メールで楽しい会話をするには?長続きするメールのポイント


メールは誤解を招きやすい、だからこそ工夫する


f:id:mozzarellatan:20170617155007p:plain


メールで会話をすることは、男女共に日常茶飯事です。メールやLINEは今は大事なコミュニケーションツールです。しかし文字のみでのやり取りとなるため、下手すると相手に誤解されてしまったり、本来伝えたはずの意味ではない捉え方をされてしまったり、関係の悪化さえ招きかねない事態になります。しかし、「連絡手段はすべて電話のみ!メールは一切しない!」という人はなかなかいませんよね。僕は出会い系サイトも利用したことがあったので、いかに相手と楽しく、長続きして盛り上がるメールを作るか、いろいろ試して試行錯誤していきました。長年の努力の結果、女性とのメールがだんだんと楽しく長続きするものになっていきました。そんな僕の、メールテクをお伝えします。




[スポンサーリンク]


感情表現を意識する


メールでの会話だと、どうしても文章のみになってしまうので、そこに込められた相手の心情というのは、なかなか読み取りにくいものです。男性は特に、顔文字など使用せず、「文字のみ」という淡白なメールを送信する人って多いですよね。もちろん、気の知れた同性の友人宛に送るのなら構いません。しかし恋愛関係を意識した女性とのメールにおいては、感情表現を入れるようにしましょう。


具体的にどのようにすれば良いのかというと、(^^)、(>_<)といった顔文字を始め、(笑)、(泣)、(怒)、などの感情表現の記号も活用しましょう。


特に、相手のことをまだ深く知らない段階においては、相手が本当はどんな人なのかがそもそも分かりません。そこで「まったく参っちゃうよ。今日も仕事で上司に注意されたんだ。まぁ、よく寝て明日も頑張るよ」というメールを女性に送信したとしましょう。女性はどのように受け取るでしょうか?愚痴?文句?怒っているの?悲しんでいるの?ヤケになっているの?


[スポンサーリンク]


文章から相手の感情まではズバッと察することは不可能です。それに対してどのような返答をしたら良いのか、にまで関わってきます。毎回毎回、そのような「感情不明」のメールが届いたら、女性のほうも疲れてしまいますよね。必然的に、女性からの返信がだんだん来なくなっていくのです。僕も実際、メールそのものが苦手なので、文面は常に淡白でした。顔文字も記号も何も使用せず、せいぜい使うものは「、」「。」くらいでした。しかし、あるとき気付いたのです。出会い系サイトである女性にメールを送り、その女性からもメールが返ってきたのですが、女性側の感情がわからず会話に困るのです。


たとえばこのような感じです。「今日は具合が悪いです。会社を休み、ずっと家で寝ています。何をするのも辛いです」。このような「、」「。」しか無い文面で僕にメールをくれるのですが、僕はメールに込められた感情が読み取れないのです。僕の返せた返答は、「大変ですね。ゆっくり今日は休んでください」でした。当然、話も膨らみません。


f:id:mozzarellatan:20170617155020p:plain


もし仮に、これが「今日は具合が悪いです(>_<)。会社を休み、ずっと家で寝ています(苦笑)。何をするにも辛いです(T_T)」こんな感じで感情表現を意識したメールをくれたら、僕も「本当ですか(汗)!風邪かな?こんなときは何をしても辛いよね、分かります(>_<)。今日はゆっくり休んでくださいね(^^)。早く良くなりますように☆」などの返信を返せたかもしれません。そこからさらに会話も発展していったはずです。


僕は、自分が淡白メールを送られる立場になって初めて、感情表現を込めるメールを作ることの重要性が分かりました。もちろん僕自身はそんなハイテンションなキャラではないので、友人や知人には相変わらず淡白なメールを送信しています。しかし、まだ良くお互いを知らない段階の女性に対しては、顔文字や記号を多用して自分の感情をアピールしたメールを送信するよう心がけるようになりました。結果として、女性からの返信率も高くなり、今は4人の女性と平行してメールで会話を続けています。

メールで喧嘩をしない


f:id:mozzarellatan:20170617155030p:plain


上記の通り、文字に含ませた微妙な心境のニュアンスというのは、相手に伝わりにくいものです。なので、僕は「メールで喧嘩をしない」ことを意識しています。ある程度仲が深まった女性とは、些細なことで喧嘩に発展しそうなことがたまにあります。


たとえば「ごめん、昨日言ったドラマ、今日やらないみたい。来週に延期らしいよ」「えっもう録画しちゃったのに!録画解除しなきゃじゃん。もっと良く調べてから教えてよ~」「ごめん、緊急特番でつぶれるとは思わなかったんだ」「は~面倒臭い!この前もなんかウソ教えたことってあったよね」「いや、この前のも今日のもウソじゃないよ、結果的にウソになっちゃっただけで・・・」「同じことじゃん、どんだけ私が振り回されてると思ってるの」


ここで、メールで延々と「違うよ」「違わないよ!」の応酬を繰り返しても仕方ありません。もしかしたら、彼女は怒っていないのに、僕が怒っていると勘違いして余計な内容の返答をしてしまったのかもしれません。最悪なのは、「もうメールしない!さよなら」となることです。もしかしたら本当は怒っていなかったかもしれないのに。直接会って顔や表情を見て話をしていたらもっと違う会話になっていたかもしれないのに。メールで喧嘩になりそうなときは、一回冷却時間を取りましょう。メールはあくまで、コミュニケーションとしてのツールに過ぎません。直接会って、きちんとお互いの目を見て会話をするだけで、誤解だって解けるはずなのですから。
www.momochakei.com
www.momochakei.com
www.momochakei.com
[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ