登山でトレッキングポールは必要なのか?考えてみよう!


トレッキングポールとは?


登山で使うトレッキングポール。「ストック」とも言いますね。アウトドアショップに行って、トレッキングポールの売り場に行くと、実に様々な種類が置いてあり、どういう基準で選べばいいのか、悩む方も多いのではないかと思います。


f:id:mozzarellatan:20170617142053p:plain

また、体力のない人、バランス感覚に欠けている人、ただラクしたいだけの人、そんな人が持つものだ、そんなふうに思っている人もいるでしょう。しかし、時には「あってよかった!」、心からそう実感する時もあります。富士登山に行かれた方も多いと思いますが、上りはまだしも、下りのあの延々と続く砂利道の下り坂で、大変な思いをされた方もいるでしょう。


f:id:mozzarellatan:20170617142115p:plain


小さな子供だって登るくらいだから、大した装備は必要ない。しかし、下り終えた時、トレッキングポールを持っていた友人は余裕、でも自分は足がガクガク、そういった経験もあるかもしれません。


もちろん歩行の支えが一般的ですが、それ以外にも使い道があります。例えばツェルトの支柱にしたり、怪我をした人を背負う時に使ったり。思いがけない時に、「あってよかった!」そう思う時もあるのです。さて、今回はそんなトレッキングポールについて、どういった種類があるのか、また選び方、正しい使い方についてお話ししてみましょう。




[スポンサーリンク]



種類は?


種類は大まかにいって2種類あります。I型とT型です。


〈I型〉


上り下りの多い起伏に富んだコース向き。1本でも構いませんが、2本セットで両手に持つのが基本です。歩行を助けるというのもそうですが、バランスを保つのが主な役割だからです。


f:id:mozzarellatan:20170617142132p:plain
f:id:mozzarellatan:20170617142142p:plain


アウトドアショップで、2本セットで販売されているのが多いのは、そういう理由があるからです。


〈T型〉


勾配の少ない割と平坦なコース向き。上から握って使うことが多いです。例えば、尾瀬などのトレッキングなどに向いていますね。歩行の支えとして使用するのが一般的です。


f:id:mozzarellatan:20170617142158p:plain


これ以外にも、2way方式のものがあります。I型とT型が一体化したものです。


f:id:mozzarellatan:20170617142214p:plain

これが、2way型です。


各パーツの名称と役割。


f:id:mozzarellatan:20170617142240p:plain


トレッキングポールを握る部分を、「グリップ」と言います。そこから伸びている、手首を通す部分を、「ストラップ」と言います。


f:id:mozzarellatan:20170617142252p:plain


この本体部分、芯を、「シャフト」と言います。


f:id:mozzarellatan:20170617142301p:plain


一番下のゴムの柔らかいキャップ、これを、「ラバーキャップ」と言います。山は植物も多く、木の根っこなどが地面からむき出しになっていることが多いので、それらを傷つけないために、このキャップがついています。


「ラバーキャップ」は、気づくと外れて紛失していることも多いので、たまにチェックすることが望ましいです。「石突き」と呼ばれる先端の金属部分に、この「ラバーキャップ」が大体いつもついています。「石突き」はとても硬くて鋭利なので、取り扱いには気をつけてください。


その上の傘のようなもの、これを、「バスケット」と言います。トレッキングポールを勢いよく地面に突いた時、深く埋まらないようにするために付いています。これは雪上で「スノーバスケット」というものと付け替えることができます。


[スポンサーリンク]




収納システムについて。


トレッキングポールは、伸ばしたり縮めたりして使います。その仕様もいくつかあります。


f:id:mozzarellatan:20170617142316p:plain


こちらは、「スクリュータイプ」。シャフトを左右に回して長さを調節します。いちばんポピュラーなタイプです。凹凸もなく、微妙な長さ調節が可能です。


f:id:mozzarellatan:20170617142331p:plain



いろいろな呼び名がありますが「レバータイプ」、「レバーロック」、あるいは、「カムロックシステム」とも言います。凹凸が多いので重量がある、かさばる、というデメリットがありますが、素早い調節ができる、いうのがメリットです。


f:id:mozzarellatan:20170617142342p:plain


こちら、「フォールディングタイプ」です。とにかく軽量コンパクトですが、長さ調節はできません。例えば、ほとんどがロッククライミングに近い岩場ばかりの山で、そこまでトレッキングポールを使用しないけれど、とにかく予備的な感覚で持っていたい、そういう時に軽量コンパクトなこのタイプは、まさにぴったりです。


材質について。


主なものは、2種類です。


〈アルミニウム〉


コストパフォーマンスが高いのがメリットです。強度においては決して強いわけではありませんが、岩に叩きつけたり、相当過激な扱いさえしなければ、折れたり曲がったりすることはありませんので、初心者の方で、カーボンとかジェラルミンなどの若干高価格のものを必要としない方にはおすすめです。


〈カーボン〉


釣竿などによく使われる素材ですね。しなりがあって、強度もある、さらに軽量、それがカーボンの特徴です。トレッキングポールにおいては目にはわかりませんが、しなりがあることで手首への負担が軽減します。少し価格が上がりますが、登山における、「Light&Fast」を重要視する人に、ぜひオススメしたいですね。


基本的な使い方。


〈I型〉


f:id:mozzarellatan:20170617142358p:plain


基本的に横から握りますが、下りの時にT型のように上から握る人もいますね。


〈T型〉


f:id:mozzarellatan:20170617142411p:plain


基本的な握り方です。上から押さえる感じです。I型・T型に共通して言えることですが、登山におけるトレッキングポールの役割は、あくまで歩行の補佐的な役割をしている、ということです。


どんなに頑丈なものであっても、100%壊れたり、折れたりしないわけではありません。全体重を預けるのは好ましくありません。トレッキングポールは、「登山のパートナー」、そういう感覚で使用しましょう。


まとめ


いかがでしたか?やせ我慢せず、一度使ってみましょう。選び方と使い方によって、トレッキングポールは登山の最高のパートナーになるのですから。
www.momochakei.com
www.momochakei.com
[スポンサーリンク]



ブログランキング・にほんブログ村へ