もてない男性必見!女性との出会いに適した方法とルールを公開!

もてない男性に適した出会いはある


f:id:mozzarellatan:20170527031534p:plain


世間では「男性が弱くなった」「草食男子が増えてきた」などと、消極的な男性が増えているかの様に思われていますが、一昔前と比べて、恋愛に限らず男性の「欲」が低下してきているのは確かでしょう。男性が弱くなったというより、女性が強くなった現代では、男性が恋愛について積極的な行動をとることは、様々なリスクをはらんでいるため、気後れするのも無理はありません。




[スポンサーリンク]



恋人が欲しいとき、その過程で避けて通れないのが「出会い」です。出会いの機会を得るために男性はあの手この手でチャンスをモノにしようとしますが、もてない男性の場合、なかなか女性と積極的にコミュニケーションを取ろうとする意欲が生まれません。


積極的に合コンへ参加したり、時には幹事として主催してみたり、恋人が欲しいなら、これらの意欲的な活動は推奨されるはずですが、そもそもそれが出来ないからこそ、もてない男性は恋人が欲しいと思っても苦労する訳です。無理してリア充やモテる男性の真似をして出会いを求めるのは、理に適っていません。


肝心なのは、精神的にも金銭的にも、自分が無理をせずに実現できる出会いを求めることですが、「異性との出会いを求めるための行動」と聞くと、どうしても「女性に対してハイテンションでアプローチを仕掛ける」といった行動をイメージしがちです。ここでは、恋人が欲しい男性が「無理なく」女性と出会うための方法をいくつか紹介していきます。


友人の紹介


f:id:mozzarellatan:20170527031546p:plain


女性に対して消極的で、合コンやナンパが苦手なもてない男性が異性と出会うためには、無理なく女性と知り合う環境を作ることが最優先です。比較的オーソドックスな出会いと言えば、「友人からの紹介」です。


友人からの紹介と聞くと、「連絡先を渡されて女性とマンツーマンで会う」というイメージですが、実は、友人からの紹介にはいくつかパターンがあります。その一つが「飲み会やBBQに扮した紹介」です。いくら恋人が欲しいとはいえ、奥手なもてない男性がお見合いの様にいきなり見知らぬ女性と二人きりで会うのは勇気がいるかと思います。


抵抗のない人は問題ありませんが、多くのもてない男性は、こうした「お見合いスタイル」の紹介を苦手としているはずです。その点、「飲み会」や「BBQ」という建前があれば、お互いに「急いで仲を深めなければ」というプレッシャーを感じることなく交流を深めることが可能なのでオススメです。


また、紹介といえば、恋人が欲しい男性にとって、友人の結婚式も、一つの「紹介」と言えるでしょう。「友人の結婚式」は多くの男女にとって「出会いの場」となっていることが多く、実際に多くのカップルが誕生しています。披露宴の後の二次会は事実上の合コンと化す場合も多く、女性側も「新郎側の友人男性」を目当てに二次会へ参加します。とはいえ、「結婚式に招待してくれる友人男性」の存在がなければそのチャンスは得られません。普段からの友人関係を大切にしたいものです。


出会いを求めてバイトをする


f:id:mozzarellatan:20170527031556p:plain


もし、時間的に余裕があれば、出会いを求めてアルバイトをするのもよいかもしれません。実際、恋人が欲しい男性の中にも、異性との出会いを求めてアルバイトを始める人も珍しくありません。本業の勤務先で出会いがなければ、「職場の外」で出会いを作るほかありません。その点、アルバイトは収入も得られて一石二鳥となり、かなりおすすめです。


注意したいのは、あくまで女性との出会いが発生するアルバイトを選ぶことです。「女性従業員が多い職種」といえば、飲食店となりますが、これは若い男性向けです。ファミレスや居酒屋などは学生バイトの定番となっており、30代以上のサラリーマンがバイトとして入っても、よほどのコミュニケーション能力がなければ、打ち解けるには時間がかかります。職種としては、土日のみのキャンペーンスタッフや、ガソリンスタンドがおすすめです。恋人が欲しい男性は、こうしたアルバイトも検討してみるとよいでしょう。
www.momochakei.com




また、仕事絡みの出会いの場というと、職場恋愛を真っ先に挙げる人がいますが、恋愛弱者であるもてない男性には、オススメできません。職場恋愛というのは、仮に、付き合うことが出来てもその後の「別れた場合、どうなるか」というリスクは避けられません。確かに、毎日顔を合わせる「職場の気になる女性」と恋仲になれば、辛いはずの仕事でも、楽しい毎日を過ごせます。


しかし、その関係が崩れて別れに至った場合、待ち受けているのは、どちらかが退社するか、フラれた側が地獄の様な職場生活を送るかのどちらかです。安心して付き合える恋人が欲しいのであれば、社外で出会いを探すべきでしょう。


恋活アプリは練習台として役に立つ


[スポンサーリンク]




また、友人からの紹介にしてもアルバイト先での出会いにしても、一般的にはそのチャンスをモノにするためには、「仲良くなる」「メールやLINEでコミュニケーションをとる」「親密になって2人でデートする」といったステップを経由する必要がありますが、こうした一連の「女性とのコミュニケーション」を練習するには、「恋活アプリ」がおすすめです。


恋活アプリで出会った女性であれば、たとえフラれても、恥ずかしい失敗をしても、もともと日常生活との接点が何もない、文字通り「赤の他人」です。「恋人が欲しいけれど女性とどう接したらよいのか分からない」という男性は、まずはこうした恋活アプリで、女性と話す練習をしてみるのもよいでしょう。



ブログランキング・にほんブログ村へ