登山でたいへん便利なクックウェア、ジェットボイルをご紹介!


ジェットボイルとは?


登山でよく使う「ジェットボイル」、みなさん使ったことがありますか?携帯性、利便性に優れたこのクックウェア、詳しく知っている人は、案外少ないかもしれません。

f:id:mozzarellatan:20170617140434p:plain


「Light&Fast」という言葉を、皆さんご存知かと思います。「より軽く、そしてより早く」、つまり装備をできるだけ軽くして、行動を素早くしよう!そういう意味です。


それを実現したのが、この「ジェットボイル」です。


2001年、ブランド創業者のドワイト・アスピンウォールとペリー・ドウストは、簡単な器具で素早く調理するクックウェアの開発に着手しました。


当時は無骨で重い調理器具ばかりでした。それにうんざりしていた二人は、様々な厳しいテストを繰り返し、その結果、ついに「ジェットボイル」を完成させました。


近年、様々なタイプが続々発売され、どのタイプを選ぶべきか、迷われている方も多いのではないでしょうか?今回は、そんなジェットボイルについて、特徴、使い方、種類などについてご紹介したいと思います。




[スポンサーリンク]



特徴は?


まず、登山に便利な、優れた携帯性に注目したいと思います。スタビライザー、バーナー、100gのガスカートリッジ、五徳がクッカー本体にすべて収納できます。さらに、下のカバーは計量カップや食器としても使うこともできます。


f:id:mozzarellatan:20170617140451p:plain


次に防風性と燃焼の効率性について説明します。


f:id:mozzarellatan:20170617140503p:plain


ポイントは、「フラッグスリング」というギザギザしたジャバラ状の部分にあります。これが、非常に高い効率で熱を吸収し、小さな火力でも素早く沸騰します。つまり、熱効率がとても良いということなのです。いわゆる、「燃費がいい」ということになるでしょうか。。一般的なバーナーとクッカーの組み合わせだと、どうしても熱が周囲に拡散してしまいます。燃焼率は、一般的なバーナーと比較すると2倍近くになります。つまり半分の時間でお湯が沸騰するのです。


さらにこの「フラッグスリング」は防風性も高めました。よほどの強風でない限り、火が消えることはありません。登山では、頂上で急な強風が吹くことがあります。そういう時は、大変心強いものです。


[スポンサーリンク]



使い方は?


まず、ガスカートリッジに、スタビライザーを取り付けます。安定感を保つためです。次に、バーナーを取り付けます。着火ですが、イグナイター(自動点火装置)が付いていない初期のタイプは、ガスを放出するノズルを回し、マッチやライターで火をつけてください。イグナイターが付いているタイプは、ノズルを最大限まで回し、イグナイターを押します。着火するので、あとはノズルで火力調節をします。


f:id:mozzarellatan:20170617140523p:plain

赤い丸が、「イグナイター」です。火がついたら、クッカーを回しながら取り付けます。どんな調理器具もそうですが、空焚きは絶対にしないでくださいね。


f:id:mozzarellatan:20170617140539p:plain

これで調理開始です!

扱い方ですが、コジーという断熱性の高いネオプレンのゴム製カバーが付いているので、火傷をする心配はありません。チタン製のジェットボイルもありますが、こちらはお湯を沸かすだけにしてください。チタンという素材は、熱伝導率が悪いので、焦げ付きやすいからです。また、イグナイターは、高所や気温の低い場所では機能しないことがあるので気を付けましょう。ライターやマッチは必ず携行してください。


どんな種類があるの?


代表的なものを、いくつかご紹介いたします。


◆ZIP


f:id:mozzarellatan:20170617140552p:plain

イグナイターや、サーモレギュレ—ター(低温化・—6℃まで安定した火力を発揮する)などの機能を削ぎ落とし、最低限の機能でコストパフォーマンスを高めました。携帯製、防風性、燃焼効率性はそのままです!


◆PCS FLASH


f:id:mozzarellatan:20170617140559p:plain

スタンダードモデルです。特徴としては、イグナイター付き、インジケータ機能(沸騰を色の変化で知らせる)付き。


◆マイクロモ


f:id:mozzarellatan:20170617140609p:plain

最新モデルです。軽量コンパクトながら、高性能バーナーを搭載し、登山やソロキャンプなどで便利です。サーモレギュレター、イグナイター搭載。さらに、とろ火もできるので煮込み料理なども可能です。

MiniMo(ミニモ)


f:id:mozzarellatan:20170617140620p:plain

今までのジェットボイルよりも、口の幅を広く、高さを短くすることによって、調理がしやすくなりました。サーモレギュレター、イグナイター搭載。とろ火もOKです。


◆SUMO


f:id:mozzarellatan:20170617140630p:plain

大人数での使用を全手にした大容量タイプ。サーモレギュレター、イグナイターは搭載。さらにとろ火も可能になりました。


◆フラッシュライト


f:id:mozzarellatan:20170617140641p:plain

総重量380gの最軽量モデル。イグナイター搭載。登山における装備の軽量化を助けます。


◆1.5Lクッキングポット


f:id:mozzarellatan:20170617140654p:plain

たっぷりの容量をもった鍋型のポットです。グループの調理に特化しています。単体なので、別売りのジェットボイルバーナーにセットして使います。


◆フラックスリングフライパン


f:id:mozzarellatan:20170617140702p:plain

単体での販売になっています。別売りのジェットボイルバーナーにセットして使用してください。


まとめ


いかがでしたか?驚くほど早くお湯が沸くので、寒い山頂で、できるだけ早く熱いコーヒーを飲みたいものです。様々なアウトドアシーンで活躍しますが、特に登山で大活躍するジェットボイル、ぜひ一度試してみてください!
www.momochakei.com
[スポンサーリンク]



ブログランキング・にほんブログ村へ