キャンプの料理は何が好き?アウトドア料理の作り方と気をつけること

とりあえず料理の食材は?どういうものを使おう?


f:id:mozzarellatan:20170530225759p:plain


キャンプシーズンがやってきました!家族や仲間達と、どこに行こうか、何の料理を食べようかと計画している人も多いのではないかと思います。




[スポンサーリンク]



場所が決まったら、さて食事はどうするか?何を作ろうか?アウトドア料理はキャンプのお楽しみの一つです。しかし、せっかく鮮度抜群の高価な食材を買ったのに腐らせたり、凝りすぎて扱いに困ったり、食材で手を焼いたことはありませんか?家でも使ったことない食材を買い込み、はて、どうしたものかと時間だけが過ぎてゆく。もちろんそれでもOKです。日常生活から離れ、普段とまったく違うことがやりたくなってしまうのは、誰しも同じです。しかし、少し冷静になってみませんか?食材を無駄にするのは良心が咎めますよね。アウトドア料理でこれさえあれば便利!そういうものを少しご紹介します。


根菜類


ほぼ腐らないので、クーラーボックスに入れる必要がありません。代わりにクーラーボックスの中にはビールをたっぷり入れましょう!


玉ねぎ・・・アウトドアの定番食材です。バーベキューで輪切りにしてそのまま焼いても良し、煮込み系、炒め系、少し多めに買っても案外使い切っちゃいます。王様ですね。


じゃがいも・・・こちらも定番ですが、玉ねぎよりは出番が少ないかもしれません。スキレットを使ってスペイン風オムレツ、ジャーマンポテトなどいかがですか?


⦁お米・・・日本人はやはりコレ。炊飯器がないので火加減が難しいかな?と思ったら、洗わずにそのままパエリア、リゾットなどに使えます。


⦁卵・・・これもクーラーボックスいらず。一泊二日のキャンプで、メニューによりますが、1人3個くらいは使います。


⦁豚肉・牛肉・鶏肉・・・薄切りではなく、塊が便利です。シチューやポトフ、ビール煮、コーラ煮などの煮込み料理に使える上、焼そばなどに使いたい時は小さく切るだけでいいからです。


f:id:mozzarellatan:20170530225633p:plain


⦁チーズ・・・何か他の食材と一緒にアルミホイルに包んで焼くだけで、とろりと溶けてチーズ焼きになり、ビールの最高のおつまみになります。


⦁にんにく・・・こちらも定番です。かなりの頻度であらゆる料理に使います。余りそうになったら、アルミに包んで焚き火の中に放り込みましょう。ホクホクのにんにく焼きでビールも進みます。


⦁きのこ類・・・煮物、炒め物、なんにでも使えます。シイタケなどは逆向きに焼き網の上に乗せて、醤油を少し垂らせば最高に美味です。


f:id:mozzarellatan:20170530225700p:plain


⦁牛乳・・・コーヒーや紅茶に入れても良し、オムレツに入れても良し、ただし多く買いすぎないようにしましょう。


以上8つ、必ず揃えておきたい食材です。この8つだけで、もうすでに一品できますね。これ以外に、塩胡椒、コンソメの素、オリーブオイル、醤油、ケチャップ、ローリエ、少なくともこれだけの調味料は持っていきましょう。あとはお好みで、地元の新鮮な食材を地元のスーパーで買ったりすれば気分も盛り上がります!キャンプの前日に作る料理を決めておいて、材料を買い揃えるのも時間を有効に使うやり方です。


[スポンサーリンク]




調理道具はどういうものを持って行くか、これも悩みどころ。


アウトドアの代表的な調理道具といえば、やはりダッジオーブンではないでしょうか。スキレットというものもあり、こちらはフライパンの形をしたダッジオーブンです。鉄製の鍋で、厚みがあるので鍋全体の温度が均一に保たれ、食材にじっくり火が通ります。蓋も同じように鉄製で重いので、重みで圧力鍋状態になり火の通りも早くなります。また、蓋の上に炭を置くことによってオーブンの役割も果たし、本格的なパンなども焼くことができます。


ただ、重いのと、お手入れが少し大変なのが欠点ではあります。しかし、せっかくのキャンプですから、何か一つ持っていれば、いかにもアウトドア料理!という感じがして、楽しめると思います。


f:id:mozzarellatan:20170530225721p:plain

ダッジオーブンはいわゆるハレの調理道具ですが、それ以外に必要なものはなんでしょうか。作る料理にもよりますが、基本的に大きめの両手鍋、少し小さめの片手鍋、フライパン、ボウル、ざる、包丁、まな板、おたま、フライ返し、これだけあれば十分です。


遊ぶ時間を増やそう!そのための前準備を怠りなく。


キャンプの楽しみはたっぷり遊んだり、ゆっくり昼寝したり本を読んだり、人それぞれです。料理に時間をかけるのも楽しみの一つかもしれませんが、あらかじめ少し準備しておくだけで、夜のリラックス時間も心置きなく確保できます。


前日に、作るメニューに合わせて食材を切っておき、ゴミを出さないようにパッケージなどからなるべく食材を出して、ジップロックに小分けに入れておきます。時間の節約になりますし、ゴミ持ち帰りのキャンプ場も多いので一石二鳥です。

まとめ


さあ、大自然の元、たくさん食べて、大いに飲みましょう!あらかじめいろいろ考え、準備しておくことによってストレスなくたっぷり遊ぶことができますよ!
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ