小さな巨人 三島祐里(芳根京子)は必要なのか?キーパーソンなのか?


f:id:mozzarellatan:20170604071831p:plain


ドラマ「小さな巨人」は、芝署編と豊洲署編に分かれています。『小さな巨人』は、5月21日放送の第6話より、豊洲署編に突入しました。そのことにより三島祐里(芳根京子)の立場も変わってきました。


www.momochakei.com
www.momochakei.com
www.momochakei.com


[スポンサーリンク]



小さな巨人、簡単なあらすじ!敵は見方のフリをする。


f:id:mozzarellatan:20170604071839p:plain


小さな巨人の元警視庁捜査一課係長の香坂真一郎(長谷川博己)は、いずれ捜査一課長になると言われていましたが、現捜査一課長、小野田(香川照之)の裏切りで、芝署に左遷されてしまいます。芝署所轄刑事と共に事件解決に奔走し、芝署署長三笠洋平(春風亭昇太)の悪事を暴きますが、三笠洋平(春風亭昇太)には、お咎め無し、香坂真一郎自身が豊洲警察署に異動させられてしまいます。


香坂真一郎(長谷川博己)に憧れていた三島祐里(芳根京子)も移動届けをだして人事課から豊洲署の刑事に配属されます。


小さな巨人は、第6回から豊洲偏がスタートしました。豊洲偏は早明学園の事務局で経理課長を務めている横沢裕一(井上芳雄)の失踪事件からスタートします。学園の専務・富永拓三(梅沢富美男)は元捜査一課長、学園の理事長金崎玲子(和田アキ子)達に、警察の介入は不要と言われるが、捜査を勧めていきます。この横沢祐一の失踪騒ぎは、のちに日本警察を大きく揺るがす大事件へと発展していきます。三島祐里(芳根京子)も所謂刑事として捜査に加わります。警視庁から左遷された香坂(長谷川博己)の本当の敵とは?敵は見方のフリをするの言葉の意味は。


小さな巨人紅一点三島祐里(芳根京子)の役柄は!


f:id:mozzarellatan:20170604071854p:plain


三島祐里(芳根京子)は、警察犬のブリーダーに憧れて警視庁に入りますが、警務部の人事課に配属された新任職員です。


研修の時に、周囲から自身の夢をバカにされる中、一人応援してくれた香坂真一郎(長谷川博己)は、憧れの存在です。


 人事の仕事をしていく中で、“優秀な刑事”と“出世をする刑事”は違うという事や、普段、勇猛果敢な警察官たちは、実は人事に大変興味を持っていると言う事を知っていきます。


最初は、警務部の人事課職員に配属されますが、都民の安全を守るために、そして憧れの香坂のような刑事になりたいと思い始めて、異動希望を出し、豊洲署の刑事になります。ちょっと生真面目な性格で、刑事としての任務に戸惑いながら、一生懸命に捜査に取りくみます。


三島祐里(芳根京子)が小さな巨人に不要と言われている訳とは!


小さな巨人』では、男性の警察官ばかりなので、紅一点の三島祐里(芳根京子)は、目立つ存在で、空気を和ませてくれるオアシスみたいな存在になっていますが、三島祐里(芳根京子)はいらないと言われています。


小さな巨人」の芝署編の時の三島祐里(芳根京子)は、警務部の人事課職員で、香坂真一郎(長谷川博己)立ちのいる部署とは直接関係がありませんでした。香坂とは、研修の時にあったことがあるというだけで、三島祐里(芳根京子)が話の中心となる事がなかったので、 三島祐里(芳根京子)はいらないといわれていたようです。単純に、出番が少なかったから、要らない、必要ないという印象を与えてしまったようです。


[スポンサーリンク]



香坂真一郎(長谷川博己)のような警察官になりたいと移動届けを出し、豊洲署編からは、香坂真一郎(長谷川博己)の部下としてしっかりと働いています。


しかし、第6話で、早明学園経理課勤務の矢部貴志(ユースケ・サンタマリア)を尾行していた際、鉄パイプが直撃しそうになったところを山田に助けられます。その隙に矢部が右に逃げたのを、駆け付けた香坂らに「左に逃げました」と嘘をつきます。


その後香坂に、矢部が逃げたのは逆の方向でした」と打ち明けたが、すぐに「けど、山田さんがいなかったら私は大ケガしてたと思います」と付け加えています。警察官なのに、めちゃくちゃ個人的な感情をだしてかばったことに対して、女性視聴者から、批判がありそうです。


三島祐里(芳根京子)は、今まではサブキャラ的立場でしたが、新しく豊洲署に移動してきたことによって、香坂のもと、所謂刑事としての活躍が増えてきそうです。三島祐里(芳根京子)の活躍によって、事件が大きく進展しそうです。


小さな巨人のホームベージの人物紹介にある、「その決意がこの物語を左右していくことになる」とあります。三島祐里(芳根京子)は、ドラマのキーパーソンになる感じがします。


いかかでしたか。芝署編では影が薄かった三島祐里(芳根京子)ですが、豊洲署編の後半では、なんとなく、ドラマの鍵を握っていると思われます。本当の敵は誰なのか!推理していきましょう。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ