キャンプをしながら川遊び!関東のファミリー向けキャンプ場を紹介。

川で思いきり楽しもう!


川遊びの季節がやってきました!キャンプ場のある海や川、日本にはそういう遊び場がたくさんあります。とくに川は水も冷たく、山あいを流れているので、とても涼しいものです。


さて、川での遊びもいろいろなジャンルがあります。小さい子供たちがメインになっての、浅く緩やかな流れでの水遊び、カヌーやゴムボートに乗って渓流を下るラフティング、渓谷を下流から上流に登ってゆくシャワークライミング(キャニオニングとも言いますね)、渓流釣り、などなど。


f:id:mozzarellatan:20170604150911p:plain


ラフティング。緩やかな川から激流まで。場所によっては、子供も楽しめます。シャワークライミング(キャニオニング)。結構ハードルの高いかもしれません。しっかりした装備をし、経験者と一緒に行動したほうがいいですね。さて、ここでは、キャンプをしながら川遊びができるスポットを、いくつかご紹介しましょう。


f:id:mozzarellatan:20170604150924p:plain




[スポンサーリンク]



ファミリー向けのキャンプ場。


【神之川キャンプ場】 神奈川県相模原市


f:id:mozzarellatan:20170604150936p:plain

場内に釣り場も併設されたキャンプ場です。水遊びの場のエリアもあるので、小さな子供も安心して川遊びが楽しめます。隣を流れる神之川では、イワナ・ヤマメ・ニジマスなどが釣れるので、バーベキューで焼いて食べるのもいいですね。


【芦川オートキャンプ場】 山梨県笛吹市

f:id:mozzarellatan:20170604150951p:plain


ケヤキ・ナンノキなどの雑木林に囲まれた静かなキャンプ場です。山深い渓流が流れ、子供の川遊びには最適です。季節によっては山菜・キノコ狩りなども楽しめます。


長瀞オートキャンプ場】 埼玉県秩父市

f:id:mozzarellatan:20170604151009p:plain


カヌーができる池や、釣りやマスのつかみ取りなどができるなど、子供が大喜びするイベントがたくさんあります。


【ケニーズ・ファミリー・ヴィレッジ/オートキャンプ場】 埼玉県飯能市


東京都心からわずか1時間の好立地ながら、自然を思いっきり満喫できます。川遊びやマス釣りはもちろん、夏の期間は川を堰き止めた天然の大プールが登場!子供達は大はしゃぎですね。また、バトミントンや卓球などができる「あそびの広場」もあるので、スポーツも楽しめます。


【バウアーハウスジャパン】 神奈川県足柄上郡


丹沢大山国定公園内にあるキャンプ場。完全予約制なので、大自然の中のんびりとキャンプを楽しめます。テントサイトを流れる河内川は流れも穏やかで子供も安心して遊ぶことが出来ます。もちろん、釣りもOK.


【北軽井沢スィートグラス】 群馬県軽井沢


イベント盛りだくさんのキャンプ場です。オシャレなツリーハウスやティピなどもあり、自然アウトドアパークのようです。敷地内には、「ジェロモの滝」という森の中にひっそりと流れる滝もあり、もちろん川遊びも楽しめます。


ダイナミック!ラフティングのできるキャンプ場。


【ウォーターパーク長瀞】 埼玉県秩父郡


f:id:mozzarellatan:20170604151027p:plain


ラフティングやライン下りを楽しめるオートキャンプ場です。大きなゴムボートに乗り込み激流の中力を合わせて漕ぎ下ります。静かなライン下りも長瀞名物でオススメです。フィッシングエリアもあります。


【榛名アドベンチャーズ】 群馬県高崎市


ラフティングとキャンプ、シャワークライミングとキャンプ、いろいろなコースを楽しめます。

球磨川リバーサイドキャンプ場】 熊本県球磨郡


球磨川でのラフティング、バーベキュー、木登りなど、自然を満喫できるアウトドアの様々な体験が楽しめます。


【水上宝台樹キャンプ場】 群馬県利根郡


少人数のプライベート感溢れるラフティングツアーを開催。パターゴルフ、スポーツ広場、テニスコートもあり様々な楽しみ方ができます。


川遊びで気をつけること。


キャンプをしながら河原で遊ぶ。気を緩めると、たくさんの危険があります。子供がいる場合だと、とくに気を付けなければいけません。海より川の方が安全、そう思っていませんか?実は、海よりも川の方が水難事故は多いのです。川遊びでの危険性について、少しご紹介しましょう。
www.momochakei.com

安全な川かどうか、前日にチェックしておく。


まず、天候のチェックをしておきましょう。前日、前々日に雨が降っていないか、当日急な天候の変化の可能性はないか、等です。(鉄砲水や、増水での水難事故が増えています。)また、川の流れのチェックも必要です。


キャンプとなると、大人はお酒が進み、また料理を作ったり、焚き火の準備をしたりと、慌ただしくなり、ついつい子供から目を離しがちです。誰か一人、大人が「監視役」となって子供達のSOSを見逃さないように気をつけましょう。また、子供にはライフジャケットを用意してあげた方がいいですね。


川の水は、海水と比べてとても冷たいです。とくに川底の冷たさは身を切られるくらいです。体力を消耗し、低体温症になる可能性もあるので、あまり深いところで長時間遊ぶのは避けましょう。


[スポンサーリンク]



まとめ


夏のキャンプは、川遊びができる場所で!そうですよね。澄んだ綺麗な川の水は、とても冷たくて気持ちいいです。そして河原でバーベキュー!最高です。しかし、キャンプだからといって油断せず、安全に快適に楽しむためには、注意が必要です。さあ、マイナスイオンをたっぷり浴びて楽しみましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ