バーベキューコンロ・グリルおすすめはどれ?形や大きさ【15選】

人数と使用頻度で決まります。


ホームセンターに行くと、割と安価なものが店頭に並んでいますが、使用頻度が多いのであれば、あまり安いものはお勧めできません。安いというだけで手入れを怠り、庭に出しっぱなし、やがて錆つき、穴などが空いてしまって使えなくなってしまいます。メーカー、デザインにこだわって自分好みのバーベキューコンロを手に入れたら、キャンプやパーティーでも気分が盛り上がるはずですよ。




[スポンサーリンク]



選ぶポイントとしては、形・材質・大きさを考慮しましょう。形はだいたい3種類に分けられます。


・スタンドグリル


f:id:mozzarellatan:20170530230616p:plain


大人数でワイワイ楽しみたい時にオススメです。よく見かけるスタンダードな形です。


・卓上グリル


f:id:mozzarellatan:20170530230634p:plain


カップルでのキャンプなどでオススメです。地面に座って、しっぽり焼き鳥なんか焼いてもいいかも。


・蓋付きグリル


f:id:mozzarellatan:20170530230645p:plain

アメリカでは主流です。蒸し焼き効果があるので、こだわり派向け。オーブン、スモークも可能。


焚き火台としても使える物もあります。

f:id:mozzarellatan:20170530230701p:plain


材質ですが、ステンレス製・アルミ製・鉄製の3種類。ステンレスは錆びに強くお手入れも楽なので、頻繁に使うのであれば、ステンレスがおすすめです。アルミは一番軽量で錆びにも強いですが値段も高く、種類が少ないため選択肢が限られてしまいます。鉄はコストパフォーマンスが高く、品揃えも豊富ですが、重いのと錆びやすいのが弱点です。


次に大きさです。子供がいるときは高さも考慮に入れましょう。スタンドグリルなどは脚の長さを調節できるものもあるので、そういったものを選ぶといいです。キャンプではなく、自宅の庭で大人数でのパーティーのようなときは、重いですが大きなドラム缶型がいいかもしれません。ただし鉄製が多く錆びやすいので、使わないときは庭に放置せず、雨の当たらない場所に置いておくのがいいでしょう。

f:id:mozzarellatan:20170530230721p:plain


ドラム缶型。キャスター付きが便利です。


キャンプなどでのバーベキューでは、持ち運びがスムーズにできるかどうかがポイントです。積み込む車の大きさなどを考慮して選びましょう。また、大きければ良いというものではありません。人数に合わせて選びましょう。焼き面が大きすぎてどんどん焼いているうちに食べるスピードが追いつかず、結果,せっかくの食材を焦がしてしまった、そうなるパターンも多いです。また、炭の消費量が予想以上に多くなってあまり効率的ではありません。


燃料はどうするか考えましょう。


燃料には主に3種類があります。炭・ガス・電気です。電気は、自宅やAC電源が設置されているテントサイトでは使用可能です。ガス式も火力の調節などが簡単にできるので楽です。


電気・ガスに共通して言えることは、お手入れや後片付けが手軽で簡単、これにつきます。火起こしが苦手でどうしても無理、後片付けが面倒臭い、そういう人も多いでしょう。しかし、やはり戸外でせっかくバーベキューをするなら、多少手間と時間がかかっても、食材のおいしさをぐんとアップさせる炭がオススメです。舞い上がる灰で多少汚れるかもしれませんが、友達や家族とワイワイ騒ぎながら火を熾すのは、とても楽しいものです。


おすすめのコンロ・グリル 【15選】


[コールマンColeman]


・クールスパイダーステンレスグリル 170-9367


f:id:mozzarellatan:20170530230740p:plain



材質・ステンレス、本体サイズ・約51×52×40/70(h)cm、燃料・炭


・クールステージテーブルトップグリル


f:id:mozzarellatan:20170530230758p:plain


材質・鉄、本体サイズ・約40×28×16.5(h)cm、燃料・炭


・ロードトリップグリルXCURSION

f:id:mozzarellatan:20170530230820p:plain


材質・鉄、本体サイズ・約99×56×122(h)cm、燃料・ガス


・パーティーボールグリル


f:id:mozzarellatan:20170530230837p:plain


材質・鉄、本体サイズ・約φ36×50(h)cm、燃料・炭


[ロゴスLOGOS]


・ハイステンチューブラルXL Gプラス


f:id:mozzarellatan:20170530230902p:plain


材質・ステンレススチール、本体サイズ・約98×54×80(h)cm、燃料・炭


・焚き火台 バーベキューコンロピラミッドグリル EVO


f:id:mozzarellatan:20170530230918p:plain


材質・ステンレススチール、本体サイズ・約39×39×26(h)cm、燃料・炭


・BBQエレグリル

f:id:mozzarellatan:20170530230941p:plain


材質・鉄、本体サイズ・約86×56.5×95(h)cm、燃料・電気


[尾上製作所]


・ドラムBBQコンロ 2way

f:id:mozzarellatan:20170530231004p:plain


材質・ステンレス、本体サイズ・約80×41×30/70(h)cm、燃料・炭


・ONOE イクシードバーベキューコンロ‐65

f:id:mozzarellatan:20170530231017p:plain


材質・ステンレス、本体サイズ・約66.5×32×30・58・70(h)cm、燃料・炭


[ウェーバーWeber]


・オリジナルケトル プレミアム 57cmタイプ

f:id:mozzarellatan:20170530231037p:plain


材質・銅にホウロウ加工、本体サイズ・約φ57×99(h)cm、燃料・炭


・ジャンボジョーグリル

f:id:mozzarellatan:20170530231053p:plain


材質・銅にホウロウ加工、本体サイズ・約φ50×47(h)cm、燃料・炭


[キャプテンスタッグCAPTAIN STAG]


・NEWエフェクト ツーウェイ バーベキューコンロ


f:id:mozzarellatan:20170530231111p:plain

材質・鉄、本体サイズ・約60×30×71(h)cm、燃料・炭


・バーベキュー用コンロ ヘリオン


f:id:mozzarellatan:20170530231128p:plain


材質・鉄、本体サイズ・約43×25×17(h)cm、燃料・炭


[ユニフレーム]


・UFタフグリル SUS-900


f:id:mozzarellatan:20170530231154p:plain


材質・ステンレス、本体サイズ・約90×46×68(h)cm、燃料・炭


・ユニセラTG-Ⅲロング


f:id:mozzarellatan:20170530231211p:plain


材質・ステンレス、本体サイズ・約47×25×19(h)cm、燃料・炭


まとめ


近頃は、キャンプや自宅でのバーベキューを楽しむ人達が増えてきました。それに合わせてバーベキューコンロも種類が多種多様になり、機能性、利便性もアップしています。マナーを守り、お気に入りのバーベキューコンロ・グリルで思いっきり楽しんでください!


f:id:mozzarellatan:20170530231232p:plain
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ