたもいると思います。


しかし「涙活」という言葉をご存知ですか?涙を流すことで、自分の中にある悲しみやモヤモヤ、ストレス、そういった負のものが涙と一緒に流れていってしまうそうです。結果として、悲しみから立ち直るまでの期間が早くなるのです。


具体的な涙活の方法としては、何でも良いのです。テレビや映画で泣けるドラマを見て、自分と重ね合わせて泣いても構いません。あるいは誰か友人に自分の苦しい胸の内を泣きながら話しても良いでしょう。人それぞれ涙活の内容は違うと思います。ちなみに僕の涙活は、カラオケに行き、失恋関係の悲しい曲を涙ながらに熱唱することです。


その際、一人でカラオケに行くことを心がけています。誰かと一緒に行ったら「うまく歌えているかな・・・」と気になってしまいますからね。うまい・ヘタは関係なくて、純粋に悲しみを吐き出す、という感覚でひたすら熱唱するのです。あまりに悲しみに浸っている時期には、いっそのこと彼女の写真などを持参していきます。好きだった女性の写真を見ながら、あるいは思い出の品を握り締めながら、ひたすら泣きながら熱唱します。カラオケが終了したあと、なんだか気分が少し晴れたような気がするのは、気のせいではないはずです。


仕事に没頭する


f:id:mozzarellatan:20170617142929p:plain


忙しさは、失恋の悲しみを忘れさせてくれます。僕なんかは、休日にひとりで家にいるとどうしても涙が出てきて落ち込んでしまうので、仕事に夢中になるよう意識をしました。実際、仕事であの作業も頼まれて、この作業もこなして、そうしているうちに納期が・・・など忙しくやっていると、他のことを気にかけるスキがないんですよね。いつもは出勤さえ億劫ですが、恋愛の傷から立ち直るためには非常に役立ちます。

趣味に没頭する


僕は、もしあの子が彼女になってくれたら・・・と、「あれも買ってあげたい」「これも買ってあげたい」「あそこにも連れて行ってあげたいな・・・」と貯金をしていたのですが、それを使い果たしました。僕はゲームや漫画のフィギュアを集めるのが好きなのですが、もしあの子が彼女になってくれたときに「お金がないから」と我慢させるようなことをしたくなかったので、趣味であるフィギュア収集はセーブしていました。ですが恋を失った今、何も懸念するようなことは無いのです。


ここぞとばかりに趣味を再開し、趣味に没頭することで悲しみもついでに昇華させます。気分転換にもなるし、「僕にはこの趣味があるから、いいや!」と無理やりでも吹っ切れる気持ちになるので、趣味にここぞとばかりに没頭することはおすすめです。


僕は旅行が趣味でもあるので、会社の長期連休を利用して、一人旅に出たこともあります。新しい土地、知らない人たち・・・「あの子と一緒に来られたら幸せだろうな」という思いがよぎったりしましたが、それでも気晴らしになりました。「まだまだ出会っていない人のほうが圧倒的に多いんだから、まだまだ人生だってこれからさ!」という気持ちになれたりしました。


[スポンサーリンク]



新しい出会いへ向けて繰り出す


f:id:mozzarellatan:20170617142938p:plain


「僕の世界にはあの子しかいない!あの子じゃなければダメなんだ!」女性経験が乏しい男性ほど、そういった「あの子こそ全て」という感情に支配されがちです。なので、失恋したときには世界が崩壊するほどの悲しみに襲われます。立ち直るための方法のひとつとして、新しい出会いを求めることをおすすめします。


街を歩くだけで、なんとなく「あ、あの子かわいい・・・」と思えるような子とすれ違えます。また友達に合コンを依頼したり、婚活パーティーなんかに参加しても良いでしょう。多少ヤケでも構わないのです。ヤケで起こしたアクティブな行動こそが、次へ繫がると僕は信じています。なんなら「気休め」「気晴らし」程度の行動でも構いません。ずっと家に閉じこもって悲しみに暮れていても、新しいステージは何も開けませんから。失恋から立ち直るためには、とにかく歩き出さなければいけないのです。
www.momochakei.com

[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ